ホーリーピッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ホーリーピッチ(hollypitch)は水戸市水府町にあるサッカー専用グラウンド「水府町グラウンド」の通称。水戸ホーリーホックの練習場として、同クラブが管理、運営を行っている。

概要[編集]

水戸市民体育館などのある青柳公園そばの那珂川左岸河川敷に2006年7月にオープン。クラブハウスこそないものの、水戸ホーリーホックの選手が居る県施設の独身寮が隣接しており、クラブ初の専用練習場である。

敷地内には、このメインピッチの他に、B面とスタンドなしのC面が存在し、3面のピッチがある。トップチームの練習のほかにも、Jユースカップなどの公式戦も行われている。

2011年9月、平成23年台風第15号の影響により那珂川が氾濫し、ホーリーピッチが水没した。

なお、土地が水戸市からクラブに期限付きで貸し出されたものであることや、J1ライセンス発給に必要な「クラブハウスに隣接した天然芝グラウンド」という条件を満たさないことが問題となっており、クラブでは2018年2月に、練習場を城里町の旧城里町立七会中学校跡地に建設される「城里町 七会町民センター(通称:アツマーレ)」に移した[1][2]。以後本施設は使われない見込みである。

施設概要[編集]

  • Jサテライトリーグを1試合だけ開催しているが、その際、対戦相手である横浜F・マリノスの選手がクリアしたボールが那珂川まで飛んでしまい、川に流され紛失したことがある。
  • 見学者用施設はない、土手のコンクリート敷に座るか、遊歩道にあるベンチで見学することになる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]