ジョゼフ・ギヨタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・ギヨタン
ジャン・ミシェル・モロー[1]作の
ジョゼフ・ギヨタン氏の肖像画
生誕 1738年5月28日
フランス王国サント
死没 1814年3月26日(満75歳没)
フランス王国パリ
国籍 フランスの旗 フランス
教育 ランス大学[2] パリ大学
職業 内科医政治家科学者
テンプレートを表示

ジョゼフ=イニャス・ギヨタン: Joseph Ignace Guillotin, : Dr. Joseph-Ignace Guillotin, フランス語発音: [ɡijɔtɛ̃]1738年5月28日 - 1814年3月26日)はフランス内科医政治家博愛主義者である。処刑器具のギロチンは彼の姓に由来しているが、彼はギロチンの発明者ではない。このような断頭装置は少なくとも13世紀にはすでに存在した。また彼は後述するように開発者でも製造者でもない。

1789年10月10日、彼はフランス死刑に機械的な装置を使用することを議会に提案した提案者である。しかしその彼の名前がエポニムとなり、彼の親類は、この機械に名前を使用することをやめてくれるように政府に依頼したが、この言葉が余りに広く認知されてしまっていたので、やむなく姓を変更するに至った。

略歴[編集]

サントで弁護士の子として生まれた。1756年から1762年まで、ギヨタンはイエズス会のメンバーとして文学士の学位を得た。彼はボルドーのアイルランド系大学で文学の教授になった。その後、彼は、イエズス会を去り、医師になることを決意した。彼はランスおよびパリ大学で医学を勉強した。1770年に彼は大学を卒業した。

1784年に、フランス政府はフランツ・アントン・メスメルが提出した動物磁気[3]の調査をベンジャミン・フランクリン他に加えて、ギヨタンに命じた。

1789年に、名士であるギヨタンはパリ選出の議員になった。彼が立憲議会にギロチンを提案したのはこの職にあった時である。

当時は、貴族は苦痛の少ない斬首刑で平民は絞首刑、また平民の重犯罪者には八つ裂きや車裂きなどの残酷な刑罰が課されていた。当時の議会では死刑の方法を身分に関係なく単一化して残酷な死刑を廃止する方向で進んでいた。ギヨタンはこの時に死刑の方法を最も上位の執行方法である斬首刑に統一するよう熱心に意見を述べた。

しかし、死刑執行人のシャルル=アンリ・サンソンが斬首刑の執行の難しさを訴え、上手く切れないと逆に苦痛が大きく残酷になってしまうことが問題視され、ギヨタンは単純な機械的な作用による失敗の無い斬首システムを確立する必要性を議会で訴えた。そこで実際の設計が、外科アカデミーの秘書だった外科医アントワーヌ・ルイの手に委ねられた。以降の開発導入に関する実務はルイとサンソンによって進められ、ギヨタンはギロチンの設計や実験にも関わっていない。しかし、実際の開発作業は非公開の裏方なのに対して、導入に対する法整備は公開された議会でギヨタン博士が取り仕切ったため、一般社会ではギヨタンが開発したかのような印象が広まり、結果としてギロチンの通名が広まることになった。

試作品の製作はドイツのハープシコード製作者トビアス・シュミットが行った。シュミットは斧の刃を、従来使われてきた半月形の刃から、45度の角度傾斜した斜め刃に変更してより効率的にした。最初に作られたものは「ルイゾン」あるいは「ルイゼット」の名で知られ特に有名である。

この提案にもかかわらず、ギヨタンは死刑に反対であった。彼はより人道的でより痛くない死刑が死刑の完全な廃止に向けての最初のステップになることを期待した。ギヨタンは、公開処刑ではなくより少数の家族および子供が処刑に立ち会うことを望み、処刑をより個人的なものにすることを誓った。彼は首切りによる標準化された死刑が当時の残酷で不正なシステムを防ぐだろうと確信していた。ギヨタンは、機械的な首切りによる公平な処刑システムが確立された後、大衆は彼らの権利に感謝するだろうと予測していた。

ギヨタン自身がこの装置で処刑されたというのは広く知られた都市伝説で、間違いである。彼は帝政期まで医療福祉の分野で活躍し、その実際の死因は左の肩のであった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jean-Michel Moreau
  2. ^ Reims University
  3. ^ フランツ・アントン・メスメルの提唱した催眠術まがいの心霊療法だが、科学的に否定された。(Animal magnetism

関連項目[編集]