横野純貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横野 純貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 マロ[1]
カタカナ ヨコノ ジュンキ
ラテン文字 YOKONO Junki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-10-07) 1989年10月7日(29歳)
出身地 北海道札幌郡広島町(現・北広島市
身長 183cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC大阪
ポジション FW
背番号 18
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

横野 純貴(よこの じゅんき、1989年10月7日 - )は、北海道札幌郡広島町(現・北広島市)出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。 妻はタレントの辻田沙織

来歴[編集]

ユース時代[編集]

小学3年生時に母親に連れられコンサドーレ札幌の試合を観戦したのをきっかけにサッカーを始める。小学6年生時にコンサドーレU-15のセレクションを受けるも落選。中学生時代は江別ユニオンジュニアユースFCでプレーした。

コンサドーレU-18のセレクションでは合格を果たし2005年より加入する。その後トップチームの練習にも参加するようになり高校3年生時にはU-18日本代表に選出された。2007年12月12日、U-18出身者としては初の大型フォワードとして2008年以降のトップチーム昇格が発表された[2]

コンサドーレ札幌[編集]

プロ入り後は、同期加入で同じく高卒新人の宮澤裕樹が1年目でゴールを挙げ、その後もコンスタントに活躍する一方、自身は3年目までに出場機会には恵まれつつもノーゴールに終わった。

2010年9月19日、J2第26節鳥栖戦(札幌厚別公園競技場)で初の先発出場を果たした。

2011年、プロ4年目となるシーズンはプロ初ゴールを含めシーズンを通して公式戦5ゴールを挙げる飛躍の年となった。中でも、プロ初ゴールを挙げた6月19日のJ2第17節岐阜戦では、試合後のヒーローインタビューを受け積年の想いを堪え切れずに涙した[3]。同年J2第20節7月9日愛媛戦では、同期の宮澤裕樹との連携から決勝点となる自身のホーム初ゴールを含む2ゴールを挙げ、試合後のヒーローインタビューでは「札幌のエースストライカーになろうと思います」と宣言しサポーターを沸かせた。

2012年は、前年の活躍もあり期待されたものの前田俊介大島秀夫らの加入もあってポジション争いが激化し出場機会には恵まれず。シーズン途中にツエーゲン金沢へ期限付き移籍を経験した[4]。同年オフにはクラブにサッカー留学を直訴した荒野拓馬と共にブラジルへ短期留学を経験した。

2013年はコンサドーレ札幌に復帰。前年まで中山雅史が背負っていた背番号9を背負うことが決まった。1月30日、自身のブログタレント辻田沙織との入籍を発表した。8月21日午前に長女が誕生。同日夜に開催されたJ2第30節愛媛戦では、自身が登録メンバーを外れ不在の中、前田俊介がゴールを挙げた直後のゴールパフォーマンスで、控え選手も交えた多くの選手がゆりかごダンスを披露し祝福した[5]。その後9月7日天皇杯2回戦北海道教育大学岩見沢校戦では自身がゴールを挙げた直後に1人でゆりかごダンスを披露した。2014年11月27日に契約満了が発表された。

コーンケンFC[編集]

2014年、自ら志願してタイ・ディヴィジョン1リーグ(タイ2部)のコーンケンFC期限付き移籍[6]

福島ユナイテッドFC[編集]

2015年福島ユナイテッドFCへ完全移籍した[7]が、この年に契約満了となった[8]

ラインメール青森[編集]

2017年バンコクFCからラインメール青森に移籍した[9]

奈良クラブ[編集]

2018年奈良クラブに移籍[10]

FC大阪[編集]

2019年FC大阪に完全移籍[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 札幌 27 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2009 24 J2 5 0 - 0 0 5 0
2010 10 0 - 2 0 12 0
2011 14 4 - 1 1 15 5
2012 J1 1 0 0 0 - 1 0
2012 金沢 27 JFL 9 2 - 0 0 9 2
2013 札幌 9 J2 8 3 - 2 1 10 4
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2014 コーンケン 10 Div1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 福島 9 J3 26 1 - 1 0 27 1
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2016 バンコク Div1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 青森 25 JFL 29 10 - - 29 10
2018 奈良 18 24 7 - 0 0 24 7
2019 FC大阪 -
通算 日本 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
日本 J2 37 7 - 5 2 42 9
日本 J3 26 1 - 1 0 27 1
日本 JFL 62 19 - 0 0 62 19
タイ Div1
総通算 127 27 0 0 6 2 133 29

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 札幌石崎監督命名 横野は「まろ」じゃ(日本語) 日刊スポーツ 2009.01.26
  2. ^ [1] コンサドーレ札幌公式サイト、2007年12月12日
  3. ^ J2:第17節 岐阜 vs 札幌 J's GOAL フォトニュース
  4. ^ [2] コンサドーレ札幌公式サイト、2012年7月18日
  5. ^ J2:第30節 札幌 vs 愛媛 J's GOAL フォトニュース
  6. ^ 横野 純貴 選手 KHONAEN FC(タイリーグ Division‐1)へ期限付き移籍のお知らせ コンサドーレ札幌公式サイト、2013年12月25日
  7. ^ コンサドーレ札幌 横野純貴選手移籍加入のお知らせ - 2015年1月10日 福島ユナイテッドFC
  8. ^ 横野純貴選手 契約満了のお知らせ - 2015年12月14日 福島ユナイテッドFC公式サイト
  9. ^ 2017年 横野 純貴選手 加入のお知らせ - 2017年2月15日 ラインメール青森公式サイト
  10. ^ 横野純貴選手 2018シーズン新加入のお知らせ - 奈良クラブ公式サイト、2018年12月23日
  11. ^ FW 横野 純貴選手 完全移籍加入のお知らせ - FC大阪公式サイト、2018年12月17日(2018年12月18日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]