華春瑩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
華春瑩
Hua Chunying
2019
生年月日 (1970-04-24) 1970年4月24日(53歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 江蘇省淮安市淮陰区
出身校 南京大学
所属政党 中国共産党
配偶者 樊为民
子女 1人

中華人民共和国の旗 外交部部長助理
(報道・儀典・翻訳担当)
内閣 李克強内閣
在任期間 2021年10月25日[1] -
最高指導者 習近平

中華人民共和国の旗 外交部
第28代報道官
内閣 李克強内閣
在任期間 2012年11月 - 2019年7月
最高指導者 習近平
テンプレートを表示
華春瑩
職業: 外交官
各種表記
繁体字 華春瑩
簡体字 华春莹
拼音 huà chūn yíng
ラテン字 Hua Chunying
和名表記: か しゅんえい
発音転記: ホァ チュンイン
テンプレートを表示
2011

華 春瑩(か しゅんえい、英語:Hua Chunying、発音転記:ホァ チュンイン、1970年4月24日[2] - )は、中華人民共和国外交官、報道官[2]

概要[編集]

中華人民共和国習李体制で就任した報道官である。南京大学外国語学院英語系を卒業後に外交部に入部。既婚者であり。1児の母である[3]。記者会見において、硬い表情で中国政府の公式見解を繰り返すことで知られる[4][5]

2019年2月中旬から公式の場に姿を見せなくなり失脚説も出たが、同年6月に中国共産党中央党校校内で歩く姿が目撃されており、何らかの長期研修を受けているものと推測されていた[6]。後に中央党学校研修生[7]名義で出した声明により中央党学校で研修を受けていることが判明した。

外交部では主に西欧畑で勤務し[3]、2012年11月に報道官に就任。2019年7月に外交部報紙媒体司司長(報道局長)に昇任[8]。女性の報道官としては5人目であり、また局長に女性が就任するのは初代報道局長の龔澎以来2人目となる。

2021年1月にアメリカ政府が中国政府による新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル族弾圧を、国際条約上の「民族大量虐殺」である「ジェノサイド」であり、かつ「人道に対する罪」に認定したことについて、「中国が新疆で実施している『ジェノサイド』や『反人類的な罪』なるものは徹頭徹尾、ポンペオが代表する個別の反華反共勢力が意図的に砲撃を加えてきた、人の耳目を驚かすような偽の命題、悪意ある荒唐無稽な騒ぎであり(中略)、過去も現在も未来も中国の大地には発生しない」「新疆問題をめぐるポンペオの各種の戯言は、2500万の新疆人民を含む中国人民に対する極大の侮辱であり、アメリカ人民や国際社会の判断力に対する極大の侮辱であり、人類の道義と基本的な良知に対する反逆と挑戦である」として、新疆ジェノサイド西側諸国が捏造した虚構であると断じた[9]

2021年10月、外交部部長助理 (外務次官補) (報道・儀典・翻訳担当) に就任する[10]

2022年8月、台北市に中国料理店が多数あることを根拠に台湾の領有権を主張する投稿をツイッターに行い、蔑笑を買った[11]

テニスが趣味である[12]

略歴[編集]

  • 1970年4月24日に江蘇省淮安市淮陰縣(現在の淮陰区)の中国共産党幹部の家庭に誕生する。父親は淮陰縣中国共産党中央紀律検査委員会書記、母親は淮安市清河区政治協商会議副主席であった[13]
  • 1988年に淮陰縣で最優秀の成績を修め、南京大学に入学した[13]。大学時代は「迎春花」と呼ばれた[14][注 1]
  • 1993年 - 1995年 外交部西ヨーロッパ司職員
  • 1995年 - 1999年 駐シンガポール大使館随行員、三等書記官
  • 1999年 - 2003年 外交部西ヨーロッパ司三等書記官、副処長
  • 2003年 - 2010年 駐EU大使団二等書記官、一等書記官、参事官
  • 2010年 - 2012年 外交部ヨーロッパ司参事官
  • 2012年 - 2019年 報紙媒体司副司長兼報道官[16]
  • 2019年 - 2021年 報紙媒体司司長兼報道官
  • 2021年 - 現在 外交部部長助理(大臣政務官)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中国で一般的なあだ名の付け方で、「華春瑩」を中国語で逆さに読むと「迎春花」になる[15]

出典[編集]

  1. ^ China's State Council appoints, removes officials”. 新華社. 2021年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 笑顔で話題の報道官、どんなキャリア? 中国のネット上の反応は…”. withnews (2017年12月23日). 2017年12月23日閲覧。
  3. ^ a b 华春莹”. 中华人民共和国外交部. 2023年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月3日閲覧。
  4. ^ あの中国「堅物」報道官、河野外相と笑顔のツーショット 日中ユーザーから反響が”. J-CASTニュース (2018年1月30日). 2018年2月11日閲覧。
  5. ^ 河野氏、「中国の有名な女性」と自撮り”. 産経新聞 (2018年1月31日). 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ 4か月姿を消していた中国報道官 “失踪”の真相は?”. FNN (2019年6月28日). 2019年6月29日閲覧。
  7. ^ https://www.saga-s.co.jp/articles/-/399364
  8. ^ 華春瑩氏が報道局長に、中国外務省が発表”. 日本経済新聞 (2019年7月22日). 2019年7月22日閲覧。
  9. ^ 平野聡 (2021年1月25日). “これぞ動かぬ証拠 ‶新疆ジェノサイド〟示した中国統計年鑑”. Wedge (ウェッジ). オリジナルの2021年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210501054639/https://wedge.ismedia.jp/articles/-/21994 
  10. ^ 中国女性報道局長が昇格 華春瑩氏、外務次官補に(写真=共同)”. 日本経済新聞 (2021年10月24日). 2021年10月24日閲覧。
  11. ^ 「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐”. 時事通信ニュース. 2022年8月29日閲覧。
  12. ^ 李雪颖 (2018年4月11日). “外交部女发言人竟爱打网球!这样的华春莹你绝对没见过”. 中国体育报. 新华网. オリジナルの2023年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180413125203/http://www.xinhuanet.com/sports/2018-04/11/c_1122666098.htm 2018年4月13日閲覧。 
  13. ^ a b 外交部新发言人出生干部家庭 大学四年没谈恋爱” (中国語). 腾讯网. 2012年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月19日閲覧。
  14. ^ “大学舍友眼中的华春莹:当时大家都喊她“迎春花””. 扬子晚报. (2012年11月18日 日曜日). http://epaper.yzwb.net/html_t/2012-11/18/content_38334.htm 
  15. ^ “中国外務省報道局長 華春瑩氏 難局の中国 対外発信担う”. 日本経済新聞電子版. (2019年7月28日). https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20190728&ng=DGKKZO47884060X20C19A7EA4000 2019年7月28日閲覧。 同日付朝刊総合4面に同じ記事がある。
  16. ^ “华春莹任外交部新发言人 下周一主持发布会”. 网易. http://news.163.com/12/1116/15/8GEMCVTC00014JB5.html 2012年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]