新京成電鉄新京成線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Shin-Keisei Logo.SVG 新京成線
SL
新京成線で使用されるN800形電車(新塗装)
新京成線で使用されるN800形電車(新塗装)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 千葉県
起点 松戸駅
終点 京成津田沼駅
駅数 24駅
路線記号 SL
開業 1947年12月27日
所有者 Shin-Keisei Logo.SVG 新京成電鉄
運営者 Shin-Keisei Logo.SVG 新京成電鉄
使用車両 新京成電鉄#車両を参照
路線諸元
路線距離 26.5 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
最小曲線半径 139 m
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 1号型ATS(松戸 - 前原間)
C-ATS(前原 - 京成津田沼間)
最高速度 85 km/h
路線図
Shin-Keisei Electric Railway Linemap.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
vSTR
↑↓JR東常磐線JR JL line symbol.svg 各駅停車JR JJ line symbol.svg 快速
0.0 SL01 松戸駅
STR vSTRl
↑JR東:常磐線(JR JL line symbol.svg 各駅停車・JR JJ line symbol.svg 快速)→
BHF
1.7 SL02 上本郷駅
BHF
2.4 SL03 松戸新田駅
BHF
3.0 SL04 みのり台駅
STR
← JR東:JR JM line symbol.svg 武蔵野線
tSTRaq KRZt
tSTReq
新八柱駅
HUBrf
3.8 SL05 八柱駅
BHF
5.6 SL06 常盤平駅
BHF
7.4 SL07 五香駅
BHF
8.7 SL08 元山駅
BHF
9.6 SL09 くぬぎ山駅
STR+l ABZgr
KDSTe STR
くぬぎ山車両基地
STR
北総鉄道Number prefix Hokusō.PNG 北総線
KRZu STR+r
京成Number prefix SkyAccess.PNG 成田スカイアクセス
BHF STR
11.3 SL10 北初富駅
eABZgl eKRZo exSTR+r
STR eABZg+l exSTRr
KRZo KRZo
東武Tobu Noda Line (TD) symbol.svg 野田線
HUBrf
12.1 SL11 新鎌ヶ谷駅
STR STRl
↑北総鉄道:Number prefix Hokusō.PNG 北総線
STR
・京成:Number prefix SkyAccess.PNG 成田スカイアクセス→
BHF
13.3 SL12 初富駅
BHF
15.4 SL13 鎌ヶ谷大仏駅
BHF
16.3 SL14 二和向台駅
BHF
17.1 SL15 三咲駅
BHF
18.5 SL16 滝不動駅
BHF
19.5 SL17 高根公団駅
BHF
20.1 SL18 高根木戸駅
KRZt
東葉高速鉄道Number prefix Tōyō.PNG 東葉高速線
HUBrf
21.0 SL19 北習志野駅
BHF
21.7 SL20 習志野駅
BHF
22.5 SL21 薬園台駅
BHF
23.9 SL22 前原駅
eABZgl exSTR+r
旧線 1953-68
STR exBHF
藤崎台駅 新津田沼駅 (II) 1953-61
eBHF exSTR
新津田沼駅 (I, III) 1947-53, 61-68
eABZgl exABZgr
HUBrg
exSTR
25.3 SL23 新津田沼駅 (IV) 1968-
HUB eABZg+l exSTRr
KRZo STRq STRq
←JR東:JR JO line symbol.svg 総武線(快速)
KRZo STRq STRq
←JR東:JR JB line symbol.svg 総武線(各駅停車)
STR+l STRr
津田沼駅
STRl
ABZq+l STR+r
26.5 SL24 KS26 京成津田沼駅
ABZqr KRZo
←京成:Number prefix Keisei.PNG 本線
LSTR
京成:Number prefix Keisei.PNG 千葉線
HST
KS60 千葉中央駅

新京成線(しんけいせいせん)は、千葉県松戸市松戸駅千葉県習志野市京成津田沼駅を結ぶ新京成電鉄が経営する鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSL

松戸方面行を「上り」、京成津田沼方面行を「下り」としている。台地分水嶺に沿ったルート(つまり小金牧の区域内)をとっており、トンネルや水域を渡るが1つも存在しない[1][2]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

すべて普通列車(各駅停車)で、京成津田沼 - 松戸間の全線通し運転を基本とする。朝晩に車両基地(本社)のあるくぬぎ山発着の列車があり、朝ラッシュ時には新津田沼折り返し列車がある。かつてはラッシュ時を中心に京成津田沼 - 鎌ヶ谷大仏間や京成津田沼 - 高根公団間の区間列車も設定されていた。

朝のラッシュ時は京成津田沼 - 新津田沼間が単線のため9分間隔で、他の区間が4分半間隔、夕方のラッシュ時は8分間隔で運転しており、日中でも10分間隔で運転と郊外路線ながら本数が多い。日中に関しては一部を除き接続する東京直通路線よりも本数が多いほどである[注 2]。これは駅間距離の短さも手伝って日中の生活需要も大きいためである。一方、長い区間を乗車する旅客が少ないことなどから、急行運転を行う予定はない[3]

車両については「新京成電鉄」を参照のこと。

京成千葉線への直通運転[編集]

全通した1955年に実施したものの、同年中に取りやめて以来長らく実施してこなかった京成千葉線への直通運転2006年12月10日再開した。2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生後しばらく休止されていたが、同年6月27日再開されている。

乗り入れは8900形以外の新京成電鉄の車両により行われていて、すべて6両編成で運行されている。運行区間は全列車とも松戸 - 京成津田沼 - 千葉中央間で、新京成線や京成千葉線の途中駅止まりの列車は運行されていない。将来は京成車による相互乗り入れや運行時間の拡大、京成千原線への乗り入れ区間拡大も検討している。

直通運転はラッシュ時には行っていない。2012年10月21日改正のダイヤでは、松戸駅発車時刻で平日は午前8時42分から午後3時40分まで、土曜・休日は午前6時20分から午後4時40分まで運転している。なおこの時間帯は、一部を除いて京成津田沼始発・終着の新京成線の列車が同駅の6番線から発着するところ、同駅始発・終着の京成千葉線の千葉中央・ちはら台方面の列車の多くは同一ホーム上の5番線から発着し、乗り換えの便宜を図っている。他方、直通運転が行われていない時間帯は、5・6番線とも新京成線の列車の発着に使用されることが多く、京成千葉線の列車は1・2番線に到着し、3・4番線から発車する。

使用される方向幕は全車英字入りとなっており、新京成線内では行先のみ、京成千葉線内では「普通」表示の付いた行先表示となる。表示変更は京成津田沼駅での停車中に行われる。

乗り入れ再開時には、沿線から千葉方面への乗客誘致をアピールするため、乗り入れ対応編成の一部に「Chiba」をあしらったステッカーを車体に貼付けするとともに、車内ドア上部には「matsudo to CHIBA 06.12.10」(後に単に「matsudo to CHIBA」に変わった)というキャッチフレーズも添えられた。

歴史[編集]

松戸駅(2007年1月8日)

本路線大半の区間は旧日本陸軍鉄道連隊が戦前に演習用として敷設した線路で[1]第二次世界大戦後京成電鉄へ払い下げたという経緯による。新京成線はなぜ曲線が多いかについての問い合わせも来るという。またこれに関し「新京成電鉄の線路はなぜ曲がっているか?」とのテーマから旧日本陸軍鉄道連隊や戦争の歴史学習へ導く記載が、高校日本史教科書の一部[4]に見られる。

鉄道連隊演習線跡地買収に西武鉄道も名乗りを上げるも、京成電鉄へ払い下げが決定し、1946年3月、京成電鉄へ認可されて同年10月に新京成電鉄を設立する。開業直前に当時のGHQが旧軍用線の復活を懸念し一時は開業が危ぶまれたが、新京成電鉄幹部の説得により、予定通り1947年12月27日に新津田沼駅 - 薬園台駅間を軌間1067 mmで開業している。

演習線はさまざまな状況での路線敷設演習のために急曲線が多数介在する屈曲線形で、旅客線開業時に可能な限り直線化を図るも現在なお良好な線形でない。移動距離に比して道程が長く、津田沼駅 - 松戸駅間は直線距離約16 kmに対し道程26.5 kmである[1]。演習線軌間は600 mmと極端に狭隘きょうあいだったが京成電鉄払い下げ時に1067 mm(3フィート6インチ)へ改軌される。当時の地方鉄道法では軌間1372 mmでの建設が認められなかったため、親会社の京成電鉄準拠の軌間1372 mmは許可されず、1067 mmに設定している。

払い下げ以後、新津田沼側から延伸し[5]、建設資金不足から一時期常磐線松戸駅までの全通を諦めて初富駅 - 松戸駅間にバスを運行するも、三菱電機の支援で敷設工事を再開して松戸駅まで全通[6]する。なお、松戸駅 - 上本郷駅間は旧軍用線ではなく、全くの新線であるため、台地を切り崩す工事が行われた。切り崩しで生じた残土を利用して平潟土地整理事業がなされた。開業当初、開発が進んでいない沿線付近は雨や霜解けでぬかるむ道路を駅まで歩き革靴やハイヒールへ履き替える乗客が多く、松戸延伸開業時は各駅に下駄箱設置もみられた。

全通は地域の人々から暖かく迎えられ、数々の恩恵を受け、近所の農家から赤飯、夕飯のおかず等の差し入れがたびたびあったという[7]

古くは松戸新田駅やみのり台駅などの5駅が小さな駅舎で一人勤務のワンマンボックス駅(畳一帖未満の小さな建物)だった。

1953年10月、全線の軌間を1372 mmへ、1959年8月に1435 mmへ改軌する。親会社の京成電鉄よりも早期の改軌で、京成電鉄の改軌予行練習も意図する[8]と推察されている。

従前に松戸 - 柴又間、国府台間も免許取得して松戸市内で路線用地を買収するも、千葉大学園芸学部柴又駅周辺の反対や常磐線複々線化北総線が計画された影響もあり、計画が頓挫とんざして未成線のまま1971年頃に免許失効している。買収した路線予定地のうち仮称三矢小台駅はリブレ京成三矢小台店松戸新京成バス折り返し場へ、その他の多くが住宅地[9]へ転用されている。国府台駅までの延伸計画は、流山電鉄市川駅延伸免許取得による周辺地域での路線バス運行など、営業機会損失を阻止する意図もあった。

新津田沼駅は現位置へ至るまで駅舎位置や路線が変遷しており、以前の同駅と京成津田沼駅への2路線に分かれていたものを現在は急カーブで1線にまとめている。詳細は「新津田沼駅」を参照。新津田沼 - 京成津田沼間のイオンモール津田沼所在地は1982年頃まで京成電鉄第二工場が存在し、京成線改軌期間中に、京成電鉄所属構内側線の引き込み線扱いとして先行改軌された新京成線1435 mmと京成線1372 mmの軌間を移設してレール4本を敷設している。京成電鉄第二工場の出入構は主に深夜に行われた。京成電鉄の車両工場が宗吾参道へ移転後、1987年に新京成電鉄へ譲渡され、0キロポストは現在も新津田沼駅に設置されている。

優等列車は現在設定無いが、かつて同線内各駅停車で京成千葉線方面へ急行「九十九里号」を運行し、赤電なども使用した京成上野始発の同名列車も運行していた。

年表[編集]

今後の予定[編集]

  • 2017年10月21日 - 鎌ヶ谷大仏 - くぬぎ山間の下り線が高架化される予定[14][15]
  • 2018年度 - C-ATSを全線に拡大する予定[13]
  • 2019年度 - 鎌ヶ谷大仏 - くぬぎ山間の上り線が高架化される予定[14]

駅一覧[編集]

  • 全駅千葉県に所在。
  • 駅番号は2014年2月23日から導入[12]。「SL」とは「Shinkeisei Line」の略。
  • 全駅で出改札を終日実施(下記○印の駅は発売券種制限あり)。
駅員
◎:終日配置
○:7:00 - 22:00に限り「係員」を配置。その他の時間は無配置。遠隔監視システム導入。
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 駅員 接続路線 所在地
SL01 松戸駅 - 0.0 東日本旅客鉄道JJ 常磐線(快速)上野東京ライン) (JJ06) ・JL 常磐線(各駅停車) (JL22) 松戸市
SL02 上本郷駅 1.7 1.7  
SL03 松戸新田駅 0.7 2.4  
SL04 みのり台駅 0.6 3.0  
SL05 八柱駅 0.8 3.8 東日本旅客鉄道:JM 武蔵野線新八柱駅:JM14)
SL06 常盤平駅 1.8 5.6  
SL07 五香駅 1.8 7.4  
SL08 元山駅 1.3 8.7  
SL09 くぬぎ山駅 0.9 9.6   鎌ケ谷市
SL10 北初富駅 1.7 11.3  
SL11 新鎌ヶ谷駅 0.8 12.1 北総鉄道HS 北総線 (HS08)
京成電鉄KS 成田空港線(成田スカイアクセス) (HS08)[注 3]
東武鉄道TD 野田線(東武アーバンパークライン) (TD-30)
SL12 初富駅 1.2 13.3  
SL13 鎌ヶ谷大仏駅 2.1 15.4  
SL14 二和向台駅 0.9 16.3   船橋市
SL15 三咲駅 0.8 17.1  
SL16 滝不動駅 1.4 18.5  
SL17 高根公団駅 1.0 19.5  
SL18 高根木戸駅 0.6 20.1  
SL19 北習志野駅 0.9 21.0 東葉高速鉄道TR 東葉高速線 (TR04)
SL20 習志野駅 0.7 21.7  
SL21 薬園台駅 0.8 22.5  
SL22 前原駅 1.4 23.9  
SL23 新津田沼駅 1.4 25.3 東日本旅客鉄道:JO 総武線(快速)JB 総武線(各駅停車)津田沼駅:JO26・JB33) 習志野市
SL24 京成津田沼駅 1.2 26.5 京成電鉄:KS 千葉線(KS26、直通運転:下記参照)KS 本線
直通運転区間 KS 京成千葉線千葉中央駅まで(日中のみ、片乗り入れ)

廃駅[編集]

  • 藤崎台駅(前原 - 京成津田沼間 1953年11月1日開業、1968年5月14日廃止)

沿線風景[編集]

松戸 - 新鎌ヶ谷間[編集]

松戸駅を出発すると右側に大きくカーブをし、下総台地を登る緩やかな勾配にさしかかる。国道6号を超え、勾配を登り終えると新京成鉄道模型館があった上本郷駅へと到着する。松戸 - 上本郷間は新たに建設された区間であり、切り通しの残土は松戸駅の向こう側である平潟の土地整理に利用された。元々の鉄道連隊演習線跡とは上本郷駅手前で合流する。次の松戸新田駅みのり台駅は駅間距離が短く、しばらく住宅地の中を走る。武蔵野線との乗換駅である八柱駅を過ぎると、左手に21世紀の森と広場森のホール21を見ながら右にカーブし、常盤平駅へと至る。この周辺は新京成線の開通後に常盤平団地としてベッドタウン化した街である。次の五香駅を過ぎるとカーブが連続する線形が続き、併走する千葉県道57号千葉鎌ケ谷松戸線(一部区間は国道464号との重複区間)とはこの先踏切で4回も交差をすることになる。元山駅を出ると自衛隊松戸駐屯地の横を走り、新京成電鉄本社のあるくぬぎ山駅へと至る。沿線は園が多く、シーズンになると観光農園として賑わっている[1]。線路は東に進路を変え、くぬぎ山車両基地を右手に見ながら北総線成田スカイアクセス線の高架と合流し、北初富駅へと至る。この先、新鎌ヶ谷駅までは北総線・成田スカイアクセス線と併走して走る。

新鎌ヶ谷 - 京成津田沼間[編集]

新鎌ヶ谷駅を出ると南へ大きく進路を変え、初富駅へと至る。この区間は現在新鎌ケ谷の街の開発にあわせ、連続立体交差化が行われている。次の鎌ヶ谷大仏駅船橋新京成バスの車庫に隣接しており、駅の近くには駅名の由来にもなった鎌ヶ谷大仏がある。しばらく直線区間が続くが、二和向台駅を過ぎると再びカーブの多い線形となる。三咲駅から滝不動駅にかけては沿線に畑や果樹園などの田園風景が広がるが、次の高根公団駅を過ぎると再び住宅地の中を走る。高根木戸駅にかけての周辺には日本住宅公団(現在のURの前身)により開発された高根台団地が広がり、「高根公団」駅の駅名の由来にもなっている。やがて線路は東葉高速鉄道線との乗換駅である北習志野駅へと到着する。周辺には習志野台団地が広がり、また学校が多く朝夕は学生で賑わっている。北習志野駅を過ぎると右にカーブし、すぐに習志野駅へと到着する。習志野と称するものの、駅は習志野市ではなく船橋市に位置している[注 4]。次の薬園台駅付近は直線区間が続くが、前原駅を過ぎると国道296号と交差し、線路はイオンモール津田沼を左に見ながら大きくカーブして新津田沼駅へと至る。周辺は繁華街となっているが、JRの津田沼駅とは400m程離れており徒歩連絡となる。これから先は単線区間となり、大きく逆S字カーブを描きながら京成本線と合流し、終点・京成津田沼駅へと到着する。

利用状況[編集]

2005年度の旅客輸送人キロは722百万人キロ[16]となっている。

輸送実績[編集]

収入実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新京成電鉄のほか、京成電鉄北総鉄道京浜急行電鉄芝山鉄道都営地下鉄浅草線で使用されている。
  2. ^ 北総線東葉高速線はそれぞれ毎時4本程度。
  3. ^ 北総鉄道と同じ駅ナンバリングを使用。
  4. ^ 習志野駅は習志野市の成立より前に生まれている。詳細は習志野の項を参照。また、鉄道連隊演習線の頃には付近に「西習志野」停車場があった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 鉄道で行く千葉 第34回 新京成電鉄 (PDF)”. 京葉銀行. pp. 2-4 (2012年7月). 2017年6月7日閲覧。
  2. ^ 新京成線 - 京葉ガス、2017年6月6日閲覧。
  3. ^ 車内のマナーや設備、列車ダイヤについて”. よくある質問. 新京成電鉄. 2017年3月5日閲覧。
  4. ^ 『日本史A』 実教出版2002年[要ページ番号]
  5. ^ 白土貞夫 1996, p. 223.
  6. ^ 白土貞夫 1996, p. 224.
  7. ^ 全線開通60周年の記録」、『CiaO』Vol.120、新京成電鉄、2015年5月20日、 10頁。
  8. ^ 白土貞夫 1996, p. 225.
  9. ^ 草町義和 『鉄道未完成路線を往く 生まれなかった幻の鉄道路線』 講談社ビーシー2001年、130-132頁。ISBN 978-4-06-217131-1
  10. ^ 鉄道ファン』、交友社1983年2月、 111頁。
  11. ^ 全営業列車が「VVVFインバータ制御電車」になります(2/8〜) (PDF)”. 新京成電鉄 (2013年2月4日). 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  12. ^ a b 新京成線に駅ナンバリングを導入します(2/23〜) (PDF)”. 新京成電鉄 (2014年2月3日). 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  13. ^ a b 新型ATS「C-ATS」を一部区間で使用開始(12/6~)”. 新京成電鉄 (2014年12月8日). 2017年1月19日閲覧。
  14. ^ a b (平成29年10月) 新京成線連続立体交差事業(鎌ヶ谷大仏駅 - くぬぎ山駅間)下り線を高架化します!”. 千葉県 (2017年8月30日). 2017年8月30日閲覧。
  15. ^ “連続立体交差事業「鎌ヶ谷大仏 - くぬぎ山」、下り線を高架化(10/21)” (プレスリリース), 新京成電鉄, (2017年8月30日), http://www.shinkeisei.co.jp/topics/2017/11578/ 2017年8月30日閲覧。 
  16. ^ 地方民鉄の現状と課題(2006年11月14日、日本民営鉄道協会) (PDF) より算出。

参考文献[編集]

関連項目[編集]