チヂミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チヂミ
市場で売られるチヂミ
各種表記
ハングル 부침개, 부침, 전병, 지짐, 지짐이, 지짐개
漢字 (無し), (無し), 煎餠, (無し), (無し), (無し)
発音 プチムゲ、プチム、チョンビョン、チジム、チジミ、チジムゲ
ローマ字転写: buchimgae, buchim, jeonbyeong, jijim, jijimi, jijimgae
テンプレートを表示

チヂミ지짐이[1]または지짐[2])またはチジミは、韓国料理の一つ。様々な食材を溶いた小麦粉などと合わせ、油で平たく焼いた粉食の日になるとチヂミを食べる俗習があるが、これはチヂミを焼く音と雨の降る音が似ているため。荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を調えるという意味合いもある。祭祀に欠かせない料理でもある。

地方によってさまざまなチヂミがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみ深い料理となっている。

呼称[編集]

日本で広く知られる「チヂミ」という呼称は方言に由来し、韓国の標準語ではプチムゲ(プッチムゲ、부침개)またはチョン(ジョン、、漢字では煎)と呼ぶことが一般的である[3]。厳密には、プチムゲは食材と溶いた粉を練り混ぜて焼いたもの、チョンは食材に衣を付けて焼いたものという違いがあるが、広義のプチムゲにはチョンが含まれ(反対は成立しない)、両者の区別が曖昧な場面もある。

国立国語院の標準国語大辞典は、지짐이(チジミ)について「油で焼いた食べ物の総称」として掲載し、江原道方言ではチョニャ(저냐、チョンの一種)を意味するとしている[1]지짐(チジム)については、江原道でチョニャ、慶尚北道ピンデトッ빈대떡、韓国式おやき)、慶尚北道および平安道でティギム(튀김、韓国式天ぷら)を意味する方言としている[2]。なお、지짐이は、クッ(、スープのこと)よりも汁気が少ない煮込み料理を指す言葉でもある(同音異義語)[4]

日本語としてカタカナ表記する際、現代は四つ仮名を区別しないため、内閣府告示の「外来語の表記」の原則に従えば「チジミ」になるが、「チヂミ」と表記することが定着しており、NHKでも2015年から特例で「チヂミ」と表記している[5]。「韓国お好み焼き」と呼ばれる場合もある[5]

日本では「チヂミ」と「パジョン」(파전)が同義であると誤解されることがあるが、パジョンはパ(ネギ)を使ったチョンという意味であり、チヂミと呼ばれうる数あるメニューの一つにすぎない。

作り方[編集]

小麦粉米粉に適当な具(タマネギニラニンジンネギなど)を混ぜ合わせ、タネを作る。これにキムチを加えると「キムチチヂミ」、イカカキホタテ貝柱などの海産物を入れると「海鮮チヂミ」になる。お好み焼きよりも水を多めに加え、やや緩めに作るのが薄く焼くコツである。

熱したフライパンに多めのサラダ油を引き、タネを流し入れ、強火で揚げるように焼き、焦げ目が付いたら弱火で火を通す。仕上がり際にフライパンの肌にごま油を垂らすと香ばしくなる。

焼いたチヂミに包丁で切れ目を入れ、タレにつけて食べる。タレは醤油・ごま油・コチュジャン胡麻・刻みネギなどを好みで合わせて作る。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 지짐-이02”. 標準国語大辞典. 国立国語院. 2017年5月29日閲覧。
  2. ^ a b 지짐02”. 標準国語大辞典. 国立国語院. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 韓国語で「チヂミ、지짐이(チヂミ)」意味とは”. Kpedia. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 지짐01”. 標準国語大辞典. 国立国語院. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ a b 韓国料理の「チジミ」?「チヂミ」?”. 放送現場の疑問・視聴者の疑問. NHK放送文化研究所 (2015年8月1日). 2015年8月2日閲覧。

関連項目[編集]