丸山夏鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸山 夏鈴
出生名 丸山 夏鈴[1]
生誕 (1993-08-02) 1993年8月2日
出身地 日本の旗 日本 福島県郡山市
死没 (2015-05-22) 2015年5月22日(満21歳没)
学歴 江戸川大学メディアコミュニケーション学部(死亡除籍[2]
ジャンル J-POP
職業 歌手タレント
担当楽器
活動期間 2012 -2015
レーベル Yotsuba Records
事務所 HappyStrike
公式サイト 公式ウェブサイト

丸山 夏鈴(まるやま かりん、1993年8月2日 - 2015年5月22日)は、日本歌手タレント福島県郡山市出身。尚志高校[3]血液型A型。愛称は「りんちゃん」。株式会社HappyStrike所属。悪性の脳腫瘍摘出手術を7回受けていた。ミスiD2016ファイナリスト・吉田豪賞の丸山ゆかは妹。

来歴[編集]

福島県郡山市で生まれ育つ。小学2年の時に脳腫瘍が発見され[4]、摘出手術を行ったという経緯がある。その後、デビューまでに中学2年時には1回、高校3年の時には2回の手術を受けている[5]。手術による入院中、テレビで見たアイドルの姿に影響を受け、自分も彼女たちのようになりたいと思うようになったことをブログに綴っている[6]

2012年、ネットで見つけたミスiD2013のオーディションに対して入院中でありながら応募を行い、一次審査を通過した[7]。その後、一般投票の期間中に芸能事務所HappyStrikeへの所属が決定し[8]、7月からアイドルとしての活動をスタートさせる[9]

2013年の入院中に脳腫瘍が肺へ転移したことが確認され、治療を続けていたものの手術は困難な状態であった[10]。病気は徐々に進行しており、2015年2月に「Eternal Summer」のPVとジャケット写真を撮影した頃には頬が痩けていたため、病気の進行が顕著になっていた[11]。しかし、発売記念イベントでは座りながら「Eternal Summer」をアコースティックギターの伴奏によるゆっくりとしたテンポで歌うなど、身体への負担を減らしながらアイドル活動を継続していた[12]。その後、2015年3月末に入院して公の場での活動は休止状態となったが、4月5日よりYouTubeを通じてスマートフォンを使った自撮り映像を毎日配信し、亡くなる前夜まで撮影と配信を行っていた。

5月22日、昼食後に容態が急変し、13時10分に死去[13]。葬儀は5月25日に福島県郡山市にて、生前の本人の希望や母親・まち子の判断により、一般のファンも参列可能な形で華やかに執り行われた[14][15]。戒名は唄安夏鈴清信女[16][17]

12月26日、福島中央テレビにてドキュメンタリー番組「最期までアイドル 夏鈴という奇跡」が放送され[18]、後日「NNNドキュメント'16」(日本テレビ系列)内でも再編集短縮版「丸山夏鈴〜最期までアイドル〜」が放送された[19]

年譜[編集]

  • 2012年
    • 6月 - 講談社「ミスiD2013」オーディション通過。一般投票期間中に現在の事務所に所属。
    • 7月1日 - フレッシュ撮影会でアイドル活動をスタートさせる。
    • 12月22日 - 渋谷Milkywayにて行われた「DJぞんびちゃんpresents番外編!『アイドル界のイギーポップを探せ!』」にオープニングアクトとして初のライブ出演。
  • 2013年
    • 2月25日 - 脳腫瘍摘出手術を受けるため休業[20]。5回目の手術となる。
    • 4月13日 - 宇都宮BEATCLUB STUDIOにて行われた「T!P ホームタウンライブ vol.8」にて芸能活動復帰(同事務所T!P定期ライブ)。
    • 6月1日 - 6回目の脳腫瘍摘出手術を受けることを発表[21]
    • 6月13日 - 活動以来2回目の休業。
    • 9月14日 - 新宿レッドノーズで行われた「丸山夏鈴1stワンマンライブ〜ReSTART!!!〜」でステージ復帰。同時に初のオリジナル曲である「Eternal Summer」(作編曲:CHEEBOW 作詞:まい)[22]が披露された。
    • 12月8日 - 新宿レッドノーズで行われた「Ring! Ring! Ring! あわてんぼうの夏鈴サンタがやってきた!〜丸山夏鈴2ndワンマンライブ〜」で休業へ。
    • 12月9日 - 脳腫瘍摘出手術を受けるため、活動以来3回目の休業。7回目の手術となる[23]
  • 2014年
    • 6月7日 - 主催ライブ「丸山夏鈴のアイドル七転八起」で復帰[24][25]
    • 8月2日 - TOKYO IDOL FESTIVAL 2014に「ミスiD2013 - 2015」のメンバーとして出演。
  • 2015年
    • 2月5日 - 日本テレビ系報道番組『news every.』にて、と闘うアイドルとして特集され、脳腫瘍の一部が肺に転移し肺癌の治療中である事を公表した[26]
    • 2月28日 - 「Eternal Summer」でCDデビュー。
    • 4月8日 - フジテレビ系報道番組『みんなのニュース』の特集コーナー「リアル!」で活動や闘病生活の様子が放送される。
    • 5月22日 - 肺癌のため死去[27][28]。満21歳没(享年23)。
    • 8月2日 - 本人が生前に出場を目指していたTOKYO IDOL FESTIVAL 2015の「ミスiD SPECIAL STAGE」で丸山夏鈴ステージが設けられる。
    • 11月3日 - 生前通っていた江戸川大学の「駒木祭」にて「1日限定復活!! 丸山夏鈴ライブ♪」と題したステージが設けられ、親交のあったシンガーソングライター瑞稀ミキ(mikichu*)による弾き語りが行われた。
    • 12月26日 - 福島中央テレビにて、『最期までアイドル 夏鈴という奇跡』と題した特番が放送された。
  • 2016年
    • 2月7日 - 日本テレビ系で福島中央テレビ制作のドキュメンタリー番組『NNNドキュメント'16 丸山夏鈴〜最期までアイドル〜』が放送された。

人物[編集]

  • 実家でチワワを飼っていた。名前はチェリー[29]
  • 好きな動物はちんあなご[30]
  • 趣味は映像編集や3DモデリングでAdobe PremiereAviUtl[31]Metasequoia[32]などを扱う。
  • 小学生の頃から脳腫瘍の手術を繰り返し行なっているが、かわいそうなどと言われてしまうことや病気のことを話すとその場が重くなってしまうことが嫌だとインタビューで答えていた[33]
  • 自らの病気をネタにブラックジョークをツイートするなど、病気が進行しても前向きな振る舞いを見せ続けていた[34][35]
  • ブログやTwitterにて、入院生活や入院中の写真なども公開し、病気療養による活動休止期間中も発信を行っていた。
  • 『Eternal Summer』の作曲を行った関根元和(CHEEBOW)は丸山夏鈴について、飛び抜けたものはなかったがいつも楽しそうにアイドル活動を行っていたと述懐している[36]
  • 尚志高校時代は生徒会長を務めていた[24]。同校はその期間中に第89回全国高等学校サッカー選手権大会に福島県代表で出場している[37][38]

出演[編集]

雑誌[編集]

  • B.L.T. 吉田豪連載「ぶらり豪」(2013年10月号)[注 1]
  • TRASH-UP!! Vol.16(2013年9月20日)
  • 政経東北(2015年1月号)
  • B.L.T. 吉田豪連載「ぶらり豪」(2015年3月号)[注 2]
  • TRASH-UP!! Vol.21 表紙・グラビア(2015年2月5日)

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2015年2月28日 Eternal Summer BCSHS-5 シングル66位 インディーズシングル7位(2015年7月6日付)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 全文は丸山夏鈴 ロングインタビュー「吉田豪 meets 丸山夏鈴」前編”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2015年3月17日). 2015年6月12日閲覧。にて公開
  2. ^ 全文は丸山夏鈴 ロングインタビュー「吉田豪 meets 丸山夏鈴」後編”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2015年3月18日). 2015年6月12日閲覧。にて公開

出典[編集]

  1. ^ 夏鈴のお薬の一部公開”. チェリかめ(母親・まち子によるTwitter). Twitter (2014年10月22日). 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ 学園祭で追悼ライブ 丸山夏鈴さんしのぶ がんと闘いながらアイドル活動 明るく楽しいステージに 2日から、江戸川大学 千葉日報 2015年10月31日
  3. ^ 丸山夏鈴 (2014年12月13日). “(´-`) .。oO (12月12日 イルミネーション点灯式のこと)”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ “アイドル丸山夏鈴、肺がんにより逝去”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年5月23日). http://natalie.mu/music/news/148183 2015年6月28日閲覧。 
  5. ^ 丸山夏鈴 (2013年12月23日). “手術から一週間”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  6. ^ 私にとってアイドルは・・・”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」 (2011年12月5日). 2015年5月27日閲覧。
  7. ^ 丸山夏鈴 (2014年10月17日). “今の私の状態について。ファンの方には必ず読んでほしいです。”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月27日閲覧。
  8. ^ 丸山夏鈴 (2012年6月27日). “ミスiDに応募するまで”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月27日閲覧。
  9. ^ 丸山夏鈴 (2012年7月2日). “初撮影会!ありがとうございました!”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月27日閲覧。
  10. ^ チェリかめ (2015年5月25日). “夏鈴ちゃん今まで騙してごめんね”. Childish(母親・まち子のブログ). 2015年5月29日閲覧。
  11. ^ Happy Strike (2015年3月1日). “丸山夏鈴『Eternal Summer』PV”. YouTube. 2015年5月29日閲覧。
  12. ^ Happy Strike (2015年3月4日). “丸山夏鈴 1stシングル「Eternal Summer」リリースイベント@タワーレコード渋谷店 2015.03.04”. YouTube. 2015年5月29日閲覧。
  13. ^ チェリかめ (2015年5月25日). “丸山夏鈴の奇跡のラストステージ”. Childish(母親・まち子のブログ). 2015年5月29日閲覧。
  14. ^ 丸山夏鈴会葬”. チェリかめ(母親・まち子によるTwitter). Twitter (2015年5月22日). 2015年5月29日閲覧。
  15. ^ 丸山夏鈴の奇跡のライブ式葬儀を考えてます。”. チェリかめ(母親・まち子によるTwitter). Twitter (2015年5月22日). 2015年5月29日閲覧。
  16. ^ チェリかめ (2015年7月5日). “四十九日の法要について”. Childish(母親・まち子のブログ). 2016年3月15日閲覧。
  17. ^ チェリかめ (2015年8月20日). “夏鈴の新盆供養”. Childish(母親・まち子のブログ). 2016年3月15日閲覧。
  18. ^ “最期までアイドル 夏鈴という奇跡”. 福島中央テレビ. http://www.fct.co.jp/program/20151226/ 2016年3月15日閲覧。 
  19. ^ “NNNドキュメント'16 丸山夏鈴〜最期までアイドル〜”. 日本テレビ. http://www.ntv.co.jp/document/backnumber/archive/post-2.html 2016年3月15日閲覧。 
  20. ^ 丸山夏鈴 (2013年2月15日). “みなさんへご報告”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2013年10月24日閲覧。
  21. ^ 丸山夏鈴 (2013年6月1日). “皆様へご報告。”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2013年10月24日閲覧。
  22. ^ 丸山夏鈴「Eternal Summer」できました!”. くじら音楽部 (2013年9月15日). 2013年10月24日閲覧。
  23. ^ 丸山夏鈴 (2013年12月1日). “丸山夏鈴からおしらせです。”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  24. ^ a b 丸山夏鈴 (2014年6月9日). “復帰主催ライブ「丸山夏鈴のアイドル七転八起」を終えて”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  25. ^ “丸山夏鈴 脳腫瘍から復帰!6・7池袋“七転八起ライブ””. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/16/kiji/K20140516008172230.html 2014年7月24日閲覧。 ※一部表記に間違いがある。
  26. ^ “がん闘病のアイドル丸山夏鈴さん死去、哀悼続々”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年5月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1481068.html 2015年6月28日閲覧。 
  27. ^ 丸山夏鈴は本日13時10分に静かに息をひきとりました”. チェリかめ(母親・まち子によるTwitter). Twitter (2015年5月22日). 2015年5月23日閲覧。
  28. ^ “【訃報】がんと闘ったアイドル丸山夏鈴さん死去”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2015年5月23日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/402843/ 2015年5月23日閲覧。 
  29. ^ 丸山夏鈴 (2011年12月21日). “ぱるる型ウイルス”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  30. ^ 丸山夏鈴 (2014年4月7日). “いわきの旅*アクアマリンふくしま編パート3”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  31. ^ 久しぶりにAdobe PremiereちゃんとAviutlちゃんと遊んでる\(^o^)/”. 丸山夏鈴. Twitter (2014年4月13日). 2015年5月29日閲覧。
  32. ^ メタセコイア”. 丸山夏鈴. Twitter (2014年8月24日). 2015年5月29日閲覧。
  33. ^ B.L.T. 吉田豪連載「ぶらり豪」(2013年10月号)
  34. ^ 衣装(酸素チューブ)です\(^o^)/www”. 丸山夏鈴. Twitter (2014年9月27日). 2015年5月29日閲覧。
  35. ^ てか、世界一、いや宇宙一酸素チューブが 似合うアイドルだと思うのですが( ˘•ω•˘ )”. 丸山夏鈴. Twitter (2014年9月27日). 2015年5月29日閲覧。
  36. ^ ここ数日のテレビ見てると丸山夏鈴ってアイドルはすごい! みたいに取り上げられてるけど、”. CHEEBOW(関根元和). Twitter (2015年5月22日). 2015年5月23日閲覧。
  37. ^ 丸山夏鈴 (2012年1月2日). “高校サッカーの応援に行ってきました”. 丸山夏鈴の「かりんの夢への階段」. 2015年5月23日閲覧。
  38. ^ 福島民友新聞 2010年12月19日

外部リンク[編集]