小山内貴哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山内 貴哉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オサナイ タカヤ
ラテン文字 OSANAI Takaya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-06-15) 1993年6月15日(25歳)
出身地 北海道札幌市
身長 176cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ラインメール青森
ポジション DF
背番号 2
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2016 コンサドーレ札幌 16 (1)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
2015 AC長野パルセイロ (loan) 8 (1)
2016 福島ユナイテッドFC (loan) 0 (0)
2017 福島ユナイテッドFC
2018- ラインメール青森
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小山内 貴哉(おさない たかや、1993年6月15日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。ポジションはDF

来歴[編集]

小学2年生でサッカーを始める[1]。地元コンサドーレ札幌の育成組織であるジュニアサッカースクールで学び、札幌U-12を経て、札幌U-15に昇格後の2008年には高円宮杯U-15選手権大会で準優勝に貢献している。札幌U-18に昇格後は恵まれた体躯を活かし右サイドバックを主戦場にセンターバックも務めていた[2]。高校3年生になるとU-18日本代表に招集され、AFC U-19選手権2012(予選)に出場するなど著しい成長を遂げ、同年開催のプレミアリーグイーストでは優勝に貢献した。

2011年2種登録選手として登録され、10月8日天皇杯2回戦水戸戦の後半27分に上原慎也に代わり途中交代で公式戦初出場を果たした。11月13日荒野拓馬榊翔太奈良竜樹前貴之と共に2012年以降のトップチームへの昇格が発表された[2]。前貴之と共に初のコンサドーレジュニアサッカースクール出身の選手となる。

2012年のプロ1年目のシーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦の出場はヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節神戸戦に先発出場を果たした1試合に留まった。

2013年は新監督に就任した財前恵一の下、右サイドバックでレギュラーを務める日高拓磨が負傷離脱した事もあって、シーズン序盤から出場機会を掴み、4月7日J2第7節岡山戦でリーグ戦初出場初先発を果たし、以降4試合続けて先発で起用されていたが、5月12日J2第14節山形戦で負傷退場してしまい、以降シーズン終盤まで試合出場は適わなかった。11月20日天皇杯4回戦甲府戦でセンターバックとしてフル出場。延長後半に1失点を喫し敗退してしまうものの、格上相手を試合終盤まで無失点に抑えるなど善戦した。

2015年6月、AC長野パルセイロへ育成型期限付き移籍[3]

2016年、福島ユナイテッドFCに期限付き移籍[4]

2016年12月2日、期限付き移籍先だった福島ユナイテッドFCへの完全移籍が発表された[5]

2018年、ラインメール青森に移籍[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 札幌 36 J2 0 0 - 1 0 1 0
2012 35 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2013 26 J2 5 0 - 1 0 6 0
2014 11 1 - 0 0 11 1
2015 2 0 0 - - 0 0
長野 27 J3 8 1 - 1 0 9 0
2016 福島 26 0 0 - 0 0 0 0
2017 3 4 0 - - 4 0
2018 青森 2 JFL -
通算 日本 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
日本 J2 16 1 - 2 0 18 1
日本 J3 12 1 - 1 0 13 1
日本 JFL     -      
総通算 28 2 1 0 3 0 32 2

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 1 0 1 0
2015 3 0 3 0
通算 日本 J3 4 0 4 0
総通算 4 0 4 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

コンサドーレ札幌U-18

代表歴[編集]

  • 2011年 U-18日本代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]