細川淳矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川 淳矢 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ホソカワ ジュンヤ
ラテン文字 HOSOKAWA Junya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-06-24) 1984年6月24日(34歳)
出身地 埼玉県鴻巣市
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 水戸ホーリーホック
ポジション DF
背番号 24
利き足 右足
ユース


2000-2002
2003-2006
大芦サッカー少年団
鴻巣市立吹上中学校
武南高等学校
仙台大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2011 ベガルタ仙台 9 (0)
2012- 水戸ホーリーホック 200 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

細川 淳矢(ほそかわ じゅんや、1984年6月24日 - )は、埼玉県出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

2003年、仙台大学に進学。2005年天皇杯ベガルタ仙台と対戦経験し、1アシストを記録した。2006年8月に仙台大学からJリーグ特別指定選手としてベガルタ仙台に登録された。

2007年から正式に仙台に入団。2008年2月6日夜、延岡市でのキャンプ中に、金子慎二富田晋伍一柳夢吾と共に酒に酔って一般人の車を傷つけるという不祥事を起こした。騒ぎを聞きつけた手倉森監督が駆け付け、その場で示談が成立し、被害届は出されなかった。関わった選手には3か月の減俸が課せられた。

本職はセンターバックであったが、渡辺広大エリゼウなどがいた為出場機会に恵まれなかった。2010年のナビスコ杯・準々決勝、ジュビロ磐田との第1戦で朴柱成と交代してサイドバックとして出場。太田吉彰のゴールをアシストし、リーグ戦でベンチ入りする機会も得た。2011年も層の薄いサイドバックでプレーし出場機会を増やしたが、契約満了となり退団した。

2012年8月14日、8か月経過によりJFAの移籍リストから抹消されたが、9月に水戸ホーリーホック入団が決定した。第39節の松本山雅FC戦で、ヘディングでプロ初ゴールを決めた。

2013年の天皇杯3回戦では、古巣であるベガルタ仙台から先制ゴールを決めたが、チームはその後追いつかれ、PK戦の末敗れた。

エピソード[編集]

  • 元チームメイトの赤嶺真吾と仲が良い。
  • 仙台と契約満了後は、香港のチームに練習参加するが、Jリーグ合同トライアウトで傷めていた右前十時靭帯を断裂してしまい、オファーを断わった。その後は、仙台のクラブハウスを借りながらリハビリに努め、主力の移籍や怪我でDFが手薄となっていた水戸ホーリーホックに途中加入することとなった[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 仙台大 3 - - - 2 0 2 0
2006 仙台 32 J2 2 0 - 0 0 2 0
2007 1 0 - 1 0 2 0
2008 4 3 0 - 0 0 3 0
2009 0 0 - 0 0 0 0
2010 J1 0 0 2 0 0 0 2 0
2011 3 0 1 0 1 0 5 0
2012 水戸 34 J2 7 1 - 1 0 8 1
2013 24 39 1 - 2 1 41 2
2014 10 0 - 1 0 11 0
2015 32 1 - 2 0 34 1
2016 35 2 - 0 0 35 2
2017 37 0 - 0 0 37 0
2018 40 0 - 0 0 40 0
通算 日本 J1 3 0 3 0 1 0 7 0
日本 J2 206 4 - 7 1 213 6
日本 - - 2 0 2 0
総通算 209 5 3 0 10 1 222 6
  • 2006年は特別指定選手として出場

選抜歴[編集]

  • 2006年 北海道・東北選抜
  • 2006年 全日本大学選抜

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典

関連項目[編集]