名古屋工業大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋工業大学短期大学部
大学設置/創立 1951年
廃止 1961年
学校種別 国立
本部所在地 愛知県名古屋市昭和区御器所町
学部 土木科第二部
電気科第二部
機械科第二部
工業化学科第二部
テンプレートを表示

名古屋工業大学短期大学部(なごやこうぎょうだいがくたんきだいがくぶ)は、愛知県名古屋市昭和区御器所町に本部を置いていた日本国立大学である。1951年に設置され、1961年に廃止された。学生募集は1958年度まで。1959年度より、名古屋工業大学工学部第二部の設置により短期大学は学生募集を停止し、1961年3月31日廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 名古屋工業大学短期大学部は、1951年に名古屋工業大学の夜間課程である短期大学部として併設されていた。4学科を擁していた。

学風および特色[編集]

  • 名古屋工業大学短期大学部は勤労の傍ら学業に励む人々に対して教育を開放することのねらいから、夜間部が設置されていた。

沿革[編集]

  • 1951年 名古屋工業大学短期大学部開学。
    • 土木科第二部
    • 電気科第二部
  • 1954年 機械科を増設する。学生数:男子45[2][3]
  • 1957年 工業化学科を増設する。
  • 1958年 学生募集が終了する。翌年度より工学部第二部へ移行。学生数は以下の通り。
    • 土木科第二部:男89[2][4]
    • 電気科第二部:男124[2][4]
    • 機械科第二部:男119[2][4]
    • 工業化学科第二部:男62[2][4]
  • 1961年 3月31日をもって正式に廃止[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市昭和区御器所町

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

  • 測量士補資格が土木科第二部において設置されていたものとみられる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 清水勤二:学長を歴任。名古屋工業大学と兼任。

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:当時、工学部と共同で使用。

Nagoya Institute of Technology.jpg


関連項目[編集]

関連サイト[編集]

名古屋工業大学短期大学部に関する書物[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』242頁より。
  2. ^ a b c d e 出典:『全国学校総覧
  3. ^ 昭和30年度版1369頁より。
  4. ^ a b c d 昭和34年度版15頁より。

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 入学定員は各学科とも40名となっていた。