トラットリア (レコードレーベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トラットリアTrattoria Records)は、日本のポリスター内に1992年から2002年まで存在していたレコード・レーベルである。小山田圭吾主宰。10年間の間に250の作品をリリースした。

概要[編集]

フリッパーズ・ギターを解散した小山田が、以前エル・レコード(El records)を主宰していたマイク・オールウェイと日英ポップスの交流場として作り上げた。「Trattoria」というイタリア語で「定食屋」を意味するその名称もマイク・オールウェイが名付け親。定食屋になぞり、リリースはメニュー(menu)という形で発表されていた。
レーベル内にも幾つかのレーベルが存在し、マイク・オールウェイの意思を反映した洋楽ラインのエキゾチカ EXOTICA)(後に「if...」に発展)、トシ矢嶋プロデュースによるモー・ミュージックMO'MUSIC)、入手困難な廃盤を再発するトラットリア・ファミリー・クラブTrattoria Family Club)、沖野俊太郎プロデュースによるT2 LabelハナタラシボアダムスEYEによるショックシティーSHOCK CITY)などがあった。
後に欠番となるが、フリッパーズの編集盤「colour me pop」、「on PLEASURE BENT」がそれぞれmenu1、2となっていた。

本レーベルを「渋谷系音楽の総本山」とみなす向きもあるが、音楽プロデューサー牧村憲一はむしろCrue-L Recordsエスカレーターレコーズなどのインディーズレーベルが渋谷系の中心であったとしている[1]。終了までに、CDやTシャツなどの売上金額はCDアルバム換算で400万枚に達した[2]

主なアーティスト[編集]

※五十音順。コンピレーション・アルバム収録のみや再発のみのアーティストも含む。

脚注[編集]

  1. ^ 牧村憲一『「ヒットソング」の作りかた 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち』NHK出版、2016年、183頁。ISBN 978-4-14-088506-2
  2. ^ 『「ヒットソング」の作りかた 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち』NHK出版、2016年、184-185頁。