森本裕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森本 裕介(もりもと ゆうすけ、1991年12月21日 - )は、TBSSASUKE』の4人目の完全制覇者である。身長162cm、体重58kg。高知出身。

人物[編集]

中学高校時代は部活に入らずSASUKEの練習一筋でトレーニングをつづけてきた。大学生からは、SASUKE出場のためにもフリークライミング部に入る。小学2年生の時に父に興味をひかれ、SASUKEに夢中になる。2006年のSASUKEで完全制覇した長野誠を見てSASUKEオールスターズに憧れ、SASUKE出場を目指すようになる。自宅にはセットを作っており、1日1回だけ練習を行う。

SASUKEでの戦歴[編集]

第18回[編集]

第18回に行われたゼッケン争奪マラソンでゼッケン91を取り、当時中学3年生で初登場し、今大会最年少チャレンジャーとなる。修行中と書かれたTシャツを着ての挑戦だった。1stステージのジャンピングスパイダーで高さが足りず、落下という形で終わる。

第19回~第20回[編集]

第19回にも登場し、まだ修行中というTシャツを着ての挑戦。今大会前には前回リタイアとなったジャンピングスパイダーのトレーニングに励んだ。ポールメイズで50秒ほど時間をロスしたものの、何とかジャンピングスパイダーへ到達する。見事、ジャンピングスパイダーを攻略し、先のエリアへ進んできた。しかし、ハーフパイプアタックで2歩目の足が滑り、ロープをつかめず落下(ゼッケン71)。終了後のインタビューでは、「前回よりは、先へ進んだんですけど。まだまだ先輩方についていくには、練習が足りないと思います。」と話している。

第20回は欠場。

第21回~第22回[編集]

第21回にまたSASUKEに帰ってくるが、前回攻略したジャンピングスパイダーで、またもや落ちてしまう(ゼッケン52、全カット)。第22回はそり立つ壁でタイムアップ(ゼッケン27、全カット)

第23回~第26回までは出場していない。

第27回~第30回[編集]

第27回に久々の登場。見事1stステージをクリアするも、2ndステージメタルスピンで落下(ゼッケン84、ダイジェスト)。第28回は欠場。第29回にも登場。1stステージをクリアし、2ndステージも残り時間ギリギリのところでクリアする。3rdステージに初めて進出し、まだこのとき誰も成功者のいなかったクレイジークリフハンガーを初めて挑み、初めてのクリア者となる。この瞬間には、観客席からも喜びの声がでた。最終エリアハイプスライダーまで行き、問題の着地点まで進むも、バーが少し揺れたところでの跳躍のため、あと少しのところでしがみつけず落下(ゼッケン79)。しかし、今大会の最優秀成績となり、ASEAN OPEN CUPの日本代表にえらばれた。第30回記念大会では、ゼッケン3000番をつけての挑戦。1stステージはクリアしたものの、2ndステージではゼッケン3000のプレッシャーがあったのか、復活エリアのウォールリフティングでタイムアップとなる(ゼッケン3000)。前回はパッシングウォールという2枚目は横に広げて3枚目は持ち上げなくてもくぐりやすかったため何とかクリアできたが、復活のこのエリアは3枚とも徐々に重くなる壁を上にあげなくてはならなかったのでかなり疲労がたまりやすかったともいえる。

第31回[編集]

第31回では就職活動中の合間でもあった。ゼッケン90番の岸本真弥が肉離れで棄権した後でもあった。初登場と同じゼッケン91番をつけての挑戦。スタート前には「初心に戻って挑みたい」と語っていた。1stステージクリア。前回リタイアの2ndステージを前に、彼はバックストリーム対策の練習を重ねてきた。練習の成果もあり、2ndステージもクリア。最高区域の3rdステージまで進み、クレイジークリフハンガーを今大会初のクリア者ともなり、ハイプスライダーまで到達。着地点まで行き、見事3rdステージをクリアする。初めてファイナルステージへ挑む。挑戦前のプロモーションビデオでは「おじいちゃんに完全制覇したところを見せてあげたい」と語っていた。最初のスパイダークライムを10秒でのぼり、綱上りへと行く。そして、2.59秒残しで完全制覇を成し遂げる。ゴール後のインタビューでは「おじいちゃんに完全制覇したところを見せられてよかったです。」と話していた。彼はすぐさま家族のところへ行き、「これだけは(完全制覇すること)やっておきたかった」と言っていた。番組終了後には、MCとハグをし、その周りを円陣を組んで祝っているところもあった。

SASUKEで出場した大会の結果[編集]

大会 ゼッケン STAGE 記録 備考
第18回大会 91 1st ジャンピングスパイダー 高さが足りず、足を突っ張ることができなかった。
第19回大会 71 1st ハーフパイプアタック 2歩目の足を滑らせた。
第21回大会 52 1st ジャンピングスパイダー 全カット
第22回大会 27 1st そり立つ壁 全カット
第27回大会 84 2nd メタルスピン 手を滑らせ落下、ダイジェスト
第29回大会 79 3rd ハイプスライダー 着地失敗
第30回大会 3000 2nd ウォールリフティング 3枚目の壁
第31回大会 91 FINAL 完全制覇 2.59秒残し