帆曳船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帆曳船

帆曳船(ほびきぶね)とは、風の力を利用して、引網を引っ張り漁を行う帆船。帆曳き船帆引船帆引き船とも表記される。白い大きな一枚帆で風を捉えて進む。帆は大きなものでは高さ9メートル、幅16メートルほどにもなる。

歴史[編集]

1880年(明治13年)、漁師・折本良平により考案されたとされる。明治から昭和後半まで霞ヶ浦・北浦で帆引網漁業に用いられた。1960年代半ば(昭和40年代前半)に途絶えたが、1971年(昭和46年)に観光船として復活した[1]

2007年(平成19年)には、霞ヶ浦の観光PRのため、色付きの帆を張った「七色帆引き船」を運航[2]

現在は、春から秋にかけて観光用に運用されている。土曜・日曜・祝日に運航。

帆曳漁[編集]

帆曳漁、または帆引網漁業とは、風力を利用した帆曳船で曳網を引きながら魚を獲る漁業。明治から昭和にかけて、霞ヶ浦・北浦で行われたが、のちに動力船によるトロール漁に移行した。

大徳網や延縄など漁具漁法のほとんどは江戸時代に生まれたものとされるが、この帆曳漁は明治時代初期に考案されたものである。帆曳漁は1885年ごろにシラウオの漁獲を目的に創始されたといわれ、1889年ごろにワカサギ用にも改造された。帆曳漁は風の力で網を曳くため、風のないときは操業出来なくなる。当初は規模も小さかったが様々な改良がなされて霞ヶ浦に広く普及し、霞ヶ浦を代表する漁法となった。1966年ごろにトロール漁(機船底引網)が登場してすたれた。

脚注[編集]

  1. ^ 「霞ヶ浦の帆引き船物語」による
  2. ^ 茨城から世界、そして茨城へ 行方市のデザイナー・藤代範雄さん朝日新聞茨城版 平成25年1月号

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]