トランスアクスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トランスアクスルTransaxle )とは、自動車用語であり、トランスミッションディファレンシャルギアを一体化した装置を指す。

フロントエンジン・フロントドライブ(FF)、リヤエンジン・リヤドライブ(RR)、ミッドシップエンジン・リヤドライブ(MR)など、駆動輪がトランスミッションに隣接する構成の自動車に多く用いられる。

FFの多くは横置きエンジンとトランスアクスルを用いる。

FRでは前方の縦置きエンジンに接してトランスミッションが配置され、一方ディファレンシャルギアは後車軸にレイアウトされるのが一般的であるが、前後の重量配分に配慮する設計のものではトランスミッションを後車軸ディファレンシャルギアと一体化したトランスアクスルを使用する例がある。

4WDにおいては、FFやRRをベースとするものでトランスファーを内蔵したトランスアクスルが用いられる。FRをベースにミッション別体型トランスファーを用いる4WDよりも安価でシンプルに4WDを成立させられる利点があるが、トランスミッションとハイポイドギアが一体のケースに収められるため、どうしても粘度の高いギアオイルが必要となり、マニュアルトランスミッションにおいては変速時の操作感が悪くなりがちな欠点がある。また、極端に高粘度のギアオイルが必須である機械式LSDを組む場合においては変速時の操作感を完全に犠牲にしなければならない欠点も存在する。

フェラーリ・モンディアルtではtアレンジメント(トランスバースアレンジメント)として、フェラーリ・328までの横置きミッドシップの重量配分と操縦安定性に関する設計自由度の低さを改善するため、横置きトランスアクスルを踏襲しつつ、エンジンとクラッチを縦置きとするレイアウトを採用、現在もスモールV8シリーズにこのデザインを用いている。

脚注[編集]


関連項目[編集]