服部春彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部 春彦(はっとり はるひこ、1934年4月30日[1] - )は、日本歴史学者。専攻はフランス近代史。京都大学名誉教授。

経歴[編集]

京都府出身。京都大学文学部史学科卒、1970年同大学院文学研究科博士課程修了、「フランス産業革命論」で文学博士名古屋大学文学部助教授、1975年京都大学文学部助教授、教授、93年定年退官、名誉教授、京都橘女子大学教授を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『フランス産業革命論』(未來社、1968年)
  • 『フランス近代貿易の生成と展開』(ミネルヴァ書房、1992年)
  • 『経済史上のフランス革命・ナポレオン時代』(多賀出版、2009年)
  • 『文化財の併合 フランス革命とナポレオン』(知泉書館、2015年)

共編著[編集]

  • 大下尚一西川正雄望田幸男) 『西洋の歴史 近現代編』(ミネルヴァ書房、1987年/増補版、1998年)
  • 谷川稔)『フランス近代史―ブルボン王朝から第五共和政へ―』(ミネルヴァ書房、1993年)
  • (谷川稔)『フランス史からの問い』(山川出版社、2000年)

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』

参考[編集]