イオンタウン千種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオンタウン千種
ÆON TOWN CHIKUSA
Aeon chikusa shopping center.JPG
店舗概要
正式名称 イオンタウン千種
所在地 464-0858
愛知県名古屋市千種区千種二丁目16番13号
座標 北緯35度9分42.3秒 東経136度55分26.2秒 / 北緯35.161750度 東経136.923944度 / 35.161750; 136.923944
開業日 2005年5月21日(プレオープン)
2005年5月28日(グランドオープン)
施設所有者 名古屋市
施設管理者 イオンタウン株式会社
敷地面積 30,828 m²
商業施設面積 23,331 m²
延床面積 46,343 m²
中核店舗 マックスバリュグランド千種若宮大通店
店舗数 MaxValu GRANDと94の専門店
営業時間 MaxValu/0:00-24:00
イオン専門店街/10:00-22:00
レストラン街/10:00-23:00
駐車台数 900台
外部リンク イオンタウン千種
ÆON TOWN

イオンタウン千種(イオンタウンちくさ)は、愛知県名古屋市千種区千種にある、イオンタウン株式会社が管理・運営を行っているショッピングセンターである。

通称は、イオン千種。同じイオングループの大規模店舗の東区イオンモールナゴヤドーム前熱田区イオンモール熱田の中間地点にある。

概要[編集]

都市再生機構中部支社が名古屋市と共同開発を進めていたサッポロビール名古屋工場跡地の千種アーススクエアにイオン株式会社が出店に名乗りを挙げて、2005年5月28日にグランドオープンをした。

しかし、出店に関しては地元住民や中部経済連合会や名古屋市商店街振興組合連合会などからや大規模店舗のイオンモール熱田に程近く(当時はまだイオンモールナゴヤドーム前は開業していない)、商圏構図の崩壊やイオンの商圏独占につながると非難を受けた事もある[要出典]

環境面では、イオンショッピングセンター初の試みとなるエコストアとして太陽光発電風力発電を導入、また一部の建築物壁面には緑化としてバイオラングなどが設置されており、イオン専門店街の2階にはタッチパネル式のエコインフォメーションが3台設置されている。

建築物は全2階層でマックスバリュグランド千種若宮大通店(2011年6月まではマックスバリュ。翌7月より、品揃えを通常店より充実させた「マックスバリュグランド」業態にリニューアルした)を核店舗として94の専門店で構成されており、マックスバリュグランド千種若宮大通店は西側1階部、イオン専門店街は1階マックスバリュを挟んでロータリー東側と2階部全面となっている。

マックスバリュグランド千種若宮大通店の運営会社はイオンリテール( - 2010年2月20日)、マックスバリュ中京(2010年2月21日 - 2013年3月1日)であったため、名古屋市内の大半のマックスバリュを運営しているマックスバリュ中部が発行していたマックスバリュポイントカード及び、このポイントカードの特典として発行された「お買物割引券」は利用できなかった。なお、マックスバリュポイントカードのサービスは2013年3月31日に終了している。

なお、JR東海中央本線の線路に面しているにもかかわらず、イオンモール熱田の一部店舗のように、使用できる電子マネーステッカーのSuicaの箇所を、JR東海のTOICAに張り替えている店舗はない。

2011年11月21日、運営会社をイオンリテール株式会社からイオンタウン株式会社に移管した上でSC名を「イオン千種ショッピングセンター」から「イオンタウン千種」に変更した。

テナント[編集]

マックスバリュグランド千種若宮大通店

以下は主要テナント

1階[編集]

2階[編集]

交通アクセス[編集]

自動車
  • 900台駐車場(2時間まで無料、1,000円以上の買物で更に1時間延長)
鉄道
路線バス
  • 名古屋市営バス・「千早」バス停下車。
    • 名古屋駅バス停から名駅17系統名古屋大学行に乗車。
    • 名古屋大学バス停から名駅17系統名古屋駅行に乗車。
    • 栄バス停から栄17系統名古屋大学行に乗車。
    • 名古屋大学バス停から栄17系統栄行に乗車。
自転車
  • 300台駐輪場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]