中国海洋大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ocean University of China
中国海洋大学
モットー 海纳百川,取则行远[1]
モットー (英語) Ocean Embraces Streams All and Exploring Promises Reaching Far[2]
種別 公立
設立年 1924
President Yu Zhigang (于志刚)
教員数
3405
職員数
2,800
学生総数 約25,000
所在地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山東省青島市
北緯36度03分36秒 東経120度20分02秒 / 北緯36.060度 東経120.334度 / 36.060; 120.334座標: 北緯36度03分36秒 東経120度20分02秒 / 北緯36.060度 東経120.334度 / 36.060; 120.334
ニックネーム Haida (海大)
公式サイト http://www.ouc.edu.cn/
テンプレートを表示

中国 海洋大学 (China Haida and Haida(OUC)と呼ばれる中華人民共和国の一つの大学である。985工程211工程双一流の成員校として、国家重点大学である。

中華人民共和国の 青島.にある大学で1924年に設立され、 科学工学農業医学(医学)を含む中国の 海洋および水生科学の学科があるのが特徴。教育経済経営文学法律教育歴史、その他の分野は国家重点大学で、国家「 985プロジェクト 」と「 211プロジェクト 」の主要大学の 1つ。入选国家111计划,为北极大学联盟、IAMRI联盟、海洋大学联盟成员校,是国务院学位委员会首批批准的具有博士学位授予权的单位,国家首批“卓越农林人才教育培养计划”、“卓越工程师教育培养计划”改革试点高校,青岛海洋科学与技术国家实验室牵头高校,入选中华人民共和国“世界一流大学建设高校”(A类)计划。現在、鱼山、玉山、福山、西海岸の4つのキャンパスがあります。

学校の歴史[編集]

学校史の歴史[編集]

私立青島大学時代(1924-1928)[編集]

高恩洪 、私立青島大学の最初の学長
私立青島大学

1922年,中国收回青岛以后,将其开放为商埠,抚恤德日统治四分之一个世纪留下的满目疮痍,输入新知,佐育人才,立国安邦,成为全城人的共识。1924年初,曾任北洋政府教育总长、交通部长的直系将领高恩洪出任胶澳商埠督办。高氏在职,勤求治理,政绩可观,“尤于教育一端,锐意进行”。1924年5月29日,联络青岛的富商巨贾和热心教育的人士在其督办行署开会,倡办青岛大学。公推高恩洪、邵筠农、宋徽五、傅炳昭、张德纯、刘子山、王子雍、宋雨亭、于耀西、孙丙炎、孙广钦(字子敬)等11人组成校董会,复由校董会推举孙广钦为筹备主任,邵筠农、孙丙炎为副主任。又聘请了蔡元培张伯苓黄炎培为名誉理事。[3]

学校校址选在德占青岛时期修建的俾斯麦兵营[注釈 1]。当时,青岛驻军对青岛大学校园垂涎欲滴,执意分享驻兵,高恩洪不允。双方争执不休,官司一直打到洛阳直鲁豫三省巡阅使吴佩孚处。吴是蓬莱人,清末秀才出身,与高同乡又曾同僚,私谊甚厚,虽系一军阀,但是绝非一介赳赳武夫,“世界竞争端赖学术”的道理是懂得的,就一锤定音该兵营作为办学之用。

财政为百事血脉,对文化教育事业尤其如此。大学筹办之初经费拮据,筹办诸人千方百计筹措经费,1924年6月19日,青岛总商会曾向美国大使馆请求以美国退回的庚子赔款作为青岛大学的创办经费,未有结果。几经周折,最终由高恩洪捐洋1万元、刘子山捐款2万元作筹备费用,由胶澳商埠督办公署、胶济铁路局拨款和青岛绅商的捐款作为学校的常年经费。10月25日,私立青岛大学举行开学典礼,青岛第一座由中国人自己创办的大学,私立青岛大学成立[注釈 2]

青岛是一个自由港,中外商人云集,工商业发达。学校董事会根据《大学令》确定私立青岛大学“以教授高深学术、养成硕学宏材,应国家需要为宗旨”,规划分为文、理、法、商、工、医、农林七科,最终的目标是发展成一所综合性大学,但考虑到青岛工商发展的需要, 创办之初以实用学科设置为主。先设工、商两科。1924年8月11-13日,在北京南京济南青岛四地同时招生。除本国学生外,还有南洋华侨子弟和朝鲜学生前来报考。学校重质不重量,首届招收工商预科学生80名。首期学生中有抗日时期任山东军区司令的罗荣桓元帅。

私立青岛大学延聘教师十分讲究,师资来源之一为国内名牌高校毕业的学生,北大燕大、齐鲁大学等,特别是北大毕业生居多;一为高薪聘请海外归国的留学生。根据1925年的统计,私立青岛大学全校教职员中留学生有11人,约占教职员总数的42%强,尤其以留学美国的最多。如逻辑学教师凌道扬、外文教师凌达扬、闵星荧,都学有专精,入校前已有名气;多数教师年龄在30-40岁之间,年富力强,学识涵容中西,又有陶铸中国新学术的襟怀与理想,教学认真。学校机构精干,教学和行政管理的负责人都由教师兼任。正是这些良好的规制和浓厚的学术空气。学校发展蒸蒸日上,相继设立土木工程科、机械科、矿科,并预备增设农林科、法科和文科。

第二次直奉战争突起,直系败退,高恩洪去职,私立青岛大学的发展遭到挫折。后由山东省议长宋传典接任校长,维持残局。学校经费,原来全靠高恩洪拨款和士绅捐赠,高恩洪一倒,经费无着,教师辞职的不少,学生也走了很多,形势顿趋逆转。奉系军阀得势后,由张宗昌督鲁,温树德任胶澳商埠督办。温树德是一介武夫,对教育事业不但缺乏热情,且横加摧残。当时温树德对私立青岛大学的校舍,垂涎欲滴,本拟恢复兵营,继续驻兵,因有宋传典鼎力维持,学校在苟延残喘中继续上课。且兵营改为青岛大学校舍早成事实,温树德害怕遭到舆论的谴责,故一直未敢贸然强行驻兵[注釈 3]。学校此时每下愈况,自1925年以后再未招生。1928年初,蒋介石的北伐革命军进抵山东,张宗昌败逃,学校经费也断绝来源,教师学生散去大半,学校在不得已中停办,学生均按大学结业处理。

国立青島大学が設立されました[編集]

1926年,在奉系军阀张宗昌主持下,济南的6个专门学校合并,成立省立山东大学。山东省教育厅长王寿彭任校长。1928年8月在北伐军攻占济南后,张宗昌败逃,奉系军阀崩溃,省立山东大学也即停办。山东省教育厅厅长何思源报请南京国民政府教育部批准,在省立山东大学基础上,在济南重新筹建国立山东大学,由何思源任主任组成11人的筹备委员会。当时因济南“五三”惨案发生,日军拒不撤兵,筹备工作无法进行。 1929年春,中日就济南问题达成协议,日军撤走,山东省政府由泰安迁回济南。此间南京政府教育部对国立山东大学筹备委员会进行调整,由何思源、王近信、赵畸、彭百川、杜光埙、傅斯年、杨振声、袁家普、蔡元培9人组成筹备委员会,并推定何思源为筹委会主任。夏季蔡元培曾携眷至青岛小憩,住在已停办的私立青岛大学女生宿舍的小楼内。在筹备中,他力主国立山东大学的校址设在青岛。理由是:国家正值多事之秋,战争频仍,济南四省通衢,兵家必争;青岛地处海陲,既有舟车之便,又可免战乱影响;且“青岛之地势及气候,将来必为文化中心点,此大学之关系甚大”。[4]筹备委员会根据他的建议,报请教育部批准,遂决定将国立山东大学迁至青岛重新组建,接收私立青岛大学校舍,校名称国立青岛大学。蔡元培亲自题写了校牌,并推荐他的高足、时任清华大学教务长兼文学院院长的杨振声出任国立青岛大学校长。

国立山東大学時代(1930-1958)[編集]

青島の国立山東大学の門
1946年に青島の学校を再開した後の国立山東大学

学校の設立後、青島の本部には、文学と科学の2つの学部があり、中国語、外国語、教育の3つの学部で構成される。科学部は、数学、物理学、化学、生物学を有する。1932年に調整後、教育省は学校を国立山東大学に改名し、2つの文学部と科学部は芸術科学部に合併し、2つの工学部と農業部を追加。工学部は土木工学と機械工学部を持ち、農業部は済南に設ける。この期間中、学校はラオ・シェ 、 ホン・シェン 、 ウェン・イドゥオシェン・コンウェンリャン・シキウ 、 ワン・ トンジャオ 、 ワン ・ イチャン 、 トン・ ディジョウなどの有名人を多数雇用。国立山東大学は全国的に有名となる。1936年には、411人の学生がいた。1937年の「7月7日」事件の後、学校は四川に移り、その後学校は閉鎖され、学生は中央大学へ編入。 1946年1月、国立山東大学は、1939年4月の日本占領中に青島に設立された医学学校[注釈 4]を引き継ぐ。医学の専門家はなく、学科もなく、学校制度は6年で、最初の全国入学者は40歳であった。 1946年10月25日に、国立山東大学が青島で正式に再開。 文学、科学、工学、農業、医学の5つの大学があり、中国語、外国語、数学を含む14の学科があり、後に歴史学科が追加される。1949年の青島解放の前夜までに、学校には220人の教師と1,132人の生徒がいた。 青島の山東大学のキャンパスには、玉山路(現在の青島海洋大学)、台山路(現在の青島医科大学第二病院)、武定路(現在の青島駐rison隊長)などがある。1951年、山東大学は東中国大学と合併して新しい山東大学を設立し、華港が校長となる。 文学、科学、工学、農業、医学の5つの大学と、新たに追加された2つの政治学部、および歴史的な言語と海洋物理学の2つの研究機関があります。 1951年以来、中国と歴史の2つの専攻で大学院生を募集し、後に数学、物理学、動物、植物、およびミクロの専門分野で卒業しました。 当時、教師と生徒の数はそれぞれ486人と2,366人に達し、学校は最初に文学史と歴史の特徴を形成しましたが、海洋学の研究開発も重要視していました。 1952年、国立大学は教員に合わせて調整され、山東大学は産業と農業、地質学、政治、芸術の2つの学校を編入しました。 工学部の土木工学部と以前の山東工科大学に加えて、土木と繊維の部門が合併して青島工業大学を形成し、青島の外に留まり、残りは他の場所に移転 [注釈 5]。医学部に加えて、学部の調整後、大学は病院レベルの設立をやめ、中国語、外国語、歴史、数学、物理学、化学、生物学、海洋、水産物の9つの部門を設置。 これまでのところ、山東大学は中央教育省が直接率いる総合大学として設立された。 1956年、山東大学医学部とその関連病院シャンダ病院は、青島医科大学とその関連病院になる。 1958年10月、教師の3分の2近くが済南に移転。メインキャンパス、提携中学校、一部の教養教師、海洋、水生、地質鉱物は青島に残り、山東大学済南キャンパスと山東大学青島キャンパスを含む同じ大学を形成している [5]

山東海洋大学

海洋大学時代(1958年から現在まで)[編集]

1959年から1960年にかけて、山東大学(青島)は、既存の分野に基づいて、 アモイ大学復旦大学などの残りの海洋科学研究部隊を統合し総合教育で最高に達する。1960年10月、中国共産党中央委員会により、中国の13の主要な総合大学の1つとして正式に認定。 1988年、青島海洋大学と改名され、学校の名前は小平によって名付けられた。2002年10月、教育省の承認を得て、中国海洋大学に改名。

歴史年表[編集]

時間 イベント
1924年10月25日 私立青島大学が設立
1926 済南の6つの専門学校の合併と山東大学の設立
1928 私立青島大学と省山東大学は閉鎖
1930年9月21日 私立青島大学に基づいて、省山東大学が採用され、国立青島大学が設立され、学校名はC元平 、 ヤンジェンシェンが校長となりました。
1932 国立山東大学に改名
1937 戦争が勃発し、学校は本土に移転
1938年 一時停止
1946年10月25日 国立山東大学が正式に再設置
1958年10月 山東大学の教師の3分の2近くが済南に移り、元のキャンパス、提携中学校、一部の教師、海洋、水生、地質鉱山は青島に残った。
1959-1960 山東大学(青島)は、 ia 門大学復旦大学などの残りの海洋科学研究部隊を統合し、山東海洋大学設立
1960 中国共産党中央委員会は、中国の13の主要な総合大学の1つとしてそれを特定
1988 その名前を青島海洋大学に変更し、学校の名前は小平によって記される
1998 大学を建設するための「 211プロジェクト 」の最初のバッチに選出
2001 985プロジェクト 」建設の主要大学の最初のバッチに選ばれる
2002年10月 中国海洋大学に名を変更
2017年 世界クラスの大学と一流の分野の最初のバッチの1つに選出

学校のステータス[編集]

中国海洋大学是一所以海洋和水产学科为特色,包括理学工学农学医(药)学经济学管理学文学法学教育学历史学等学科门类较为齐全的教育部直属重点综合性大学,是国家“985工程”和“211工程”重点建设高校之一,是国务院学位委员会首批批准的具有博士硕士学士学位授予权的单位。[6]

人材トレーニング[編集]

学校の条件[編集]

学校には19の大学と基本的な教育センターがあります。 15,000人以上の学部生、8,300人以上の大学院生、および1,800人以上の博士課程の学生を含む、25,000人以上のフルタイムの学生がいます。 教員1,683人、専任教師1,683人、博士監督者455人、上級専門技術者530人、上級専門技術者646人、中国科学院の学者5人、中国工学院の学者8人がいます。 著名作家王蒙担任学校顾问、文学与新闻传播学院名誉院长,国家海洋局原局长王曙光受聘学校顾问、海洋发展研究院名誉院长,国际著名物理学家钱致榕受聘学校顾问、特聘讲席教授、行远书院院长,诺贝尔文学奖获得者莫言等12位知名作家受聘为学校“驻校作家”。

学校は、道徳、知性、美しさ、国民の精神と社会的責任、国際的なビジョンと協力的な競争意識、科学的および人道的資質、革新的な意識と実践能力の総合的な開発により、高品質の革新的な才能を育成することを目指している。海洋産業の主要な才能と背骨の力は特別な使命であり、学校は学部の教育理念である「身体と職業としての常識」に従い、限られた条件で自己選択されたコースシステムを実施し、学問的認識と卒業専攻の認識のシステムを実装し、複合的で質の高い才能の育成に努めている。 卒業生のうち、14人が中国科学アカデミーまたは中国工学アカデミーの学者に選出され、3人が国家海洋局のディレクターを務めた。

学部教育
学部専攻 73
ナショナルティーチングチーム 4
国立実験教育デモンストレーションセンター 4
国立仮想シミュレーション実験教育センター 2
ナショナルタレントトレーニングモデルイノベーションパイロットエリア 2
全国品質コース、ブティックビデオ公開クラス 16ドア
全国名物 12
教育省、優秀なエンジニア教育プログラムパイロットプログラム 7
国立工学実践教育センター 3
教育省の農林業の優秀な人材のための教育訓練プログラムのパイロットプログラム 2
大学院教育学校の指標
第1レベルの国家キー規律 2
二次分野の国内主要分野(1つの主要栽培分野を含む) 10
山東省の主要な規律 21
博士号認定の第1レベルの規律 13
博士号(プロ) 85
博士号の学位カテゴリ(工学博士号、国内初) 1
修士号認定の第一レベルの規律ポイント 33
修士号(プロ) 194
修士課程プログラム認定ポイントカテゴリ 14

人材開発の結果[編集]

学校努力为民族培育英才,毕业生中现已培养出管华诗等14位两院院士,王曙光等3任国家海洋局局长,1/2以上海洋领域杰青和1/3以上水产领域国家杰青。

優秀な卒業生
中国科学アカデミーの学者 胡ダンシン チャン・ジン チャオ・ニアンジ 歌の電子レンジ
中国工学アカデミーの学者 グアン・フアシ チャオ・ファゼン ガオ・コンギ チャン・フージェン チャン・ジン 江興偉 李Yang マッコネル バオジェンミン チャン・ウェイ
優秀な卒業生 ワンビン 謝尚平 梁新豊
業界リーダー 八尾神保 チャン・ジュアンフアン リー・ウェンボ

科学研究[編集]

海洋産業における一流の才能と背骨の力を生み出すという特別な使命により、学校は国家海洋産業の発展の重要なプロセスを促進し、中国の海洋高等教育の発展を主導。 1946年に、学校は中国で最初の水産品部門である中国で最初の水生研究機関を設立。1960年には、物理海洋学および海洋生物学の分野で海洋科学の大学院生の最初のバッチを募集; 1985年に授与。海洋科学の最初の博士号.1986年に、中国初の現代の海洋薬物であるアルギン酸塩(PSS)に代表される一連の海洋クラスの薬物を開発し、中国の海洋および水産物で唯一の国家技術を取得。一等賞を発明; 1998年に、彼は中国で海洋学の第一学位を授与され、第1レベルを授与。

タレントチーム[編集]

学校には、1,683人の常勤教師、455人の博士課程指導者、530人の上級専門技術者、646人の準上級専門技術者、中国科学アカデミーの5人の研究者、および中国工学アカデミーの8人の研究者を含む3,405人の教員がいる。 2017年12月31日現在、学校の関連する才能は次のとおり。

人材チームの構築
二学院の学者 13人
「千の才能プログラム」の著名な教授 7人
「10,000人計画」をリードする才能 9人
「長江学者」特別任命、講義教授 12人
全国優秀青年基金の受賞者 16人
国立「1億タレントプロジェクト」 11人
若者、若者、揚子江、一流の若者、優秀な若者、その他の「4人の若者」の才能 19人
山東泰山学者 41人
「風水/繁栄/グリーンカード/才能」の才能 147人
全国レベルで傑出した貢献をした若い中年の専門家 9人
973プログラムおよび全米主要科学研究プログラムの主任研究員 10人
National Key R&D Programのチーフサイエンティスト 8人
中国国立自然科学財団 2
科学技術省の主要分野のイノベーションチーム 2
文部省「長江奨学生」イノベーションチーム 4
ポスドク移動局 13
専任教師 1683人
博士課程の家庭教師 455人

研究プラットフォーム[編集]

学校には、3,500トンの「オリエンタルレッド2」海洋総合科学研究インターンシップ船、300トンの「エンジェル1」科学研究交通供給船、2600トンの「ハイダ」を含む3つの教育および科学研究船があり 「海洋地質地球物理調査船(企業と共同で建造)、および建設中の5,000トンの新しい深海総合科学研究船「東方紅3号」、近海から沖合、遠大まで海と一流の海上オンサイト観測機能を備えた極地統合海洋実験室システムまでそろえ、学校は青島海洋科学技術研究所の主要な支援ユニットで「海洋の動的プロセスと気候」と「海洋医学と生物製剤」の2つの機能研究所の作業を担当。関連する研究プラットフォームは次のとおり。

研究プラットフォームの構築
実験室レベル 研究所の数 研究室(ベース)リスト
国立研究所 1 青島海洋科学技術パイロット国立研究所
国立工学技術研究センター 2 国立海洋薬物工学技術研究センター、海洋ビッグデータ国立および地方共同工学研究センター
教育省の重要な研究室 6 教育省、教育省、海洋水産養殖の主要研究所、教育省、海洋環境生態学の主要研究所、教育省、潜水艦科学および検出技術の主要研究所、教育省海洋化学理論および工学技術の主要研究所教育省の生物遺伝学と繁殖の重要な研究室
文部省工学研究センター 4 海洋養殖省の工学研究センター、海洋材料および保護技術の工学研究センター、教育省、海洋油ガス開発および安全保護の工学研究センター、教育省、海洋情報技術の工学研究センター
農業省の主要研究所 1 農業省の水生動物の栄養と飼料の重要な研究室
山東省キーラボ 3 山東省の海洋工学の主要研究所、山東省の砂糖科学および砂糖工学の主要研究所、山東省の海洋環境地質工学の主要研究所
山東工学技術研究センター 1 山東海洋食品工学技術研究センター
青島キーラボ 5 複合現実と仮想海の青島キーラボ、海洋医学の青島キーラボ、光オプトエレクトロニクスの青島キーラボ、海洋ファインケミカルの青島キーラボ、海洋再生可能エネルギーの青島キーラボ
青島(工学技術)研究センター 4 青島海洋食品製造技術研究センター、青島海洋ビッグデータ工学研究所、青島組織工学角膜工学技術研究センター、青島現代サービス産業デジタル工学技術研究センター、青島海洋器械工学研究センター
ユネスコ中国海洋生物工学センター 1 ユネスコ中国海洋生物工学センター
中国海洋開発研究センター(文部省、国家海洋局) 1 中国海洋開発研究センター
国立基礎科学研究および教育人材トレーニングベース(海洋学、化学) 2 国立基礎科学研究および教育人材トレーニングベース(海洋学、化学)
ナショナルライフサイエンスアンドテクノロジータレントトレーニングベース 1 ナショナルライフサイエンスアンドテクノロジータレントトレーニングベース
教育省-国立外国人専門家局「111イノベーションとインテリジェンスベース」 5 シーガスダイナミクスイノベーションおよびイノベーションベース、水生健康文化理論および技術イノベーション導入ベース、海洋化学イノベーション導入ベース、海洋工学および海洋再生可能エネルギーイノベーション導入ベース、海洋生物ゲノミクスおよび分子遺伝育種イノベーション導入知的基盤
「985プロジェクト」哲学と社会科学イノベーションベース 1
文部科学省の重要な研究拠点 1
国立文化産業研究センター 1
山東人文社会科学研究基地 4
「第12次5カ年計画」における山東大学の人文社会科学研究拠点 2

地球科学、植物学および動物学、工学技術、化学、材料科学、農業、生物学および生化学、環境科学および生態学、薬理学および毒性学、米国ESIグローバル研究所でランク付けされた9つの分野(分野)トップ1%。 彼は、国家技術発明の1位、2位、2位、自然科学の2位、科学技術進歩の2位を受賞しました。「第12次5カ年計画」以来、全国レベルの1,100以上のプロジェクトを管理しました。 34の州および省レベルの科学技術賞と51の人文科学および社会科学賞があります。17,000件を超える論文がSCI、EI、およびISTPに承認され、1,704の発明特許が適用され、918の発明特許が承認された。 。

学術資料[編集]

中国海洋大学の図書館は玉山キャンパスと魚山キャンパスにあり、約52,000平方メートルの建築面積と、電子読書室の260席を含む4,000席を超えており、文書リソースの構築は、専門家サークルの選択、読者の推薦、および司書の構築という三位一体で運営。2017年末までに、コレクションには約250万冊の紙の書籍と定期刊行物、中国語と外国語の500万冊以上の書籍、303のデータベースがあり、継続性とカバレッジを維持することに基づいて、コレクション文献リソースは、主要な分野と有利な研究分野のニーズを満たすよう努めており、コレクション文献の特性は顕著になる。 2004年以来、図書館は、中国海洋大学の海洋および水生分野の伝統的なコレクションの文献リソースに基づいて、物理的な海洋図書館を構築してきた。

「Journal of China University of Journal of National Science Edition」は、China Science and Technology Periodical Citation Reportのコアジャーナル、 中国のコアジャーナルのコアジャーナル、および Chinese Science Citation Databaseのコアジャーナルです.American Chemical Abstracts、Mathematical Review、Russian Digest Magazine、British Zoologyから発行されています記録、ドイツ数学抄録、およびケンブリッジ科学技術ウェブサイトを含む多くの国際的に有名な検索機関は、4年連続で教育省科学技術部から「ブティックジャーナル賞」を授与。

「Journal of China Ocean University Social Science Edition」は、CSSCIのコアソースジャーナルであり、RCCSE Chinaのコアアカデミックジャーナルでメインコラムには、海洋開発研究、経済および管理研究、政治学および法学研究、言語および文学研究、学術トピックが含まれます。海洋開発調査は特集セクション。 このジャーナルは、「National Top 100 Social Science Journals」、「National Social Science Journal Characteristic Columns」、「National Science、Engineering、Agriculture and Hospitals Excellent Humanities and Social Sciences Journal」のタイトルを獲得。

「ジャーナル・オブ・オーシャン・ユニバーシティ・オブ・チャイナ」の英語版は、米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、およびその他の国からの40人以上の有名な学者を専門とし、ドイツの企業スプリンガーによって国際的に配布されており このジャーナルは、中国の科学技術の中核ジャーナル(中国科学論文ジャーナル)であり、US Science Index(SCI Expanded)、US Chemical Abstracts:CD Edition、Russian Journal of Digest(AJ)、および米国で採用されています。 Cambridge Science Digest:自然科学(CSA-ASFA0 / ASFA1 / ASFA2 / ASFA3 / B-CSV / EEA / Envl / MGA / OA / PollA / WRA / BS)、英国動物学記録(ZR)、米国生物学要約:事前評価(BP)、米国「ウルリッヒの国際定期刊行物ディレクトリ」(ウルリッヒの国際定期刊行物ディレクトリ)から

「中国海洋大学の高等教育研究」(四半期)は、中国海洋大学が後援する高等教育のジャーナルです。毎年3月、6月、9月、12月に発行される内部ジャーナルである。

学校の開発目標は次のとおりです.2020年までに、基本的には国際的な名声と顕著な特性を備えた高レベルの研究大学を構築します.2030年までに、世界クラスの包括的な海洋大学を、今世紀中旬までに、卓越した特性を備えた世界クラスの大学を構築。

学部[編集]

部門設定
大学 部門 その他の制度的設定
海洋大気大学 海洋学科 気象学 教育省物理海洋の重要な研究室
情報理工学部 物理学科 電子工学科 コンピューター部門 海洋技術学科 オーシャンビッグデータ国立および地方共同工学研究センター
化学化学工学部 海洋化学科 化学科 化学工学科 文部省海洋化学理論および工学技術の主要研究室
海洋地球科学部 海洋地球科学科 地球探査情報技術局 河口沿岸地域研究所 文部科学省潜水艦科学検出技術研究所
マリンライフカレッジ 海洋生物学 海洋生物工学科 環境生態系 教育省海洋遺伝学および繁殖の重要な研究室
水産大学 養殖部 海洋漁業 教育水産省の重要な研究室
食品科学工学部 食品科学工学科 山東海洋食品工学技術研究センター
医学部 薬局 国立海洋薬物工学技術研究センター
工学部 海洋工学科 機械電気工学科 土木工学科 自動化および測定システム 山東省海洋エンジニアリングの主要研究所
環境理工学部 環境科学科 環境工学科 文部省海洋環境生態学研究所
経営学部 経営学科 会計学科 マーケティングと電子商取引 観光局 中国企業運転資金管理研究センター
経済学部 国際経済貿易省 財務省 経済学科 文部科学省人文社会科学研究所、海洋経済研究所
外国語学校 英語科 日本語部 韓国語 フランス部 ドイツ部
文学部とジャーナリズム 中国部 ジャーナリズムとコミュニケーション学科 文化産業局 学科 文化省-中国海洋大学国立海洋産業研究センター
ロースクール 法学部 最高人民法院、海洋司法保護理論研究基地
国際関係学部 政治学科 行政学科
数理科学研究科 数学科 情報コンピューティング科学科
材料科学研究科 材料科学専攻 文部省海洋保護技術工学研究センター
基礎教育センター 教育省 芸術学科 体育学科
マルクス主義アカデミー マルクス主義の基本原則 中国マルクス主義教育研究部 中国近現代史部 イデオロギーおよび政治教育学科

文化的伝統[編集]

ファイル:Ocean University of China.png
中国海洋大学の紋章

学校のモットー[編集]

中国海洋大学のモットーは「 川と川の海 」。

1.学校バッジの主な構成は青い空と波であり、学校の校舎の時間が上部に書かれている

2.学校のバッジは、メインの色として青を採用し、海の色と一致

3.中国語と英語の学校名が外側の円に

キャンパス建設[編集]

中国海洋大学玉山キャンパス6階

玉山キャンパスは、学校で最も古い学区であり、第5玉山路にあり、かつては青島大学であり、後に国立山東大学で 約0.31平方キロメートル(465エーカー)の面積をカバーしています。 学校ライフサイエンス研究クラスターの宇宙船として、キャンパスは海洋生物専門学校、水生専門学校、医科大学、食品科学工学専門学校、美術学科があり、ドイツのビスマルク兵舎の跡地 、 日本の高等学校の 跡地 、国立大和時代に建てられた教育棟など、数多くの歴史的建物があります。

福山キャンパスは1990年代に建設され、香港東路23号に位置し、キャンパスは海に隣接した福山山の前にあり、交通が便利です。 旧経営学部、法学部、ジャーナリズムとコミュニケーション学部はキャンパス内にあり、2008年から2010年に魚山キャンパスに移転。 現在、福山キャンパスは中国海洋大学の継続教育学部であり、大学研究室の一部。 キャンパスのほとんどのオフィススペースは、キャンパス外のトレーニング機関にリースされている。

Lu山キャンパス[編集]

中国海洋大学老山キャンパス

魚山キャンパスは21世紀初頭に建設され、2006年に新しい生活を始めました。 風光明媚なLu山のふもとにあるキャンパスは、現在、中国海洋大学のメインキャンパスとなっています。 shan山キャンパスの面積は約1.21平方キロメートル(1815エーカー)。大学および大学には、海洋大気大学、情報科学工学部、化学および化学工学部、海洋地球科学部、工学部、環境科学および工学部、経営学部が含まれ、キャンパスには、図書館、体育館、陸上競技場、プール、エンジニアリングトレーニングセンターなどのインフラストラクチャと、南地区、北地区、東地区を含む10以上のレストランが完備されている。

西海岸キャンパス[編集]

海洋科学教育イノベーションパーク(西海岸キャンパス)は、 ハルビン工科大学の青島キャンパスと中国科学アカデミーの青島キャンパスに隣接する青島の西海岸新区のGuzhenkou軍民統合イノベーションデモンストレーションゾーンにあります。 学区は現在建設中で(2018年)、2021年に建設の第1フェーズを完了する予定。

西海岸キャンパスは約2,800ムーの面積をカバーしています。当初、実験基地とオフショア実験サイト、エンジニアリング技術規律グループとR&D基地、海洋開発戦略研究分野の共同イノベーションセンター、および軍事-民生統合イノベーションデモンストレーションゾーンを特定しました。制度改革パイロットゾーンの5つの機能オリエンテーションなどで キャンパスの総建設予定面積(グラウンド)は177万平方メートル、建物の容積比は約0.8、学生の合計サイズは20,000人、教職員数は2,000人です。 計画によれば、情報科学工学部、工学部、食品科学工学部、材料科学工学部は西海岸キャンパスに [7]

歴代校長[編集]

ファイル:Yang Zhen-Sheng.jpg
ヤン・ジェンシェン

私立青島大学

  • 高恩洪 (1924年8月-1924年11月)
  • 孙广钦 (演技)(1924年11月から1925年1月)
  • ソング・チュアンディアン (1925年1月-1928年)

国立山東(青島)大学

  • ヤンジェンシェン (1930年9月-1932年9月)
  • 赵太侔 (1932年9月-1936年6月)
  • リン・ジチン (1936年7月-1938年2月)
  • 赵太侔 (1946年2月-1949年6月)
  • 華港 (1951年2月-1955年8月)
  • 晁哲甫 (1956年7月-1958年7月)

山東海洋大学

  • Qu Xiangsheng (1959-1967)
  • 張国中 (1974-1980)
  • 華山 (1981-1984)
  • ウェン・シェンチャン (1984-1987)
  • 施正铿(1987-1988)

青島海洋大学

  • 施正铿(1988-1993)
  • グアン・フアシ (1993-2002)

中国海洋大学

  • グアンフアシ (2002年10月から2005年10月)
  • ウー・デキシン (2005年7月-2014年7月)
  • 于志刚(2014年7月から現在)

私立青島大学時代(1924-1928)

  • 高恩洪 (1875-1928)、 後期 および中華民国の政治家。 1924年、彼は私立青島大学の設立を主導
  • Sun Guangqin (1902-1963)、私立青島大学の元代行学長。
  • 羅栄桓 (1902-1963)、 衡山出身、 軍事戦略 家 、 政治家 、私設の青島商工大学(1924年)で学んだ。

国立山東(青島)大学時代(1930-1958)

カイ・ユアンペイ
王宜昌
933克家 1933年に撮影した写真
  • 蔡元培 (1868-1940)、ワードクレーン清、 浙江省、 紹興県 山陰郡 (現在の紹興市 )、有名な革命的な教育者 、 政治家 。 1929年、「青島の景観と気候、未来は文化の中心地であり、大学との関係は非常に大きい」に基づいて、山東大学の学校は青島にあり、山東大学の開校が盛んです。
  • 杨振声(1890-1956)、ちょうど今の単語、 山東省 テン州都 蓬莱郡 (今蓬莱市 )の人。 有名な教育者および作家 。 彼はかつて国立青島大学の学長でした。
  • 聞一多本名である温家宝嘉華(1899-1946)、単語智美、 湖北省 Xishuiの人々 、有名な詩人学者 、民主主義のための愛国戦闘機。 彼はかつて青島大学の国立文学部で教鞭をとり、教養学部の学部長を務めました。
  • シェン・コングウェン (1902-1988)、 湖南 フェニックスの男、有名な作家小説家エッセイスト考古学の専門家は、青島の国立大学で教えています。
  • 趙異常 (1890-1968)、言葉はあまりにも覚書、ある山東省 青州 イートー郡 (今青州)人。 有名なドラマ教育者 。 国立山東大学の初代学長。
  • 有名な劇作家である江蘇 武進の出身で、中国の演劇映画の先駆者であり創始者の一人であるホン・シェン (1889-1955)は、かつて山東大学で教えられ、外国語学部の長を務めました。
  • Chaozheフー (1894-1970)、 河南 清風水 、山東大学の前大統領。
  • 著名な作家であり詩人である山東省 珠城出身の王通照 (1897-1957)は、かつて山東大学で教鞭をとっていました。
  • 張西 (1897-1967)、 河北 憑祥創設者の一人、有名な海洋動物学者は、中国の海洋無脊椎動物は、Oceanologyの研究所の元副所長を研究しました。
  • 老舎 (1899-1966)、 北京 、有名な小説家作家 、 劇作家は 、山東大学の中国学科で教鞭を執っています。
  • 子供の最初の週 (1902-1979)、 浙江省 陰陽郡 、有名な発生学の家、 中央研究院の 学者中国科学院最初のバッチ科学 、旧Oceanology研究所研究所。 彼はかつて山東大学で教えていました。
  • フア・ギャング (1902-1972)、 浙江 龍游 、有名な哲学者歴史家教育者 、元大統領と山東省の学校の党書記。
  • リアン・シ・チウ (1903-1987)、名前Zhihua、単語本当の秋、のネイティブ浙江省 杭州郡 (今余杭は )、で生まれた北京の有名な、 エッセイスト学者 、 文芸評論家 、 翻訳家 。 彼はかつて国立青島大学の外国語学科で教え、外国語学科の部長と図書館の部長を務めました。
  • ビームノーススター (1905-1983)、 浙江省 諸曁 、有名な理論物理学者 、 リー物理教師の。 彼はかつて山東大学で教えていました。
  • 朱Shu平 (1907-1976)、 山東省 長義出身、有名な海洋生態学者、養殖科学者、 教育者 、世界の植物プランクトンの実験生態学の分野の先駆者。 山東大学の水産学部で作成され、教えられました。
  • 福建 出身の有名な生物学者であり海洋学者であり、中国の水産養殖の創設者の一人であるリン・シャオウェン (1907-1990)は、かつて山東大学で教鞭をとり、生物学部長を務めていました。
  • GC王 (1907-1998)、 江蘇省 常熟市 、有名な核物理学者 、中国のレーザー核融合研究の創始者、中国科学院(アカデミー会員)。 彼はかつて山東大学の物理学科で教えていました。
  • 彼Chongben (1908-1985)、 遼寧省 豊城市 、有名な海洋家、中国の海洋物理学創始者の一人。 彼はかつて山東海洋大学で教えていました。
  • 曾誠・クイ (1909-2005)、 福建省 アモイ 、有名な海洋ホームは長い海藻生物学、に従事して中国科学院(アカデミー会員) 。 彼はかつて中国科学アカデミー海洋学研究所の所長であり、山東大学で教鞭を執り、植物学部の部長と水産養殖部の最初の学部長を務めていました。
  • Fangzong西 (1912-1985)、 福建省 、有名な遺伝学者 、科学の専門家、藻類の遺伝と繁殖研究の先駆者と創業者。 彼はかつて山東大学で教えていました。
  • 江青 (1914-1991)、 山東省 珠城毛沢東の4人目の妻、 文化大革命中の中国共産党の主要指導者の1人は、 青島大学図書館で働いていた。
  • 奘 (1905-2004)は、 山東省 諸城市の人々は、現代の詩人 、1934年、卒業青島大学の中国の省(1930セッション)。
  • 黄ジン (1912-1958)、 浙江省 紹興の人々 、 中国の共産党トップリーダーの一人であったが、 江青 1933年に在籍のボーイフレンドは、物理学の青島大学学部(1931セッション)を卒業

オーシャン大学時代(1958年から現在まで)

  • チャンウェン盛 (1921-)、 河南省 Guangshanの人々 、 海洋物理学自宅で、 中国科学院は 、海洋の山東大学の学部長を務めていた。
  • 李青中 (1930-)、 昆山 、 江蘇 、石油工学の専門家、 中国工学院の学者 。 彼は現在、中国海洋大学の二重教育学者
  • 劉Hongliang (1932-)、 遼寧省 大連の人々 、環境工学の専門家、 中国工程院 。 彼は現在、中国海洋大学の二重教育学者
  • 王蒙 (1934年)、 北京の人々 、 ライター 。 中国海洋大学教養学部の教授、コンサルタント、学部長。
  • 屋根の上の瓦の下の風水市・ボード (1937)、 天津の人々 、 海洋物理学自宅で、 中国科学院は 、中国海洋大学で教えていた
  • Zhang Guowei (1939-)、 南陽河南 、 中国科学アカデミーの学者 。 彼は現在、中国海洋大学の二重教育学者
  • Guan Huashi (1939-)、 Xiajin山東省 、 中国工学院の学者 、1964年に山東海洋大学(1959)を卒業し、青島海洋大学の学長を務めた
  • 高Congjie (1942)、 山東 即墨の人々 、化学的分離の専門家、水処理技術の研究者の杭州開発センター、 中国工程院 。 彼は1964年に山東海洋大学海洋化学科を卒業
  • 江Xingwei(1959-)、 山東 Junanの男、国家衛星海洋アプリケーションサービスのディレクターは、2017年にエンジニアリング、1982年7月の中国科学院のアカデミー会員に選出された、海洋海洋専門家の山東大学を卒業。
  • バオZhenmin(1961-)は、 山東省 煙台の人々 、海洋生物の遺伝と飼育の専門家は、2017年に中国工程院、1982年7月のアカデミー会員に選出された海洋生物学科、海洋の山東大学を卒業。
  • 江蘇省出身の生物学者であるSu マイクロ波 (1958-)は、2015年に中国科学院の学者に選出1985年7月に山東海洋大学を卒業し、水産物の修士号(1978)を取得
  • 海洋学者である海南 文昌の 張偉 (1963年)は、2013年に中国工学院の学者に選出されました。1985年7月(1981年)に山東海洋大学海洋生物学科を卒業

コメント[編集]

  1. ^ 日占后改名为万年兵营
  2. ^ 青岛最早的大学是德国在1908年创办的德华大学
  3. ^ 部分空闲房舍经学校同意暂借给军方使用
  4. ^ 即青岛医学院,又称“东亚医科学院”,1946年并入在青岛的国立山东大学医学院,1956年分出,和历史上的私立、国立青岛大学以及(国立)山东大学并无渊源
  5. ^ 青岛工学院于1956年迁至武汉

参照資料[編集]

  1. ^ 学校概况”. 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ Vision & Mission”. 2014年7月3日閲覧。
  3. ^ 私立青岛大学” (中国語) (2011年8月3日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ 蔡元培与国立山东大学” (中国語) (2008年7月31日). 2013年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ 山东大学” (中国語) (2011年8月3日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ 学校简介”. www.ouc.edu.cn. 2018年6月30日閲覧。
  7. ^ 西海岸校区概览”. web.ouc.edu.cn. 2018年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]