平家平 (高知県・愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平家平
Mt.Heikedaira.jpg
標高 1,692.6 m
所在地 愛媛県新居浜市高知県吾川郡いの町土佐郡大川村
位置 北緯33度48分54.34秒
東経133度19分30.56秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

平家平(へいけだいら)は、愛媛県新居浜市高知県吾川郡いの町土佐郡大川村にまたがる山。標高1,692.6m。石鎚山脈の核心から東へ離れた静寂峰である。

壇ノ浦の戦いで敗れた平家一行が祖谷から横倉山へ落ちのびる途中に滞在したといわれることが山名の由来である。全国には平家平という同じ名前は徳島県にもう一座(剣山の東方で、那賀郡那賀町にある1603.3mの山)ある。名前の通りなだらかな山容で際立った頂きはなく悠然と伏した形である[1]

新居浜市街から大永山トンネルを越えて別子山地区へ向かう途中の住友林業フォレスターハウスから登るのが一般的であるが、国道194号線の新寒風山トンネルを南に抜け本山トンネルの北側の足谷川をさかのぼる林道からの尾根筋を直登するコースが距離が短い。

ギャラリー[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 山と渓谷社「四国百名山」2000年9月10日発行 24ページ

関連項目[編集]