船橋フェイスビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
船橋フェイスビル
フェイスビル外観
情報
用途 複合施設
設計者 アール・アイ・エー
施工 大林飛島・浅沼・京成・木村特定共同企業体
構造形式 鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
敷地面積 4,617.17 m²
建築面積 4,197.87 m² (建蔽率91%)
延床面積 46,488.57 m² (容積率1007%)
階数 地上14階、地下3階、塔屋2階
高さ 79.045m
竣工 2003年3月
開館開所 2003年平成15年)4月17日[1]
所在地 273-0005
千葉県船橋市本町1-3-1
座標 北緯35度42分2.6秒 東経139度59分7.8秒 / 北緯35.700722度 東経139.985500度 / 35.700722; 139.985500
テンプレートを表示

船橋フェイスビル(ふなばし-)は、船橋フェイスビルは、船橋駅南口・京成船橋駅北口に位置し、船橋駅南口再開発事業・第一地区として行われた市街地再開発事業で建設された再開発ビルで、2003年平成15年)4月17日に完成した[1]

概要[編集]

地上14階・地下3階のビルで、階ごとに商業ゾーン・公共公益ゾーン・オフィスゾーンと区分されている。

各駅には通路で、西武百貨店船橋店とはB1の地下道で繋がっている。

歴史[編集]

各階内訳[編集]

階数 ゾーン名 内容
14F 業務ゾーン 事業所など
13F
12F
11F
10F
9F ちば若者キャリアセンター・ふなばしヤングハローワーク
8F
7F 国・県の公共施設
船橋フェイス献血ルーム
献血ルーム
葛南地域振興事務所
年金相談センター
三番瀬サテライトオフィス
6F 公共公益ゾーン 市民文化創造館「きらら」
5F 船橋駅前総合窓口センター
船橋市民活動サポートセンター
船橋市消費生活センター
高年齢者職業相談室
4F 商業ゾーン 食品売り場・飲食店娯楽銀行ビックカメラ船橋駅FACE店・民間図書館等
(2Fには各駅と結ぶ歩行者専用道路、B1Fには駐輪場(1,446台収容)があり、西武百貨店船橋店とも繋がっている)
3F
2F
1F
B1F
B2F 駐車場 各階187台収容
B3F

脚注[編集]

  1. ^ a b c “船橋の新しい“顔” 再開発ビル「FaCe」 市民らが落成祝う”. 千葉日報 (千葉日報社). (2003年4月17日) 
  2. ^ “船橋駅南口の再開発事業を承認 県都市計画地方審”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (mainichi-np-1988-02-24) 
  3. ^ “FaCe JR船橋駅南口再開発ビル名称決定 その意味は 船橋の顔、玄関、看板”. 千葉日報 (千葉日報社). (2002年10月8日) 

外部リンク[編集]