イベントデータレコーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イベントデータレコーダー英語: Event Data Recorder, EDR)とは、車載型の事故記録装置の一種[1]エアバッグ等が作動するような交通事故において、事故前後の車両の情報を記録するために、自動車内に設置される装置である[2][注釈 1]

記録装置の本体はエアバッグの電子制御ユニット(ECU)に内蔵されている[3][4]

イベントデータレコーダーと事故分析[編集]

衝突事故の前後に、自動車の挙動がどうであったかを、公的な機関が判断することを助けるために、このイベントデータレコーダー(以下EDR)を回収して分析することができる[5]。EDRは、警察車両や商用トラックに搭載されている音声テープレコーダービデオカメラより、むしろ航空機に使われる「ブラックボックス」の様な、単純で衝撃耐性が高いフラッシュメモリーなどに用いられる用語である。

さまざまな形態のEDRがあり、それぞれ多くの特許が存在する。衝突までの数分間を記録し、オーバーライトしながらデータを記録し続けるもの、常時作動し、速度か角運動量における急変などの衝突と似たような事象によって、動作記録をロックされるもの、交通事故が終わるまで記録し続けるものなどがある。EDRは、ブレーキが使用されたかどうか、衝撃、ハンドル操作時点の速度とシートベルトがクラッシュの間に締められたかどうか記録することができる。事故現場で回復されるまで情報を保持するタイプもあれば、データを無線で当局(警察や損害保険会社など)に送ることができるタイプもある。

車両事故の分析において、複数の車両が関係するケースでは互いの運転手の言い分が食い違うことが少なくなく(両者とも「進行方向の信号は青であった」と主張する例)、また当事者の一方が死亡するなどのケースもあるため、互いの責任割合がどのくらいの比率になるかを判断するためには、現場に残されたブレーキ痕や車両部品の破片の分布・周囲からの証言などを基にして、推測で判断せざるを得なかったが、この装置を活用することで客観的な分析が可能となったことで、導入車における事故処理の迅速化につながっている。

現在、アメリカ合衆国には、国家道路交通安全局 (National Highway Traffic Safety Administration) がEDRの統一規格を開発し、全ての新車にそのEDRの装着を義務づけるように働きかけている(ロビー活動)グループもあり、義務付けが予定されている。現在では、アメリカ国内法で装備する必要はないが、いくつかのメーカーが自発的にEDRの装着を始めた。

2003年の時点で、EDRを装備している自動車車両が、世界で少なくとも4000万台あった。また、アメリカの損害保険会社が免許一年未満の運転者に無償貸し出しサービスを始め、近親者に電子メールで内容を報告するサービスも行っている。

日本国内では、自動車メーカー製造時にEDRを内蔵している車種が増えている。プライバシー保護のため映像と音声は記録しないが車速、アクセルとブレーキの踏み具合、シートベルトの着用の有無、ハンドルの角度を自動的に記録する。

類似の装置[編集]

自動車事故発生時の状況を記録するための車載型の装置としてはEDRの他に、カメラで映像を記録するためのドライブレコーダーがある[3]。EDRが自動車メーカーが自ら標準装備品として製造時に組み込むのに対して、ドライブレコーダーは後付けされるものが主流で[3]、ユーザーが自分で購入して取り付けたり、ディーラーオプションとして取り付ける。なお、自動車メーカーが製造時に組み込む衝突被害軽減ブレーキのカメラをドライブレコーダーとして転用できるのではないかという指摘がしばしばなされることがあるが、このような解析を目的としたカメラは映像の再生には適さず、分析アルゴリズムなどの技術流出を防ぐ目的もあって、映像記録用としては活用されていない[6]

車載するのではなく交差点に設置して自動車事故発生時の状況を記録する装置として、交通事故自動記録装置(TAAMS)がある。

自動車以外のデータロガーとしては、航空機に取り付けて各種情報を記録するフライトデータレコーダー(FDR)や、船舶に取り付けて各種情報を記録する航海データ記録装置(VDR)がある。航空機では、操縦席での音声記録を録音するコックピットボイスレコーダーとFDRを併せたものがブラックボックスと呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 近年[いつ?]西日本旅客鉄道鉄道車両のように、鉄道車両に搭載されることもある。

出典[編集]

関連項目[編集]