想い出波止場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

想い出波止場(おもいではとば)は日本実験音楽バンドである。派生ユニットとして吉田達也率いるルインズとの合体ユニット「ルインズ波止場」がある。

概要・経歴[編集]

1987年11月、当時BOREDOMSのギタリストであった山本精一が京都どん底ハウスでのイベント「ボアダムズ祭り」出演のためにソロユニットとして結成。当初は羅針盤のようなフォーク・ロックバンドであった。二流フォークや演歌のようなムードから、「想い出波止場」と名付けられる。

1988年2月、イベント「なしくずしの共和国」に出演。ボアダムズの吉川豊人らが参加し、現在の想い出波止場の原型となる。そのライブを見た津山篤(アシッド・マザーズ・テンプル)と柴山伸二(ハレルヤズ、イディオット・オクロック、渚にて)が参加を希望、正式メンバーとなり活動を開始。※後にドラムスは柴山から長谷川忠(チルドレン・クーデター、コラプテッド)にチェンジ。

1990年に最初の単独作品「Surfin' in UFO」をリリースするほか、多数のコンピレーションアルバムに参加。

さらにJOJO広重アルケミーレコードより、三枚のアルバムをリリース。特に『水中JOE』はSTUDIO VOICE誌の「オルタナティブロック100選」で2位に選出されている。

5thアルバム『金星』のリリース前に長谷川が脱退して以降は、山本と津山を中心とする不定形ユニットとなっている。

1997年には小山田圭吾のトラットリアより『VOUY』をリリース、BOREDOMS暴力温泉芸者らとともに「デス渋谷系」として認知される。

2004年、7年ぶりに7thアルバム『大阪・ラ』をリリース。

2009年、難波ベアーズ、渋谷O-WESTなどでワンマンライブを実施。山本・津山に加え、サポートに西滝太(syn)、砂十島NANI(dr)らが参加した。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • 柴山伸二(ドラムス) - 最初期のメンバー。元ハレルヤズ、イディオット・オクロック。現在は渚にてで活動。
  • 長谷川忠(ドラムス) - ドゥーム/スラッジコアバンドCorruptedで活動。1995年脱退。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム

全てP-VINEよりHQCDで再発される。

その他
  • Surfin' in UFO(7インチシングル、1990年、米Public Bath)
  • Livers and Giggers: 1987-1993(ライブコラージュアルバム、1994年、Japan Overseas)
  • Sugar Clip(Vuoyの先行マキシシングル、1997年、トラットリア/ポリスター)
  • OUT MAN(『大阪・ラ』のアウトテイク集、2009年、自主制作CDR)
  • Universal Emperors(配信限定、2012年、山本精一 a.k.a. OMOIDE HATOBA 2077名義)

外部リンク[編集]