マルコム・ターンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコム・ブライ・ターンブル
Malcolm Bligh Turnbull
Malcolm Turnbull 2014.jpg
生年月日 1954年10月24日(61歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリアシドニー
出身校 シドニー大学
ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学)
所属政党 自由党
配偶者 ルーシー・ヒューズ

在任期間 2015年9月15日 -
テンプレートを表示

マルコム・ブライ・ターンブル(英語:Malcolm Bligh Turnbull1954年10月24日 - )は、オーストラリア政治家である。第29代オーストラリア連邦首相オーストラリア自由党党首。

人物[編集]

2004年10月以来、シドニーの東部郊外のウェントワース選挙区 (Division of Wentworth) の選出である。

政界に入る前は法廷弁護士投資銀行家オーストラリア共和制運動 (Australian Republican Movement) のリーダーだった。

2007年11月の連邦選挙で与党保守連合が敗北したとき、環境大臣 (Federal Minister for Environment and Water Resources; 環境水資源の連邦大臣) であった。

2007年12月、ジョン・ハワード引退後の党首選挙でブレンダン・ネルソンに僅差で敗れ、保守連合の財政スポークスマン(影の内閣財務大臣)となった。

2008年9月、党首選挙にてネルソンを破り自由党党首に就任。翌2009年、党首選挙でトニー・アボットに党首の座を譲ったものの小差であり、国民の間での支持率は高いままだった[1]。2013年9月に発足したアボット政権では通信大臣に就任。

2015年になってアボットの経済政策や指導力に対する疑問が高まり、首相や与党の支持率は低下していた[2]。これを政権奪取の好機と見たターンブルは、アボットに対して退陣を迫り[3]、通信大臣を辞任。代わりに党首選挙を実施するようアボットに要求し、9月14日に実施された選挙に54対44で勝利。自由党党首に返り咲き[1]、翌15日に首相に就任した[4]

2015年12月、来日。

政策・主張[編集]

所属するオーストラリア自由党保守系の政党であるが、ターンブル自身はリベラル派であるとされており、本人も2015年の党首選挙後の会見の中で「本当の意味でのリベラルな政府を目指す」と述べている[5]

オーストラリアにおける共和制導入を支持しており[6]、アボット前首相が復活させた「ナイト」と「デイム」の称号についても時代遅れであるとして授与の廃止を発表した[7]

前任首相のアボットは、かつて第二次世界大戦でオーストラリアと戦った日本について、民主主義や市場経済といった価値観を共有する「アジアにおける最良の友」と述べるなどし「親日派」とされていた[8]のに対し、ターンブルは中国について「オーストラリアと抗日で戦った最も長い同盟国だ」と述べ、最大の貿易相手国である中国を最重視する親中派と見られている[9]

中国共産党党員と親戚関係にあり、保守系の自由党の中では際だった親中派である一方、中国がオーストラリア国内で権益買収の動きを見せた際は反対するなど、あくまで豪州の国益を棄損しない限り中国の台頭を歓迎する「現実主義的」親中の立場であると一部から評価されることもある[10]

2015年12月18日に来日。首相就任後の東アジアで最初の訪問国に日本を選んだ[11]安倍晋三首相との会談では、日本の捕鯨に対して深い失望を伝える一方、日本の平和安全法制の支持、自衛隊オーストラリア軍の共同訓練の推進を表明し、中国に対しては南シナ海での埋め立ての停止を求めることで一致し、東シナ海での動きに強い反対を示した[12]

家族・親族[編集]

息子は、中国政府のアドバイザーとして活躍していた中国共産党党員結婚している[13]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “豪新首相にターンブル氏 党首選を買って出たアボット氏敗れる、内閣刷新へ”. 産経新聞. (2015年9月14日). http://www.sankei.com/world/news/150914/wor1509140035-n1.html 2015年9月14日閲覧。 
  2. ^ “求心力低下の豪アボット首相、内閣改造観測を否定”. ロイター (ロイター). (2015年9月11日). http://jp.reuters.com/article/2015/09/11/australia-politics-idJPL4N11H1NG20150911 2015年9月14日閲覧。 
  3. ^ “豪与党自由党が14日に党首選、アボット首相再選に自信”. ロイター (ロイター). (2015年9月14日). http://jp.reuters.com/article/2015/09/14/australia-politics-election-abbott-idJPKCN0RE0TB20150914 2015年9月14日閲覧。 
  4. ^ “オーストラリア ターンブル首相が就任”. NHK. (2015年9月15日). https://www.nhk.or.jp/news/html/20150915/k10010235471000.html 2015年9月15日閲覧。 
  5. ^ “豪首相交代 対日関係の行方に注目”. NHK. (2015年9月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150915/k10010234681000.html 2015年9月15日閲覧。 
  6. ^ “豪首相、ナイトの爵位廃止 前首相の復活決定覆す”. 日本経済新聞. (2015年11月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H4Q_S5A101C1FF8000/ 2015年11月16日閲覧。 
  7. ^ “ナイトの称号、「時代遅れ」で廃止に オーストラリア”. CNN Japan. (2015年11月3日). http://www.cnn.co.jp/world/35072902.html 2015年11月16日閲覧。 
  8. ^ “豪首相が就任後初の北アジア歴訪へ、最優先事項は対日EPA”. ロイター. (2014年4月2日). http://jp.reuters.com/article/2014/04/02/l4n0mu1dp-abbott-to-visit-north-asia-idJPTYEA3105H20140402 2015年9月15日閲覧。 
  9. ^ “【豪首相交代】安倍首相の「最高の友」降板 中国を「抗日戦の同盟者」としたターンブル氏就任で日豪蜜月どう変わる?(2/4ページ)”. 産経ニュース. (2015年9月15日). http://www.sankei.com/world/news/150915/wor1509150006-n2.html 2015年9月15日閲覧。 
  10. ^ “【豪首相交代】安倍首相の「最高の友」降板 中国を「抗日戦の同盟者」としたターンブル氏就任で日豪蜜月どう変わる?(3/4ページ)”. 産経ニュース. (2015年9月15日). http://www.sankei.com/world/news/150915/wor1509150006-n3.html 2015年9月15日閲覧。 
  11. ^ “最初は中国でなく日本に…豪新首相、18日来日”. 読売新聞. (2015年12月14日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151213-OYT1T50010.html 2015年12月19日閲覧。 
  12. ^ “日豪首脳会談 首相、潜水艦の共同開発働き掛け”. 東京新聞. (2015年12月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201512/CK2015121902000146.html 2015年12月19日閲覧。 
  13. ^ 「豪新首相、バランス外交へ――前政権の『親日』修正どこまで」『日本経済新聞』46557号、日本経済新聞社、2015年9月27日、15面。

外部リンク[編集]

公職
先代:
トニー・アボット
オーストラリアの旗 オーストラリア連邦首相
第29代:2015年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
ブレンダン・ネルソン英語版
トニー・アボット
オーストラリア自由党党首
第14代:2008年 - 2009年
第16代:2015年 -
次代:
トニー・アボット
(現職)