箸蔵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
箸蔵駅
駅舎(2008年(平成20年)8月14日)
駅舎
(2008年(平成20年)8月14日)
はしくら
Hashikura
D19 坪尻 (3.3km)
(3.4km) D21
所在地 徳島県三好市池田町州津
駅番号 D20
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 35.4km(多度津起点)
電報略号 ハシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1929年(昭和4年)4月28日[1]
備考 無人駅1970年(昭和45年)10月1日に無人駅化[1]
テンプレートを表示
構内(2008年8月14日)
駅周辺(2008年8月14日)

箸蔵駅(はしくらえき)は、徳島県三好市池田町州津にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D20阿波池田駅方面への列車は当駅を出ると百八十度まがって佃駅へ向かうことになり、吉野川を渡る箸蔵〜佃間の車窓は相当見ごたえがある[要出典]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の交換可能な地上駅である。駅舎側1番線が上下副本線、2番線が上下本線(制限速度100km/h)であり、特急列車同士の行き違いも行われている。通過列車は2番線を通るが、停車列車は乗客が跨線橋を渡らずに済むよう、1番のりばを優先的に使用する。2016年3月改正時点では、当駅での停車列車同士の行違いが設定されていないため、2番のりばに停車する列車は存在しない。

一線スルー化されるまでは、相対式ホーム1面、島式ホーム1面2線の計2面3線であった。現在は無人駅となっているが、立派な駅舎は現存している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 土讃線 上り 琴平多度津高松方面
下り 阿波池田大歩危高知方面
2 (予備ホーム。通常は特急列車の通過のみ)

駅周辺[編集]

近くの国道32号を四国交通野呂内・猪ノ鼻線の路線バスが走っており、阿波池田バスターミナル池田駅前 〜 箸蔵リフト前 〜 坪尻 〜 野呂内口を結んでいる。野呂内線の一部は箸蔵リフト前で折り返す。

接続する他の交通機関[編集]

バス[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
讃岐財田駅 (D18) - 坪尻駅 (D19)(※) - 箸蔵駅 (D20) - 佃駅 (D21)
(※)一部の普通列車は坪尻駅に停車しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 池田町史編纂委員会 『池田町史 中巻』 池田町、1983年。
  2. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  3. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1930年6月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道運輸営業廃止」『官報』1944年4月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]