ボブ・ホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボブ・ホーク
Robert James Lee Hawke(Bob Hawke)
BobHawke(cropped).jpg
生年月日 1929年12月9日(86歳)
出生地 南オーストラリア州の旗 南オーストラリア州
ボーバータウン
所属政党 労働党

オーストラリアの旗 第23代首相
内閣 ホーク内閣
在任期間 1983年3月11日 - 1991年12月20日
元首 女王エリザベス2世
テンプレートを表示

ボブ・ホーク(ロバート・ジェイムズ・リー・ホーク、Robert James Lee Hawke AC, Companion of the Order of Australia(オーストラリア女王から送られる称号)、1929年12月9日 - )は、オーストラリア政治家。元オーストラリア労働組合の代表、第23代オーストラリア首相馬主

南オーストラリア州ボーバータウン出身。10年間、オーストラリア労働組合評議会 (Australian Council of Trade Union, ACTU) の代表を務め、1980年に政治家になり、その3年後には首相に就任する。労働党所属の首相では史上最長(2006年6月現在)の任期を務めた。(任期: 1983年3月11日 - 1991年12月20日

経歴[編集]

会衆派教会聖職者であった父親と教師であった母親との元に生まれる。西オーストラリア大学で法学を学んだ後、ローズ奨学生としてオックスフォード大学に入学。オックスフォード大学在学中はビールの早飲み競争で、11秒間に2.5パイント(1.4リットル)を飲むという世界記録を樹立している[1]パースの教会にて後の妻となるヘイゼルと出会い、1956年に結婚。

大学在学中から政治に関心を持ち、大学卒業後はオーストラリア労働組合評議会(ACTU)に研究員として加入。1969年にはACTUの議長に選ばれ、1980年までその役職に就いた[2]

1979年の連邦議会選挙でビクトリア州ウィルズから立候補し当選すると、労働党の主導権を掌握する。1983年に労働党の党首に就任し、その1ヶ月後の連邦選挙にてマルコム・フレーザー率いる保守連合政権に大勝を果たす。これにより第23代オーストラリア首相に任命された。1991年に新たに労働党の党首となったポール・キーティングに首相の座を譲る。

脚注[編集]

  1. ^ Spiffing leader? Just apply spit and polish FairfaxDigtal
  2. ^ Before office-Robert Hawke National Archives of Australia

外部リンク[編集]


先代:
マルコム・フレーザー
オーストラリアの旗オーストラリア首相
1983 - 1991
次代:
ポール・キーティング
先代:
ビル・ヘイデン
オーストラリアの旗オーストラリア労働党党首
1983 - 1991
次代:
ポール・キーティング