京成船橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京成船橋駅
京成船橋駅(2011年10月)
京成船橋駅(2011年10月)
けいせいふなばし
Keisei-Funabashi
KS21 海神 (1.5km)
(1.3km) 大神宮下 KS23
所在地 千葉県船橋市本町一丁目5番1号
駅番号 KS22
所属事業者 Keisei Logo.svg 京成電鉄
所属路線 KS 本線
キロ程 25.1km(京成上野起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
93,955人/日
-2016年-
開業年月日 1916年大正5年)12月30日
乗換 船橋駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)総武線(快速・各駅停車)東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン))
テンプレートを表示

京成船橋駅
配線図

海神駅

1 2


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

大神宮下駅

[1]
船橋フェイスビル直結の入口(2011年10月)
船橋フェイスビル直結の入口(2011年10月)
東口改札口(2007年12月23日撮影)
東口改札口(2007年12月23日撮影)
ホーム(2007年4月1日撮影)
ホーム(2007年4月1日撮影)

京成船橋駅(けいせいふなばしえき)は、千葉県船橋市本町一丁目にある、京成電鉄本線である。駅番号はKS22

駅名標や旅客向け案内では、京成を省略して「船橋」とされている。

歴史[編集]

当初計画では船橋駅より北に駅を造るつもりだった。中心地から離れすぎるということから南側に変更された。当駅付近ではもっと直線的に市街地を貫通する予定が、住民の反対で急曲線ができた[2]

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。駅長配置駅。

以前は、跨線橋もない地上駅であった。しかし、列車の本数が多く、成田寄りの「船橋1号踏切」は「開かずの踏切」になることもしばしばあり[注 3]、これを解消するべく、1983年より海神 - 船橋競馬場間2.5kmの高架化工事が進められてきた。2006年(平成18年)11月25日に線路は高架化され、駅周辺の鉄道との平面交差はなくなった[5]。そのため、渋滞はほぼ解消されている。

2007年(平成19年)11月17日には2階コンコース部分が完成[要出典]2009年(平成21年)3月24日には商業施設「ネクスト船橋」も開業し[6]、長期にわたって行われてきた高架化工事が終了した。

かつて、ホーム上のLED発車標は、東芝製の旧式のものが使われていた。高架化に伴い、新デザインの京三製作所製のものが設置されている。この更新に伴い、放送装置も更新されたが、合成音声の種声はそのままである[要出典]

西口は遠隔操作になっており、無人対応。営業時間は6時~23時だが、ネクスト船橋開業以前は21時に閉鎖されていた[要出典]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KS 京成本線 上り 日暮里上野押上A 都営浅草線KK 京急線方面
2 下り 津田沼千葉成田空港SL 新京成線方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。
  • ホーム有効長は10両分ある(10両編成化の予定があったシティライナーの停車に対応するための名残)。
  • 以前の車内アナウンスでは、当駅でのJR線・東武線への乗り換え案内をおこなっていなかった。
快速特急・特急・通勤特急
京成八幡駅 (KS16) - 京成船橋駅 (KS22) - 京成津田沼駅 (KS26)
快速
東中山駅 (KS19) - 京成船橋駅 (KS22) - 船橋競馬場駅 (KS24)
普通
海神駅 (KS21) - 京成船橋駅 (KS22) - 大神宮下駅 (KS23)

[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ モーニングライナー・イブニングライナーは従来通り当駅を通過する[要出典]
  2. ^ シティライナーは土日祝のみ運行されていたため、最終運行は同年11月29日。
  3. ^ ラッシュ時などは、国鉄線との乗り換え客らが踏切が開くのを待ちきれず強行横断するなどしており、一部では「マラソン踏切」とも呼ばれていた[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 京成電鉄ホームページ(駅構内図)
  2. ^ 白土貞夫著『ちばの鉄道一世紀』による。
  3. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社2008年、37頁。ISBN 978-4-10-790021-0
  4. ^ “船橋・京成線上り高架 11月27日から使用 市内の交通渋滞緩へ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2002年4月18日) 
  5. ^ a b “車の流れスムーズに 京成本線を完全高架化 船橋市内の16踏切を廃止”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2002年11月26日) 
  6. ^ a b “パスモで食事も買い物も 「ネクスト船橋」がオープン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2009年3月25日) 
  7. ^ 成田スカイアクセス開業!! 7月17日(土)京成線ダイヤ改正”. 京成電鉄株式会社 (2010年5月28日). 2016年10月15日閲覧。
  8. ^ 12月5日(土)京成線ダイヤ改正”. 京成電鉄株式会社 (2015年10月22日). 2016年10月15日閲覧。
  9. ^ 京成電鉄ホームページ(路線図)

統計資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]