森保圭悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森保 圭悟 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モリヤス ケイゴ
ラテン文字 MORIYASU Keigo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-09-22) 1993年9月22日(29歳)
出身地 広島県
身長 165cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム winner's
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
ユース
2009-2011 日本の旗 サンフレッチェ広島
2012-2015 日本の旗 流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2017 オーストラリアの旗エッジワース 45 (27)
2018 フィリピンの旗JPVマリキナFC 6 (2)
2019 ドイツの旗RWコブレンツ 12 (2)
2021- 日本の旗 winner's
1. 国内リーグ戦に限る。2020年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森保 圭悟(もりやす けいご、1993年9月22日 - )は、広島県出身の元サッカー選手。ポジションはMF。YouTubeにおいて、サッカー系グループのLISEMで活動を続けている。

クラブ歴[編集]

サンフレッチェ広島ユース出身。当時から広島ユース随一と言われるほどのフリーキックの名手として知られていた[1][2]。その後流通経済大学に進学。3年生の時に迎えた第63回全日本大学サッカー選手権大会決勝で左足首靭帯を負傷し半年の離脱となった事もあり、卒業と同時にJリーグで選手となる事は出来なかった[3]

そのため父の勧めもあって2016年1月に渡豪し、ブラックタウン・シティーFCシドニー・オリンピックFCの練習に参加したが、契約を勝ち取る事は出来ず、3チーム目の練習参加となったエッジワースFCで契約を結び選手となった[2]。エッジワースでは1年目に17得点、2年目に9得点を記録したが、ビザの関係で退団となった[3]

2018年にJPVマリキナFCに移籍[4]。13ゴール10アシストの結果を残したが、クラブの経営問題によって退団した。

2019年にオーバーリーガTuSロット=ヴァイス・コブレンツに加入。 同年限りで退団し、12月31日に自身のTwitterにて引退を表明した。

2020年にLISEMという名称でYouTubeを開始。メンバーはサンフレッチェ広島ユース時に同期だった藤井貴之重行拓也の3人組ユニット。

2021年にKONAMIの公式YouTubeチャンネルが運営するサッカークラブ、Winnersの一員となった。

家族[編集]

父は元日本代表で日本代表監督の森保一。叔父の森保洋、兄の森保翔平もサッカー選手[5]

参考文献[編集]

  1. ^ 【2019紫熊の戦士】野津田岳人/キッカーの覚醒”. タグマ (2019年3月25日). 2020年6月23日閲覧。
  2. ^ a b ☆特集☆森保圭悟”. RYUGAKU TSUCHOOL. 2020年6月23日閲覧。
  3. ^ a b 「どんなことも楽しむ」森保監督次男が家訓でエール”. 日刊スポーツ (2019年1月20日). 2020年6月23日閲覧。
  4. ^ 森保監督の次男・圭悟がフィリピンで奮闘中 「優勝」目標のリーグ杯が15日に初戦”. スポーツ報知 (2018年9月14日). 2020年6月23日閲覧。
  5. ^ 森保監督の素顔に迫る!フジ系「密着180日 なぜ森保一は-」8日放送”. サンスポ (2019年12月8日). 2020年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]