FCバレイン下関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FCバレイン下関
原語表記 FCバレイン下関
呼称 FCバレイン下関
愛称 バレイン
クラブカラー      群青
    
創設年 2006年
所属リーグ 中国サッカーリーグ
ホームタウン 山口県下関市
ホームスタジアム 乃木浜総合公園天然芝グラウンド[1]
山口県立おのだサッカー交流公園サッカー場[1]
やまぐちサッカー交流広場[1]
収容人数 5,000(乃木浜天)
23,939(下関陸上)
4,000(おのだサ)
200(山口サ交)
運営法人 一般社団法人ウエストネーション下関SC[1]
代表者 日本の旗 福原康太
監督 日本の旗 森下仁之
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人ウエストネーション下関SC
設立 2019年2月4日
所在地 山口県下関市松屋本町3丁目1139番地1
北緯34度3分10.4秒 東経131度3分16秒 / 北緯34.052889度 東経131.05444度 / 34.052889; 131.05444座標: 北緯34度3分10.4秒 東経131度3分16秒 / 北緯34.052889度 東経131.05444度 / 34.052889; 131.05444
法人番号 3250005008473
活動地域 山口県下関市
活動内容 サッカークラブの運営
ウェブサイト http://fcbaleine.jp/
テンプレートを表示

FCバレイン下関(エフシーバレインしものせき、FC Baleine Shimonoseki)は、山口県下関市を本拠地とする社会人サッカークラブ。

概要[編集]

下関市サッカー協会は独自の社会人サッカーリーグとして「下関市サッカー社会人リーグ」を運営していたが、同リーグは日本サッカーのリーグ構成のカテゴライズからは外れたリーグであり、同リーグに参加しても日本サッカー協会 (JFA) の主管する大会には参加できなかった。こうした状況を踏まえ、下関市サッカー協会がJFA主管リーグへの参画(当面は最下位カテゴリーである山口県社会人サッカーリーグへの参戦)のために下関市社会人リーグから選抜された選手を中心に2006年に発足したのが本チームである[2]。ホームスタジアムは乃木浜総合公園天然芝グラウンド山口県立おのだサッカー交流公園サッカー場やまぐちサッカー交流広場である[1]。但し、2019シーズンのホームゲームは乃木浜総合公園天然芝グラウンドと下関市営下関陸上競技場で開催され、山口県立おのだサッカー交流公園サッカー場及びやまぐちサッカー交流広場での開催はない[3]

バレイン(Baleine)はフランス語で「クジラ」を意味し、下関がかつて捕鯨基地であったことや名産品から由来する[1]。マスコットキャラクターはマッコウクジラをモチーフとし、青色をした体にBaleineの文字と、頭に背番号ではなく頭番号として10と書かれている[1]

歴史[編集]

県リーグ(2006年 - 2018年)[編集]

2006年
県リーグ4部からのスタート。Bブロック2位の成績。
2007年
県リーグ4部Bゾーン8戦無敗で優勝。
山口県サッカー選手権大会(兼天皇杯県予選)でベスト4へ進む。
2008年
3月の野上杯争奪サッカー大会ではベスト4でレノファ山口FCに敗れ、短期的目標である県1部への飛び級昇格がここで断たれる。
県リーグ3部Bゾーンで全勝優勝。
2009年
野上杯争奪サッカー大会準優勝。
県リーグ2部Bゾーンで1位。上位決定戦ではAゾーン1位のFC OPAに敗れたため総合2位で終了。
入替戦は1部5位の岩国SCに3-1で勝ち、次年度の県1部昇格を決める。
2010年
ユニフォームを変更し、西中国信用金庫をはじめとした地元企業のスポンサーネームが入る。
新潟県で行われた第17回全国クラブチームサッカー選手権大会で3位に入賞。
2011年
野上杯争奪サッカー大会優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
県リーグ1部優勝(7チーム)。中国地域県リーグ決勝大会は1回戦で敗退。
2012年
山口県サッカー選手権大会ベスト4。第19回全国クラブチームサッカー選手権大会に下関市代表として出場。
県リーグ1部5位(6チーム)。県リーグ入替戦、2部2位のLeo SCに3-1で勝ち、1部残留を決めた。
2013年
野上杯争奪サッカー大会準優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
2014年
ユニフォームカラーを緑から群青へ変更。
古賀宗樹入団。森本惟人復帰。
野上杯争奪サッカー大会準優勝。山口県サッカー選手権大会ベスト4。
県リーグ1部2位(6チーム)。
レノファ山口FCから福原康太をレンタル移籍で獲得する。
2015年
福原康太の完全移籍をはじめ、松江シティFCから前田昇吾、FC宇部ヤーマンから中川心平、佐久間大樹、西川充などの元レノファ山口所属選手が入団。
船津佑也をコーチ兼選手として迎え入れる。
県リーグ1部2位(8チーム)。2度目の中国地域県リーグ決勝大会出場も1回戦でSC鳥取ドリームスに延長の末敗れる。
2016年
山口県サッカー選手権大会には第4シードで出場しベスト4(優勝した徳山大学に敗れる)。
県リーグ1部を無敗で制し(6チーム)、3度目の中国地域県リーグ決勝大会出場。
2017年
選手兼ヘッドコーチを務めた船津佑也と、監督を務めた大西秀典が退団。監督には福原康太が選手・GM兼任で就任した。
県リーグ1部で連覇。3年連続4度目の中国地域県リーグ決勝大会出場。
2018年
県リーグ1部で3年連続優勝。中国地域県リーグ決勝大会Aブロックで優勝して、2019年からの中国サッカーリーグ昇格が決まった。

中国リーグ(2019年 - )[編集]

2019年
監督兼GMの福原康太が勇退し、チームの代表に就任。監督には前年6月までギラヴァンツ北九州の監督を務めていた森下仁之が就任。
運営法人として「一般社団法人ウエストネーション下関SC」設立。
中国サッカーリーグ4位(10チーム)。

成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督
2006 山口県4部Bブロック 2位 18 8 6 0 2 39 7 32 宮崎明宏
2007 優勝 24 8 8 0 0 49 2 47
2008 山口県3部Bブロック 優勝 21 7 7 0 0 24 1 23
2009 山口県2部 2位 16 7 5 1 1 40 5 35
2010 山口県1部 3位 16 10 5 1 4 32 18 14
2011 優勝 31 12 10 1 1 40 14 26
2012 5位 14 10 4 2 4 29 14 15 宮崎明宏/大西秀典
2013 5位 11 12 2 3 7 23 35 -12 大西秀典
2014 2位 16 10 5 1 4 33 21 12
2015 2位 32 14 10 2 2 45 12 33
2016 優勝 26 10 8 2 0 33 5 28
2017 優勝 29 12 9 2 1 41 8 33 福原康太
2018 優勝 34 12 11 1 0 64 9 55
2019 中国 4位 32 18 10 2 6 45 23 22 森下仁之

所属選手・スタッフ[編集]

2019年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
代表 日本の旗 福原康太 FCバレイン下関 監督兼GM
監督 日本の旗 森下仁之 ギラヴァンツ北九州 監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 生年月日(年齢) 前所属 備考
GK 1 日本の旗 西川充 (1986-05-23) 1986年5月23日(33歳) 日本の旗 FC宇部ヤーマン
33 日本の旗 大枝正和 (1989-07-05) 1989年7月5日(30歳) 九州共立大学
DF 2 日本の旗 吉沢凛太郎 (1996-11-23) 1996年11月23日(23歳) 九州産業大学 新加入
5 日本の旗 須子輝太郎 (1993-01-06) 1993年1月6日(27歳) 日本経済大学 副キャプテン
6 日本の旗 沖田康佑 (1992-01-13) 1992年1月13日(28歳) 日本の旗 FC宇部ヤーマン 副キャプテン
8 日本の旗 竹田裕昭 (1985-05-29) 1985年5月29日(34歳) 九州共立大学
22 日本の旗 本光碧意 (1995-07-20) 1995年7月20日(24歳) びわこ成蹊スポーツ大学
30 日本の旗 霜出優斗 (1997-07-01) 1997年7月1日(22歳) 日本の旗 デッツォーラ島根EC
19 日本の旗 法龍院実佑 (2000-05-09) 2000年5月9日(19歳) 成進高校 新加入
MF 3 日本の旗 長宏哉 (1993-11-27) 1993年11月27日(26歳) 日本の旗 デッツォーラ島根EC
4 日本の旗 中川心平 (1984-11-07) 1984年11月7日(35歳) 日本の旗 FC宇部ヤーマン
7 朝鮮民主主義人民共和国の旗 孫正倫 キャプテン (1991-09-18) 1991年9月18日(28歳) 日本の旗 レノファ山口FC キャプテン
9 日本の旗 山本盾 (1996-09-11) 1996年9月11日(23歳) レノファ山口FC U-18
10 日本の旗 森本惟人 (1982-02-09) 1982年2月9日(38歳) 日本の旗 FC宇部ヤーマン
11 日本の旗 前田昇吾 (1988-11-11) 1988年11月11日(31歳) 日本の旗 松江シティFC
14 日本の旗 佐久間大樹 (1987-06-07) 1987年6月7日(32歳) 日本の旗 FC宇部ヤーマン
16 日本の旗 五月女涼 (1995-06-15) 1995年6月15日(24歳) 日本の旗 松江シティFC
17 日本の旗 田村隆生 (1987-06-03) 1987年6月3日(32歳) 日本の旗 デッツォーラ島根EC
24 日本の旗 安片政人 (1993-04-20) 1993年4月20日(26歳) 日本の旗 テゲバジャーロ宮崎 新加入
27 日本の旗 橘木郁弥 (1996-08-03) 1996年8月3日(23歳) 九州国際大学 新加入
28 日本の旗 大賀優将 (1993-09-09) 1993年9月9日(26歳) 日本の旗 バンディオンセ加古川
32 日本の旗 林慎太郎 (1996-04-26) 1996年4月26日(23歳) 佐賀大学 新加入
40 日本の旗 塩崎健人 (1998-12-11) 1998年12月11日(21歳) 小野田工業高校
FW 15 日本の旗 鈴木雄大 (2000-07-04) 2000年7月4日(19歳) レシャック・アントニオフットボールアカデミー 新加入
18 日本の旗 馬越利樹 (1997-02-27) 1997年2月27日(22歳) ドイツの旗 FSGダウボルン/ネースバッハ
20 日本の旗 東條翔太 (1993-01-06) 1993年1月6日(27歳) 下関中央工業高校
21 日本の旗 瀧下崇彦 (1999-03-10) 1999年3月10日(20歳) 山口鴻城高校
23 日本の旗 猪本直家 (1995-03-21) 1995年3月21日(24歳) 日本の旗 アルティスタ東御
39 日本の旗 岩村勝利 (1996-06-05) 1996年6月5日(23歳) 九州産業大学 新加入

歴代所属選手[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) グレー グレー グレー
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
愛グループ 日本セレモニー 2019年 -
鎖骨 なし - -
背中上部 イデアルライフ idealLife
㍿イデアルライフ
2017年 - 2017年 - 2018年は胸
背中下部 プランハウス プランハウス 2017年 - 2017年 - 2018年はパンツ
(「株式会社プランハウス」表記)
やまぐち県酪乳業 やまぐち県酪 2017年 -
パンツ オー.ビー.エム J.S.L 2019年 -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2006 - - - - - - PENALTY
2007
2008
2009
2010 西中国信用金庫 中国電機サービス社 博電社
2011
2012
2013
2014 SONIC JAPAN 本間自動車工業 - - adidas
2015 FavFav
2016 VAN-VEAL
2017 idealLife
㍿イデアルライフ
- SOUWAGIKEN やまぐち県酪 株式会社プランハウス GAViC
2018
2019 日本セレモニー idealLife
㍿イデアルライフ
プランハウス J.S.L

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g クラブガイド”. FCバレイン下関. 2019年3月27日閲覧。
  2. ^ “下関FC(仮称)の設立について” (プレスリリース), 下関市サッカー協会, オリジナルの2006年4月4日時点におけるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20060404152609/http://www.shimonoseki-soccer.com/msgviewmd.php?sfid=38&sfctgl=8 2013年5月28日閲覧。 
  3. ^ “2019年度 第47回中国サッカーリーグ 日程表” (プレスリリース), 中国サッカーリーグ, http://csl-jp.main.jp/wp-content/uploads/2019/03/CSL%E6%97%A5%E7%A8%8B%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_%E7%99%BD%E9%BB%92.pdf 2019年3月27日閲覧。 

外部リンク[編集]