焙烙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

焙烙(ほうらく/ほうろく)は、素焼きの土鍋の一種。炮烙炮碌とも書き、炒鍋(いりなべ)とも言う。関東などでは「ほうろく」という[1]

概要[編集]

低温で焼かれた素焼き土器で、形は底が平たく縁が低い[2]茶葉銀杏などを炒ったり蒸したりするのに用いる。特に「焙烙蒸し」とよばれるときもある。また、宝楽焼の鍋としても用いられる。ゴマを煎る時などに使われる、口縁部が窄まり把手の付いたものは「手焙烙」と呼ばれる[3]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 焙烙(ほうろく)横須賀市自然・人文博物館
  2. ^ 斎藤 2004 p.397
  3. ^ 神奈川県立博物館 2013 pp.11
  4. ^ 斎藤 2004 p.397

参考文献[編集]

関連項目[編集]