粉食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

粉食(ふんしょく)とは、穀物等を、挽いて粉に(製粉)し、パンなどに加工して食べること。粉食文化は全世界に分布し、利用される穀物も小麦のほか、イモ類・トウモロコシ、雑穀など、地域により様々である。粉食に対し、北東アジアから南アジアの米飯のように、穀物を粒のまま食べることを粒食という。

調理方法[編集]

粉を食用にするには、粉を水などと均一に混ぜて捏ねペースト状、ないし液状のものにし、これを(場合により成形してから)加熱調理する場合が多い。このような水などとの混合物を生地という。パスタ(ペースト、パテと同語源)とはこのような生地から製した食品を指す言葉である。このほか、粉に湯を加えてそのまま食し(蕎麦掻きなど)、あるいは粉を固めて食用とする(落雁など)場合もある。

主な食用の粉[編集]

粉を加工した食品[編集]

麺類[編集]

パン類[編集]

菓子類[編集]

軽食類[編集]

特に関西圏で、たこ焼きやお好み焼き等の小麦粉を調理した軽食は、「粉もん」などと呼ばれる。

その他[編集]

日本各地の粉加工食品[編集]

北海道地方

東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方

参考文献[編集]

  • 安達巌著『日本の粉食民俗史』(『食の風俗民俗名著集成』第3巻)『東京書房社、1985年3月
  • 柏企画編『粉物のすすめ 信濃は小麦粉消費大国』柏企画、2003年9月
  • 熊谷真菜著『たこやき 大阪発おいしい粉物大研究』(『講談社文庫』)、講談社、1998年5月、ISBN 4062638002
  • 向後紀代美ほか著『粉食文化と肉食文化』(『シリーズ食文化の発見』、『世界編』3)柴田書店、1981年3月
    • 参考文献リスト: p285 - 308、叢書の編者: 日本観光文化研究所
  • 総理府大臣官房審議室編『食生活(粉食)に関する世論調査 調査報告書』食生活改善協会、1955年
  • 粉食栄養料理研究会編『めん類・粉食・パン食 栄養料理の献立』第一出版、1954年、1958年 改訂版
  • 『大麦めん 大麦と粉食化技術』食品出版社、1982年10月
  • 『粉食の栞』生活科学化協会、1946年
  • 『粉食文化のパイオニア 日本製粉』(『企業の現代史』46)、フジ・インターナショナル・コンサルタント出版部、1964年
  • 『こなものがっこう』(フレーベル館)2017年10月

外部リンク[編集]