おやき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お焼き。平鍋で表面を乾かした後、囲炉裏の灰に埋めて蒸し焼きにする。

おやき(お焼き、御焼き)は、小麦粉蕎麦粉などを水で溶いて練り、薄くのばした皮で小豆野菜などで作った(具材)を包み、焼いた食品である。形状は円形で、直径8~10cm程度が一般的。長野県郷土料理として知られる。

焼き餅あんびんちゃなこはりこしなどとも呼ばれる。

かつては長野県の中でも、主に北信地方地方の家庭で作ったり、食べたりされていたほか、和菓子店などで販売されていた。次第に観光的な価値が見出され、1980年代後半以降、おやき専門店が登場[1]するとともに、長野県全域の名物として広まった。同様の粉物(こなもん)食品は長野県のみならず、気候や地形・水利の関係で稲作が難しく、米以外の雑穀類を多く食べた日本各地で作られている。

製法[編集]

長野県の多くの地域は、急峻な地形や寒冷な気候ゆえにの栽培に適さない。したがって、米の代わりにコムギソバを原料とした食品が古くから食べられていた。おやきはその一つであり、小麦粉や蕎麦粉を練って作った皮で具を包む。一方、豪雪地帯下水内郡栄村は、小麦の栽培に適さない代わりに稲作には向いているため、米粉を原料とした「あんぼ」というおやきが作られてきた。

あんの材料には野菜山菜が用いられるのが一般的。長野県の名物である野沢菜漬もよく入れられる。このほか茄子おからきのこかぼちゃ切り干し大根、複数の野菜を混ぜたもの、胡桃など様々な種類がある。野菜・山菜のあんは、あらかじめ味噌しょうゆなどで味付けをしておく。太平洋岸・日本海沿岸と交流が多かった地区では、塩秋刀魚などをあんに用いることもあった。小豆を入れた甘い菓子風のおやきもある。地元住民の軽食や観光客向けの土産物として広まるにつれ、カレー味やチーズ入りのピザ風おやきなど一段と多彩になっている。

元は小麦粉や雑穀粉の皮であんを包み、焙烙で表面を軽く焼いて乾かしてから囲炉裏の熱い灰に埋め、蒸し焼きにした食品だった。しかし各家庭から囲炉裏が無くなった現代では、を引いた鉄板で焼くか、オーブンなどで焙り焼きにする。長野市中心部など善光寺平長野盆地)では、「お焼き」の名前ながら蒸篭や蒸し器で蒸すのが一般的である。

販売[編集]

現在ではコンビニエンスストアに置かれたり、冷凍されたおやきが通信販売で全国に出荷されているほか、海外の催しにも出品している。

高速道路のパーキングや土産物屋の一部では、中身をおやき特有の具に差し換えただけの中華まんが「おやき」として売られていることがある。

メディアへの登場[編集]

水曜どうでしょう』の「対決列島」企画で、長野対決の種目となった。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]