バーガーキング (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では、日本におけるバーガーキングの事業について解説する。

日本で展開したバーガーキング・フランチャイズ事業を手がけた企業は、

  1. 1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、独自にチェーン展開していた西武商事
  2. 1996年にアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携、事業を展開していたバーガーキングジャパン(旧)を設立したJT
  3. 2007年に共同出資会社バーガーキング・ジャパン(新)を設立したロッテリヴァンプ
  4. 2010年に上記会社を買収したロッテリア(韓国法人)朝鮮語版
  5. 2017年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を締結した投資ファンド、アフィニティ・エクイティ・パートナーズ英語版がある。

歴史[編集]

西武商事・JT運営期(1993年-2001年)[編集]

西武グループ系列企業の西武商事(現:西武プロパティーズ)が1993年に米バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、1993年9月22日西武池袋線入間市駅駅ビルにバーガーキング日本1号店となる入間店が開店した[1]

西武商事の運営方針としては、自社物件で保有する西武線沿線のテナントビルへの展開、プリンスホテルなどの西武グループリゾート施設内を活用した店舗事業展開を計画していたが[2]、米バーガーキング社との間で拡大戦略と事業展開についての意見の相違があり、後に[いつ?]既存店の営業は継続したまま、提携関係のみ解消することになった。

既存店の運営を引き継ぎ、日本市場でのバーガーキング事業を継承したのは、日本たばこ産業(JT)が1996年に設立したバーガーキングジャパン株式会社である。当時の米バーガーキング社の持株会社であるイギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携後、共同出資会社としてJTグランドメット株式会社を設立[2]。JTグランドメットが100%出資する子会社として、バーガーキングジャパン株式会社(旧)を設立した(登記上の設立年月日:1996年5月20日)。

バーガーキングジャパンでは、ブランドシナジー効果を早期に高めるため、森永グループレストラン森永が展開していた「森永LOVE」の事業を譲受してチェーン展開を進め、4年から5年の間に100店舗を出店する事業計画を掲げた[2]。当初は親会社がJTのため禁煙席は設置されなかったが、後に多くの店舗に設置することとなった。ただし日本撤退時まで全席禁煙の店舗はなく、多くの店舗は禁煙席の方が少なかった。

なおJTは、東急グループから事業を譲受してベーカリーカフェサンジェルマン」を運営するなど、食品産業にかかわっていた時期がある。JTグループ時代のサンジェルマンでも、パンをむき出しで売っているベーカリーにもかかわらず、イートインスペースでは喫煙可能であった(のちに運営会社が代わってからは全席禁煙となった)。

1990年代後半からは、日本マクドナルドが打ち出した平日半額キャンペーンなど低価格競争の激化や、西武グループの経営状況悪化もあり、メニュー単価が高いバーガーキングの店舗は客足が遠のき経営は悪化した。このため2001年3月末をもってバーガーキング・ジャパンは営業を終了し、日本から撤退した[3]

日本撤退に伴い、首都圏を中心に展開していたチェーン店の25店舗は2001年3月末までに営業終了した[4]。そのうち、西武商事が運営していた店舗は同じくハンバーガーチェーンを展開するサントリー系のファーストキッチン[5](現:ファーストキッチン・ウェンディーズ)、JTが運営していた店舗はロッテリアに売却された[6]

JTは、事業撤退を告知するニュースリリース中で「事業拡大の戦略・方法について意見が一致せず、事業の将来性を検討した結果、早期の撤退が最善と判断し決定した」と述べており、米バーガーキング本社と軋轢があったことを認めている[4]

法人としてのバーガーキングジャパン株式会社は、撤退直後に役員変更が1回行われた後は休眠状態で、2005年3月31日付で解散するまでの約4年間も放置されていた。8月17日特別清算開始、12月6日に特別清算終結決定し、完全消滅した。

ロッテ・韓国ロッテリア運営期(2007年-2019年)[編集]

株式会社バーガーキング・ジャパン
Burger King Japan
Burger King (Naka-ku, Nagoya).jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0082
東京都千代田区一番町1-16-1
共同ビル一番町3階
設立 2006年11月29日
業種 食料品
法人番号 1011001103062
事業内容 食品製造および販売
代表者 代表取締役 李東炯
資本金 1億円
純利益 ▲5億2684万円
(2020年12月31日時点)[7]
総資産 20億5984万8000円
(2020年12月31日時点)[7]
主要株主 ビーケージャパンホールディングス
テンプレートを表示
日本再進出1号店である新宿アイランドイッツ店のオープン当日の様子

2006年11月29日、「ロッテリア」を運営するロッテと、ロッテリア再建に携わる企業支援会社リヴァンプ(REVAMP)が共同出資し、新会社「株式会社バーガーキング・ジャパン」を資本金1億円で設立した[8]。米バーガーキング社(BKC)と2006年12月15日フランチャイズ契約を締結[9]した。本社はリヴァンプ本社と同じ東京都渋谷区笹塚サウスビルに置き、初代代表取締役社長には日本マクドナルドゼンショー時代の日本ウェンディーズでハンバーガー事業に携わった経歴を持つ笠真一が就任した[10]

日本再上陸第1号店として2007年6月8日東京都新宿区西新宿6丁目の「新宿アイランドタワー」内に「新宿アイランドイッツ店」として開店した(2011年8月31日閉店)[10]。初日開店前には約700人が行列するなど賑わいをみせ、メディアでも報じられた[10][8]。また、同店のオープンを記念し、日本限定の新メニューとしてテリヤキワッパーが発売された[8]

出店目標を2010年3月までに日本国内で50店舗と発表。JT時代と異なり店内は全面禁煙だが完全分煙の喫煙室を設置する店舗もある。

当初の出店地域は首都圏1都3県のみだったが、2011年7月以降は「なんばセンター街店」(大阪)[11]をはじめとする関西にも店舗を設けており、新規出店の店舗に加え、渋谷センター街店のようにロッテリアの跡地に出店する場合[12]もあれば、池袋店・新宿西口店など近隣複数のロッテリア店舗を転換して出店する場合もある。

2010年8月21日、ロッテリア(韓国法人)が、ロッテらから負債約14億円引き継ぎを条件に、バーガーキング・ジャパンを1,400ウォン(100円)で買収した[13][14]。この買収が発表された9月2日には、アメリカのバーガーキングも投資会社3Gキャピタルによって約32億6000万ドルで買収されることで合意した[15]ことを発表している。

2017年にアフィニティ・エクイティ・パートナーズが新たにフランチャイズ契約を締結した後も、ロッテリア(韓国法人)が運営する店舗は平行して営業を続けていたが、2019年5月に全22店舗を閉店[16]。同年9月、ロッテリア(韓国法人)は、毎年100億ウォン台の赤字を計上していたことを理由に、バーガーキングを運営するバーガーキング・ジャパンホールディングスの全株式をアフィニティ・エクイティ・パートナーズに100億ウォンで売却した[17]

沿革(ロッテ・韓国ロッテリア運営期)[編集]

アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期(2017年-)[編集]

株式会社ビーケージャパンホールディングス
BK Japan Holdings
Burger King 2020.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0082
東京都千代田区一番町1-16-1
共同ビル一番町3階
設立 2017年9月5日
業種 食料品
法人番号 2011001118150
事業内容 食品製造および販売
代表者 代表取締役 ダニエル・リー
支店舗数 123店舗(2021年5月27日時点)[55]
主要株主 アフィニティ・エクイティ・パートナーズ
外部リンク https://www.burgerking.co.jp/#/home
テンプレートを表示

2017年10月7日、バーガーキングアジアパシフィック株式会社と、香港の投資ファンド、アフィニティ・エクイティ・パートナーズが、マスターフランチャイズ契約を締結したと発表[56]。アフィニティ社は、日本におけるバーガーキング事業の運営会社としてBKジャパンホールディングスを設立し、店舗展開を行うこととした[56][57][58]

BKジャパンホールディングスでは積極的な店舗展開を続けるとし、2019年5月に閉店したロッテリア(韓国法人)系の22店舗とほぼ同数の20店舗を、2019年末までに新規オープンするとした[16][59]。また同社では運営母体の変更に伴い、店舗ブランドの再構築を進める方針としている[54]

なお、アフィニティ・エクイティ・パートナーズは2016年に韓国のバーガーキングを買収している[60]

沿革(アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期)[編集]

在日米軍基地内のバーガーキング[編集]

在日アメリカ軍基地(陸・空・海兵隊)のPX/BX内にあるバーガーキングは、一般消費者向けの店舗展開・撤退の影響を受けずに存在している。基地の敷地内は日本の統治管轄外であるアメリカ軍の軍事施設であるため、オープンベース(基地公開)の日以外は一般人は店舗に入店できない。横田基地など公開エリア外に店舗が所在する場合もある。

日本国内で基地公開日にバーガーキングを利用できる可能性が高いのは、三沢座間岩国嘉手納の各基地である。国際情勢の変化等により、公開エリアの縮小あるいは基地公開自体の中止もある。

バーガーキングの存在が確認されている在日米軍基地は以下のとおり。

メニュー[編集]

テリヤキワッパー
黒バーガー

日本のバーガーキングでは、通常のワッパーのほかにも、テリヤキワッパーが存在する。 このメニューはバーガーキングジャパンが日本市場向けに開発したメニューであり、大型ハンバーガーのテリヤキワッパー(Whopper Teriyaki)、小型ハンバーガーのテリヤキワッパーJr.(Whopper Teriyaki Jr.)メニューが導入された[91]

ワッパーとの違いは、ケチャップの代わりに生姜と醤油をベースにしたテリヤキソースを使用する点である[92]

2010年9月には、テリヤキワッパーに代えて、トマトなど一部具材を抜いてよりテリヤキソースと相性のよい組み合わせとなったグリルTeriyaki及びグリルTeriyaki Jr.が導入された[93]。2012年夏以降は、レギュラーメニューで用意されるのはワッパーJr. サイズのBKテリヤキのみとなった。

2020年時点では、テリヤキワッパー、テリヤキワッパーJr.ともに、レギュラーメニューに掲載されている。

このほかにも、期間限定のメニューが提供されたケースもある。 たとえば、2011年7月21日には、関西エリア初出店となる「なんばセンター街店」のオープンを記念して、期間限定メニューとして「どろソース ワッパー」が販売された[11]。 また、2012年には黒い食材をつかった「黒バーガー」が発売され[94]、2013年には「黒NINJA」[95]が、2014年には『KURO Pearl(KUROパール)』と、『KURO Diamond(KURO ダイヤモンド)』[96]がそれぞれ発売された。さらに、2015年には『KURO SHOGUN(黒将軍)』と『KURO TAISHO(黒大将)』に加え、赤い食材を使った『AKA SAMURAI CHICKEN(赤侍鶏)』と『AKA SAMURAI BEEF(赤侍牛)』も発売された[97]

サービス[編集]

クーポン[編集]

バーガーキングのクーポン券は、主にチラシ式のものと、携帯電話の見せるクーポン方式の2タイプがあった。携帯電話型のクーポンは、以前はSNSモビオンと提携をしていたが、その後は自社独自サービスとしてクーポン会員には随時クーポン配信メールが配信され、季節ごとのクーポンが着信する方式となった。

また日本国内では、公式ホームページに掲載されているクーポンの画像がチラシ式(プリンターなどでプリントアウトして使用する)と携帯電話で見せる方式を兼用していた。

日本国内では2021年現在、スマートフォンの自社アプリでクーポンを配信する方式に変わっている。

公衆無線LAN[編集]

日本国内の店内ではNTTドコモが展開するdocomo Wi-Fimopera U公衆無線LAN)とNTT東日本・西日本が展開するフレッツスポット公衆無線LANサービスを利用することができ、パソコンスマートフォン、ゲーム機などで高速なインターネット通信ができる。

広報[編集]

バーガーキングでは、特別なタイミングや、重要とされるエリアへの新規出店をする際、準備中の店にプロモーションを行うことがあり、たとえば2020年4月のゆめタウンみゆきへの出店に当たっては、広島東洋カープの応援を縦読みで表現したオープン告知文が用いられた[98]

また、このような広告のうち、『バーガーキング下北沢店、作ってんで!』[注釈 1](バーガーキング下北沢店)と、『私たちの勝チ』[注釈 2](バーガーキング秋葉原昭和通り店)は、いずれも反響を呼び、「ADFEST2021」の複数の部門において受賞している[98]

『バーガーキング下北沢店、作ってんで!』は、「下北沢にバーガーキングを出店してほしい」というTwitter上の意見とバーガーキング側のやり取りをもとにした広告であり、準備中の下北沢店に張り出されたことで話題となり[99]、後にADFESTでOUTDOOR部門の銀賞を受賞した[98]

『私たちの勝チ』は、一見するとバーガーキングの近くにあるマクドナルドに対して感謝と励ましの言葉に見えるが、縦読みすると「私たちの勝チ」と読める仕掛けが施されている[98]。 同広告の制作のきっかけは、2020年下旬にバーガーキングが競合店を調査する中で、バーガーキングの近所にあったマクドナルド秋葉原昭和通り店の閉店を知り、長年のライバルであるマクドナルドへの感謝と経緯、そしてライバルとしてのメッセージを両立したいと考えたことにある。また、担当者はねとらぼとのインタビューの中で、これをきっかけに自社の知名度向上に努めたいと考えていたとも話している[98]

同広告の文面はバーガーキングのマーケティング部と太陽企画のコピーライターが制作したものであり、バーガーキングの広報担当者がねとらぼに語ったところによると、制作期間が3日間しかなかったため、短期集中で制作したとされている[98]

同広告はTwitter上で賛否両論を呼んだ[100]。バーガーキングの担当者は、ポスターを見て何を感じたり、それについて意見を表明するのはお客様人次第だとJ-CASTに寄せたコメントの中で述べている[101]。 一方、マクドナルドはハフィントンポストの取材に対し、他社の広告活動であるとしてコメントを差し控えるとしつつも、「私たちが向き合うべきは、これまでご愛顧いただいたお客様です。取材の場を借りて、心からの感謝を伝えさせてください」と話している[102]。 また、「私たちの勝チ」を「わすれないよ」と読めるようにする文面のタイプに差し替えたという情報も流れたが、のちにこれは第三者が作成したものであることが判明した[103]

同広告は、「ADFEST 2021」にて、PR部門(サブカテゴリ:PR Effectiveness)とOUTDOOR部門(サブカテゴリ:Ambient : Small Scale)にてそれぞれ銅賞を受賞した[104]

不祥事[編集]

バーガーキング・ジャパンは2013年8月2日、ある店舗内において廃棄予定の食材の上に従業員が寝そべっている写真がインターネット上に公開されていたことが判明したため、当該店舗ならびに従業員に対し厳重処分を下した、と発表して謝罪した[105]。また同社は、当該食材は発注ミスにより大量に残ったもので、確実に廃棄され客に提供された事実は一切なかったと述べた上で、大量廃棄に至ったことも含めて反省し社内コンプライアンス強化に努めるとした[105]。ただし同社は、本件の発生店舗名や従業員に対する処分の具体的な内容などは公表していない。

問題の投稿は、2013年6月25日付のTwitter個人アカウントにより掲載されたもので、ツイートに記載された商品名、写真に映った食材の包装紙や従業員の制服を見た閲覧者から、バーガーキングに対する苦情が多数寄せられ事態が発覚した[106]

なお、2013年はこうした「バイトテロ」「バカッター」と呼ばれる不祥事が同社以外でも大量発生した年であり、これを機に飲食店小売業などのサービス業を中心に、アルバイトを含む従業員に対するSNS利用への指導が強化されることとなった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 名称は太陽企画のホームページより。ADFEST 2021では、TRUE KING LISTENS
  2. ^ 名称は太陽企画のホームページより。ADFEST 2021では、SEE YOU & THANK YOUと表記されている。

出典[編集]

  1. ^ 「バーガーキング1号店開業」朝日新聞、1993年9月22日付
  2. ^ a b c “バーガーキングが日本再上陸、リヴァンプとロッテが支援”. 日経BP社. (2007年6月6日). オリジナルの2007年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070609133506/https://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/news/070606_burgerking/ 2021年5月20日閲覧。 
  3. ^ “バーガーキング社の日本撤退の背景”. 月刊飲食店経営 (2001年5月号). http://www.sayko.co.jp/article/syogyo/insyoku/2001/2001-5-2.html 2021年5月20日閲覧。. 
  4. ^ a b ハンバーガー事業に関わる事業資産の株式会社ロッテリアへの譲渡について 日本たばこ産業 ニュースリリース、2001年2月5日(アーカイブ)
  5. ^ 「西武商事がハンバーガーチェーン『バーガーキング』事業から撤退」日本経済新聞、2001年3月1日付
  6. ^ 日本タバコ産業はバーガーキングの全店舗を3月末でロッテリアに売却「Weekly Food104 Magazine」2001年02月07日号
  7. ^ a b 株式会社バーガーキング・ジャパン 第7期決算公告
  8. ^ a b c “再上陸”バーガーキングの日本第1号店、新宿にオープン”. ITmedia ビジネスオンライン (2007年6月8日). 2021年5月20日閲覧。
  9. ^ ロッテとリヴァンプ両社共同で新会社「株式会社バーガーキング・ジャパン」を設立
  10. ^ a b c “6年前撤退のバーガーキングが再上陸 再起に挑む - 食”. 朝日新聞. (2007年6月9日). オリジナルの2007年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071103020228/http://www.asahi.com/food/news/TKY200706090193.html 2021年5月20日閲覧。 
  11. ^ a b c なんばに関西初「バーガーキング」オープン迫る-どろソースワッパーも”. なんば経済新聞 (2011年7月19日). 2021年5月20日閲覧。
  12. ^ 渋谷センター街に「バーガーキング」-ロッテリア跡、7年ぶりに復活”. シブヤ経済新聞. 2021年5月20日閲覧。
  13. ^ “「買収額100円」韓国ロッテリアが日本のバーガーキングを買収”. サーチナ. (2010年9月3日). https://news.livedoor.com/article/detail/4986384/ 2016年3月8日閲覧。 
  14. ^ “韓国ロッテリア、日本のバーガーキングを買収”. 日本経済新聞. (2010年9月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD020EZ_S0A900C1000000/ 2016年3月8日閲覧。 
  15. ^ 米バーガーキングが身売りで合意、負債含め約40億ドル(2010年9月3日、ロイター
  16. ^ a b c 迷走するバーガーキング、前運営会社店舗を閉店。香港ファンドが再チャレンジ。”. フードリンクニュース (2019年5月21日). 2021年5月20日閲覧。
  17. ^ 【韓国】ロッテ持ち株、日本バーガーキング株売却[サービス]”. NNAニュース (2019年9月5日). 2021年5月20日閲覧。
  18. ^ a b c d 西新宿に日本再上陸の「バーガーキング」1号店-「ワッパー」も登場”. 新宿経済新聞 (2007年4月12日). 2021年3月8日閲覧。
  19. ^ a b c 【閉店】バーガーキング 新宿アイランドイッツ店 (西新宿/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  20. ^ 新宿アイランドit's レストラン&ショップ” (日本語). 新宿アイランドタワー. 2021年3月8日閲覧。
  21. ^ オニオンリングを発売 バーガーキング公式ホームページから。(PDFファイル)
  22. ^ 5/29【閉店】バーガーキング 西武新宿店”. 開店閉店.com (2011年5月19日). 2021年3月8日閲覧。
  23. ^ a b c 8/16【開店】バーガーキング 河原町三条店” (日本語). 開店閉店.com (2011年8月14日). 2021年3月8日閲覧。
  24. ^ 8/31【閉店】バーガーキング 新宿アイランドイッツ店” (日本語). 開店閉店.com (2011年8月26日). 2021年3月8日閲覧。
  25. ^ 8/31【閉店】バーガーキング 川越クレアモール店” (日本語). 開店閉店.com (2011年8月26日). 2021年3月8日閲覧。
  26. ^ a b c 9/8【開店】バーガーキングアメリカ村店” (日本語). 開店閉店.com (2011年9月6日). 2021年3月8日閲覧。
  27. ^ 【閉店】バーガーキング 京成船橋店 (京成船橋/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  28. ^ 9/25【閉店】バーガーキング京成船橋店” (日本語). 開店閉店.com (2011年9月18日). 2021年3月8日閲覧。
  29. ^ バーガーキング 川口キュポ・ラ店 (川口/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  30. ^ a b c 11/20【開店】バーガーキング川口キュポ・ラ店” (日本語). 開店閉店.com (2011年11月18日). 2021年3月8日閲覧。
  31. ^ a b 11/29【開店】バーガーキング 四条河原町店” (日本語). 開店閉店.com (2011年11月27日). 2021年3月8日閲覧。
  32. ^ 【閉店】バーガーキング みなとみらい店 (みなとみらい/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  33. ^ 11/30【閉店】バーガーキングみなとみらい店” (日本語). 開店閉店.com (2011年11月27日). 2021年3月8日閲覧。
  34. ^ 12/7【開店】小田急マルシェ町田”. 開店閉店.com (2011年12月5日). 2021年3月8日閲覧。
  35. ^ あびこショッピングプラザ”. あびこショッピングプラザ. 2021年3月8日閲覧。
  36. ^ 【閉店】バーガーキング あびこショッピングプラザ店 (我孫子/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  37. ^ 1/15【閉店】バーガーキングあびこショッピングプラザ店” (日本語). 開店閉店.com (2012年1月13日). 2021年3月8日閲覧。
  38. ^ 1/15【閉店】バーガーキング小田原ダイナシティ店” (日本語). 開店閉店.com (2012年1月13日). 2021年3月8日閲覧。
  39. ^ 【閉店】バーガーキング 京橋コムズガーデン店 (京橋/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  40. ^ 【閉店】バーガーキング京橋コムズガーデン店” (日本語). 開店閉店.com (2012年2月6日). 2021年3月8日閲覧。
  41. ^ 3/24【開店】バーガーキング アクアシティお台場店” (日本語). 開店閉店.com (2012年3月23日). 2021年3月8日閲覧。
  42. ^ 北海道初「バーガーキング」も出店する小樽駅店舗エリア、4/25オープン!” (日本語). マイナビニュース (2012年3月24日). 2021年5月20日閲覧。
  43. ^ 4/27【開店】バーガーキング北心斎橋店” (日本語). 開店閉店.com (2012年4月25日). 2021年3月8日閲覧。
  44. ^ 【閉店】バーガーキング 新宿西口店 (新宿/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  45. ^ 5/6【閉店】バーガーキング新宿西口店” (日本語). 開店閉店.com (2012年5月5日). 2021年3月8日閲覧。
  46. ^ a b 5/16【開店】バーガーキング四谷3丁目店” (日本語). 開店閉店.com (2012年5月22日). 2021年3月8日閲覧。
  47. ^ 6/27【開店】バーガーキング 新高円寺駅前店” (日本語). 開店閉店.com (2012年6月27日). 2021年3月8日閲覧。
  48. ^ a b 7/6【開店】バーガーキングイオンタウン千種店” (日本語). 開店閉店.com (2012年7月4日). 2021年3月8日閲覧。
  49. ^ a b バーガーキング、札幌・白石に国内初のドライブスルー店-7月開業へ”. 札幌経済新聞. 2021年5月20日閲覧。
  50. ^ a b 7/25【開店】バーガーキング野猿街道東中野店” (日本語). 開店閉店.com (2012年7月24日). 2021年3月8日閲覧。
  51. ^ 株式会社ロジスティクス・パートナー. “バーガーキング/沖縄1号店、11日開店”. 流通ニュース. 2021年5月20日閲覧。
  52. ^ a b 【閉店】バーガーキング キュービックプラザ新横浜店 (新横浜/ハンバーガー)” (日本語). 食べログ. 2021年3月8日閲覧。
  53. ^ 10/4【開店】バーガーキング キュービックプラザ新横浜店” (日本語). 開店閉店.com (2012年10月3日). 2021年3月8日閲覧。
  54. ^ a b c d 新横浜駅の飲食街「ぐるスト」、お好み焼き・そば・ハンバーガーの3店が閉店” (日本語). 新横浜新聞(しんよこ新聞) (2020年1月6日). 2021年3月8日閲覧。
  55. ^ 「バーガーキング」日本で最近人気が急上昇のワケ”. 東洋経済オンライン. 2021年6月10日閲覧。
  56. ^ a b 株式会社ロジスティクス・パートナー (2017年10月17日). “バーガーキング/投資ファンドが日本でのマスターフランチャイズ契約を締結”. 流通ニュース. 2021年3月8日閲覧。
  57. ^ バーガーキングとアフィニティ・エクイティ・パートナーズ、日本におけるマスターフランチャイズ契約を発表” (日本語). 日本経済新聞 電子版 (2017年10月17日). 2021年3月8日閲覧。
  58. ^ “バーガーキング、日本での運営権を香港投資ファンドに”. 朝日新聞. (2017年10月17日). https://www.asahi.com/articles/ASKBK5Q1TKBKULFA01F.html 2017年11月15日閲覧。 
  59. ^ 株式会社ロジスティクス・パートナー (2019年5月20日). “バーガーキング/ブランド再構築で22店閉店、20店出店を計画”. 流通ニュース. 2021年5月20日閲覧。
  60. ^ “韓経:韓国バーガーキング大株主のアフィニティ、20年間日本でバーガーキング運営へ”. 韓国経済新聞. (2017年10月17日). https://japanese.joins.com/JArticle/234457 2017年11月16日閲覧。 
  61. ^ a b c d バーガーキング/イオンモール成田、イオンモール土浦など3店出店”. 流通ニュース. 株式会社ロジスティクス・パートナー (2019年7月12日). 2021年3月8日閲覧。
  62. ^ バーガーキング/イオンモール成田、イオンモール土浦など3店出店”. 流通ニュース. 株式会社ロジスティクス・パートナー (2019年7月12日). 2021年3月8日閲覧。
  63. ^ a b c バーガーキング/神奈川、千葉に3店舗オープン”. 流通ニュース. 株式会社ロジスティクス・パートナー (2019年8月2日). 2021年3月8日閲覧。
  64. ^ 【開店】バーガーキング綱島駅前店” (日本語). 開店閉店.com (2019年8月25日). 2021年3月8日閲覧。
  65. ^ 【開店】バーガーキング仙川店”. 開店閉店.com (2019年11月10日). 2021年3月8日閲覧。
  66. ^ 【閉店】バーガーキング® 新宿京王モール店” (日本語). 開店閉店.com (2020年9月16日). 2021年3月8日閲覧。
  67. ^ 【開店】バーガーキング® イオン葛西店” (日本語). 開店閉店.com (2020年11月3日). 2021年3月8日閲覧。
  68. ^ 【開店】バーガーキング® イオン藤井寺ショッピングセンター店” (日本語). 開店閉店.com (2020年11月11日). 2021年3月8日閲覧。
  69. ^ 【開店】イオンタウンふじみ野” (日本語). 開店閉店.com (2020年11月20日). 2021年3月8日閲覧。
  70. ^ 【開店】イオンタウン 岡崎美合” (日本語). 開店閉店.com (2020年11月26日). 2021年3月8日閲覧。
  71. ^ 【開店】バーガーキング® ニューポートひたちなか店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月2日). 2021年3月8日閲覧。
  72. ^ 【開店】イオンモール上尾” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月3日). 2021年3月8日閲覧。
  73. ^ 【開店】バーガーキング® 蕨駅東口店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月9日). 2021年3月8日閲覧。
  74. ^ 【開店】バーガーキング® ゆめタウン東広島店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月14日). 2021年3月8日閲覧。
  75. ^ 開店閉店.com (2020年12月14日). “【開店】バーガーキング® 国立店” (日本語). 開店閉店.com. 2021年3月8日閲覧。
  76. ^ 【開店】バーガーキング® リノアス八尾店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月16日). 2021年3月8日閲覧。
  77. ^ 【開店】バーガーキング® イオンモール浜松市野店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月19日). 2021年3月8日閲覧。
  78. ^ 【開店】バーガーキング® イオンタウン富士南店” (日本語). 開店閉店.com (2020年12月19日). 2021年3月8日閲覧。
  79. ^ 【開店】バーガーキング® 祖師ヶ谷大蔵店” (日本語). 開店閉店.com (2021年1月20日). 2021年3月8日閲覧。
  80. ^ 【開店】バーガーキング® 千歳烏山店” (日本語). 開店閉店.com (2021年1月20日). 2021年3月8日閲覧。
  81. ^ 【開店】バーガーキング® アトレ信濃町店”. 開店閉店.com (2021年1月31日). 2021年3月8日閲覧。
  82. ^ 【開店】バーガーキング® イオンモール幕張新都心店”. 開店閉店.com (2021年2月24日). 2021年3月8日閲覧。
  83. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Burger King - Bldg 526”
  84. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Food Court”
  85. ^ 運営するYokota Main ExchangeのサイトにはCamp Fuji Exchange/ Food Facilitiesにバーガーキングの記載なし。海兵隊のキャンプ富士の施設一覧にも記載なし。 Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Camp Fuji Exchange/ Food Facilities Bldg. 110” Facilities” (英語). 2021年6月8日閲覧。
  86. ^ crossroads mall(bldg. 410)とthe hangar(bldg. 1600)の2店舗が存在。Fast Food | MCCS Iwakuni” (英語). 2021年6月8日閲覧。
  87. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Food Court”
  88. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Burger King - Bldg. 980” フードコートにも店舗の記載あり。
  89. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Burger King - Bldg 526”
  90. ^ Shop Army & Air Force Exchange Service” (英語). 2021年6月8日閲覧。 “Food Court”
  91. ^ バーガーキング、6年ぶり日本に再上陸”. IBTimes (2007年6月8日). 2007年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月20日閲覧。
  92. ^ “バーガーキング、メニュー概要を発表-日本限定テリヤキワッパーも”. 新宿経済新聞. (2007年6月1日). オリジナルの2021年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210225235827/https://shinjuku.keizai.biz/headline/197/ 2021年5月20日閲覧。 
  93. ^ 直火焼きビーフパティにテリヤキソース--バーガーキング「グリルTeriyaki」”. マイナビニュース (2010年9月16日). 2021年5月20日閲覧。
  94. ^ 真っ黒な「黒バーガー」をバーガーキングに食べに行ってきました”. GIGAZINE (2012年9月28日). 2021年5月20日閲覧。
  95. ^ バーガーキングの「黒NINJA」はアメリカンだが和風な味付けのハンバーガー”. GIGAZINE. 2021年5月20日閲覧。
  96. ^ ASCII. “チーズまでブラック! 進化系「黒バーガー」がバーガーキングにかえってきた” (日本語). 週刊アスキー. 2021年5月20日閲覧。
  97. ^ ナベコ (2015年6月17日). “真っ赤!バーガーキングで見た目ヤバめな「赤いハンバーガー」”. 週刊アスキー. 2021年5月20日閲覧。
  98. ^ a b c d e f 沓澤真二 (2021年5月1日). “バーガーキングの縦読み広告「私たちの勝チ」がまさかの国際広告賞受賞 制作期間はわずか3日、大胆な挑戦はなぜ実現できた?”. ねとらぼ. 2021年5月1日閲覧。
  99. ^ 沓澤真二. “バーガーキングファン「下北沢店作って」公式「作ってんで!」 → 建設中の店舗にツイートがババーンと貼り出され大盛りあがり”. ねとらぼ. 2021年5月9日閲覧。
  100. ^ 沓澤真二. “閉店するマクドナルドに2軒隣のバーガーキングが送ったメッセージが感動的 でも縦読みすると……”. ねとらぼ. 2021年5月19日閲覧。
  101. ^ 笹木萌 (2020年1月31日). “閉店するマックへ「私たちの勝チ」 ネット騒然「恐怖の縦読み」の真相、バーガーキングに聞くと...(全文表示)|Jタウンネット”. Jタウンネット. J-CAST. 2021年5月1日閲覧。
  102. ^ バーガーキングが閉店するマックに、広告で胸熱なメッセージ。と思ったのに、縦読みすると…” (日本語). ハフポスト (2020年1月31日). 2021年5月20日閲覧。
  103. ^ バーガーキングが「縦読み」差し替え?→誤情報です 実は個人発の感謝メッセージ、作者は反省・困惑” (日本語). J-CAST ニュース (2020年2月2日). 2021年5月1日閲覧。
  104. ^ ADFEST 2021 WINNERS LIST” (2021年4月8日). 2021年5月1日閲覧。
  105. ^ a b 【お詫び】当社アルバイト従業員によるオンライン上への店舗撮影画像公開に関して バーガーキング公式ページ内新着ニュース、2013年8月2日、2013年8月19日閲覧(アーカイブ)
  106. ^ 「バーガーキング」店でも「不潔」写真 運営会社が謝罪、従業員に厳重処分 J-CASTニュース、2013年8月2日、2013年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]