ガレー船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
16世紀におけるマルタの典型的な構造を持つガレー船の模型。この時期がガレー船最後の最盛期となった。突撃船首が確認できる。

ガレー船(ガレーせん、galley)は、主として人力で(かい、オール)を漕いで進む軍艦古代に出現し、地形が複雑で風向きの安定しない地中海バルト海では19世紀初頭まで使用された。正確にはガレーであり、この語だけで船であることも意味しているが、この語が一般的でない日本では「船」を付して呼ばれることが多い。

特徴[編集]

ガレー船の特徴は両舷に数多く備えられた櫂である。風力を利用する帆船と比べると、人力による橈漕は非力であり、また持続力の面でも劣るので、長距離の航行には限界があるものの、微風時や逆風に見舞われた場合もある程度自由に航行することが可能であった。このことは風が大西洋に比べて弱く、また不安定な地中海では重要な要素であり、この地域でガレー船が発達する要因であった。さらに、急な加速・減速・回頭を行なうような運動性においては帆に優っており、漕ぎ手を次々に交代させる事である程度の航続力は得られるため、海上での戦闘に有利で、ガレー船のほとんどは軍船として用いられた。

船体は同時代の帆船と比べて細長い。また、喫水が浅く舷側も低いことから、穏やかな海や水深の浅い海での高い機動性を得た反面、荒天時には航行能力が急激に低下し、また積載容量が少ない一方で乗員(主として漕ぎ手)の数が多く、頻繁に寄港・補給を要するという欠点も併せ持っていた。こうしたことから、ガレー船は香辛料貿易などに用いられた[1]以外ではもっぱら軍用船として利用されている。

ただし、帆船に比べて数は少ないながら帆も装備されており、これらは順風に恵まれている遠距離航海時に用いられた。初期は四角帆(スクエアセイル)だったが、14世紀頃、主にイタリアでマストやラティンセイルと称される三角帆の改良が進むとガレー船にもより多くの帆が装備されるようになり、例えばポルトガルからイングランドまでを無寄港で航行するといった長距離の航海が実現している。戦闘時には帆は漕走の邪魔になるので畳まれるか、場合によっては帆柱ごと切断してしまう。

歴史と変遷[編集]

形態[編集]

衝角(右側の突き出た部分)を装備したアッシリアのガレー船
古代ギリシアの復元船、Olympiasを基にした船隊

最も初期の船は個人もしくは数人でオールや櫂で漕いでいたが、大型化すると人力では限界があり、風力を利用する帆船となった。帆船が登場したのは紀元前3500年頃と考えられる。帆船はエネルギー効率が優れ乗員も少なくて済み、商船に適していた。しかし人力で航行するガレー船は、帆船に比べてその機動性が優れ、多数の乗員が搭乗していることから海戦に有利であり、紀元前3000年頃には最初のものが現われた。古代の海戦は、敵の船に自船を接舷させて兵士を乗り込ませ、白兵戦を行なう戦法であったが、ガレー船では兵士が漕ぎ手を兼ねていたのである。初期のガレー船は甲板がなく、漕ぎ手座は1段で1人が1本の櫂を担当するペンテコントール(pentecontor。ウニレーム unireme とも)と呼ばれる形式であった。これは、船体の両側に25人ずつの漕ぎ手が一列に並び、総計50人であった事に由来するギリシャ語起源の名称である。

トリレームの模式図

紀元前800年頃になると、軍船には投石機による射撃攻撃も行われたが、衝角という武装が施されるようになる。これは、船首の喫水線下に取り付けた角状の堅固な突起で、すれ違いざまに敵船の櫂をへし折って機動性を奪ったり、横腹に破孔を穿って沈没させる兵器である。これによって、海戦は従来の白兵戦から大きく様相を変え、ガレー船は速力を上げるため漕ぎ手座が2段になり、櫂も2本になったビレーム(bireme)に、次いで3段・3本になったトリレーム(trireme)すなわち三段櫂船へと発展した。3段になると、上段の櫂が下のものに引っかかったりぶつかる恐れがあるので、上段部には船外に張り出した船外櫂受けが設けられ、これによって櫂の配置に柔軟性が生じ、のちに様々な形式のガレー船(主として漕手の数を増やしたもの)が発展する。

漕ぎ手座を4段以上とする事は技術的に難しく、トリレーム出現以降はもっぱら漕ぎ手の数を増やす方向に進んだ。それまでは1本の櫂に1人の漕ぎ手が当てられたので、トリレームにおける1組の漕ぎ手数は3人であったが、カドリレーム(quadrireme)では、最上段の櫂を2人で漕ぐ、櫂を2本にして2人ずつで漕ぐ、さらに櫂を1本にして4人で漕ぐ、などの4人組の体制となる。さらに漕手を増やし、キンクレーム(quinquereme)では3段のうち上段・中段の漕手を2人にして5人一組とした。いっそう漕ぎ手を増やして6人・12人、さらには18人にも達した「カタマラン(Catamaran)」と呼ばれる双胴船も出現した。

乗員[編集]

乗員の多数[2]を占める漕ぎ手の労働条件は非常に厳しいものであった。そのため奴隷や捕虜が使用されたとの通念があるが、古代のガレー船の漕ぎ手は一般に自由民であった。古代ギリシア都市国家アテネにおいては無産市民がその任に当たった。彼らは財産を持たないことから軍務に就くことが出来ず[3]、漕ぎ手の地位に甘んじていたが、ペルシア戦争中のサラミスの海戦に参加し勝利に貢献したことから、国政への参加が認められることとなった。また中世イタリアの都市国家、特にヴェネツィア共和国においてガレー船の漕ぎ手は人気のある職業であったが、これは自分に割り当てられた積載スペースを利用しての交易活動が認められていたためであり、給金以上の利益を期待できることによる。

中世やルネサンス以降になると、囚人捕虜を漕ぎ手とする事が多くなる。ヨーロッパにおける囚人の利用は、フランスなどの君主国家でガレー船が量産された17世紀頃に顕著である。船団の保持を好んだ王の通達で、裁判でガレー船徒刑囚となると判決を下された者が、この時期に非常に多い。

またイスラム圏においてはキリスト教徒奴隷をこれに充てることも行なわれていた。囚人や捕虜を漕ぎ手とする場合、逃亡や反乱を防止するために漕ぎ手は鎖で手足を拘束されていた。契約による自由民が漕ぎ手の場合は、場合によっては武器を持って相手方の船に切り込む戦力として期待され、それを果たすこともあった(ヴェネツィアなど)。

武装[編集]

衝角や投石機による射撃攻撃も行われたが、やはり白兵戦海戦の主役であった。ローマ海軍では移乗戦闘用に「コルブス」(カラス)と称される斬り込み用の跳ね橋を艦首に有し、敵艦へ強行接弦後、スパイク付きの橋を下ろして船間を固定。ここから武装兵を突入させる戦術を多用した。

15世紀頃から衝角は廃れ、喫水線上に長く伸びた突撃船首に取って代わられる。これは敵を沈めるのではなく、体当たりで敵船を横転させる目的で備えられた。

艦砲の導入については本格的な導入は16世紀に入ってからとなった。構造上、舷側に配置可能なのはせいぜい旋回砲に過ぎず、大型砲は船首に備えられたがスペース的に数は限られた。船首楼の中心線上に重砲。その左右に2~3門の軽砲が配されている事が多い。

衰退[編集]

ガレー船がその頂点を迎えた象徴的な出来事は、1571年オスマン帝国スペイン・ヴェネツィアなどの連合軍との間で戦われたレパントの海戦である。この戦いでは双方がガレー船によって激戦を繰り広げた。17世紀に入ると交易量の増加や海軍増強の為に船舶の需要が増大したが、構造が複雑で建造費が高くガレーを漕ぐ水夫の調達が困難なガレーではなく、安価で運用に掛かる人件費の安上がりな帆船にとって換わられた。

ガレーは帆船と比べ火砲を設置可能な空間と積載量の小ささ、及び吃水の浅さによって火力と防御面で見劣りした為、ガレーにとって帆船の火力と防御力は脅威となった。また、ガレー船は積載量が少なく長距離の航海に不適で風波の荒い大西洋などでは航行困難のため交易や外洋航海には不向きであり、冬季には地中海でも運用が不可能という欠点を抱えていた。地中海に於いても17世紀以後は徐々に帆船の使用が増加していったが、帆船はその特性上凪の多い地中海ではガレーに劣る局面がある為、18世紀に入っても軍事利用されている。同様に沿岸防衛用としてバルト海でも19世紀まで命脈を保っている。

ガレー船の種々相[編集]

ガレー船の登場する作品[編集]

映画
文学
漫画

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 香料・香辛料は、中世やルネサンス期では、それと同じ重量の黄金に匹敵する価値があると言われ、輸送に成功すれば莫大な利益が得られたので、ガレー船の使用は損失にならなかった。
  2. ^ ヴェネツィアで量産された標準的ガレー船の乗員はおよそ200人。漕ぎ手はその4分の3に及ぶ。
  3. ^ 当時の兵士(重装歩兵)としての武器や甲冑の装備は自弁が原則のため。

参考資料[編集]

  • 『サイエンス(Scientific American 日本語版)』 日本経済新聞社 1981年6月号