ダヴィド・ヤロリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダヴィド・ヤロリーム Football pictogram.svg
DavidJarolim.jpg
名前
ラテン文字 David Jarolím
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1979年5月17日(37歳)
出身地 Flag of Central Bohemian Region.svg 中央ボヘミア州
Flag of Čáslav.svg チャースラフ英語版
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF (DH, CH)
利き足 右足
ユース
1987-1991 フランスの旗 ルーアン
1991-1995 チェコスロバキアの旗 スラヴィア・プラハ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1997 チェコの旗 スラヴィア・プラハ 12 (1)
1997-2000 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘンII 62 (12)
1997-2000 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 1 (0)
2000-2003 ドイツの旗 ニュルンベルク 69 (4)
2003-2012 ドイツの旗 ハンブルガー 257 (14)
2012 フランスの旗 エヴィアン 5 (0)
2013-2014 チェコの旗 ムラダー・ボレスラフ 28 (1)
1995-2014 通算 434 (32)
代表歴2
1999-2002 チェコの旗 チェコ U-21 11 (2)
2005-2009 チェコの旗 チェコ[1] 29 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年9月5日現在。
2. 2013年5月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダヴィド・ヤロリームDavid Jarolím, 1979年5月17日 - )は、チェコ中央ボヘミア州チャースラフ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはMF(CH)。

経歴[編集]

10代でドイツのバイエルン・ミュンヘンに移籍するも、トップチームでは1試合の出場に留まる。その後移籍した1.FCニュルンベルクハンブルガーSVではレギュラーを掴み、2005年にはチェコ代表に初招集される。ドイツ・ワールドカップでは途中出場1試合に終わったが、その後はチェコ代表の主力として、EURO2008にも出場した。2012-13シーズンからエヴィアン・トノン・ガイヤールFCへ移籍した[2]

2013年1月、母国のFKムラダー・ボレスラフと1年契約を結んだ[3]。2014年7月、健康上の理由により現役を引退し[4]、同年12月にはムラダー・ボレスラフのスポーツディレクターに就任した[5]

人物[編集]

父はFKムラダー・ボレスラフ監督のカレル・ヤロリーム英語版。兄はルカーシュ・ヤロリーム英語版で、従兄弟はマレク・ヤロリーム英語版ボヘミアンズ1905所属)とヤロリーム家はサッカー一家である。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ David Jarolím - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2015年8月20日閲覧。
  2. ^ David Jarolim s’engage au clubエヴィアン・トノン・ガイヤールFC公式HP 2012年8月29日(8月30日閲覧)
  3. ^ David Jarolím se vrací do Česka, v Boleslavi podepsal roční smlouvu”. iDNES.cz (2013年1月15日). 2015年9月5日閲覧。
  4. ^ David Jarolím končí kariéru! Loučí se kvůli zdravotním problémům”. iSport.cz (2014年7月2日). 2015年9月5日閲覧。
  5. ^ David Jarolím bude sportovním ředitelem Mladé Boleslavi”. iSport.cz (2014年12月17日). 2015年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]