カーテシーランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーテシーランプ(日産・フーガ Y50、運転席用)

カーテシーランプ (Courtesy Lamp) とは、自動車の照明の一種で、サイドドアの内側下部に備わっており、足元を照らすことと後続車への警告灯の役割をする照明のことである。

解説[編集]

このランプは自動車のサイドドアの内側下部に付いており、ドアの開閉と連動して点灯・消灯する。車に乗り降りする人の足元を照らしたり、後続車にドアが開いていることを知らせ、特に夜間の安全性を向上させる役割がある。

カーテシランプ、カーテシーライト、カーテシライト、ドアカーテシー、ドアカーテシ、ドアカーテシーランプ、ドアカーテシランプ、ドアカーテシーライト、ドアカーテシライト、などとも呼ぶ。そもそもcourtesyとは、『礼儀正しいこと』『丁重な行為』といった意味の英語で、courtesy carといえば、『送迎車』の意味になる。

4ドア車であっても後部座席のドアには装備されないことが多く、運転席と助手席のドアのみ車種も少なくない。また、ランプの代わりにリフレクター(反射板)のみが装備してあったり、それら装備自体ない車種も多く見受けられる。最近のミニバンでは、ドア・ステップ部に装着されている車種も多く見受けられる。

日本のタクシー業で使用されている車種のうち、セダンタイプのタクシー車においては、左方後部座席から乗客を乗降させる関係上、後部左側ドアを開ける機会が乗用車より格段に多いため、安全性確保のために左方後部座席にもカーテシーランプを装着している場合が多い。それに加えLEDテープを後付けで装備しているタクシーも見受けられる。

灯火色については、日本車では透明色の採用が多い。それに対しアメリカ車ドイツ車では赤色を用いるケースも少なくない。