笠真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笠 真一(かさ しんいち、1952年10月6日 - )は日本の経済人。元バーガーキング・ジャパン社長。大阪府出身。

1976年立命館大学産業社会学部を卒業し、「給料がいいから」と日本マクドナルドに入社。1989年、日本マクドナルドの海外子会社「California Family Restaurant, Inc.」の統括責任者に。帰国後、関西地区の営業部、販売部などを得て、1999年、ナショナルフードサービス部長に就任。2002年、携帯電話を使った商取引への参入を目的に「エブリデイ・ドット・コム」(大前研一社長)との共同出資で設立した新会社「エブリデイ・マック」の社長に就任したが計画通りの結果が得られずに事業を休止。

その後、日本マクドナルド営業推進本部長に就任するも業績を上げられず解任。その後は日本ウエンディーズ社長に就任するも短期で解任。2006年11月、日本再出店を目指すバーガーキング・ジャパン社長に就任したがこれも短期間で解任。

ウェンディーズについては売上不振のため、2009年12月10日、親会社のゼンショーが米国ウェンディーズ・アービーズグループとのフランチャイジー(FC)契約が2009年12月末で期間満了となるのを機に契約を継続せず終了する旨を発表し、全店閉店が発表された。