ジャン=シルヴァン・バイイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=シルヴァン・バイイ

ジャン=シルヴァン・バイイJean-Sylvain Bailly, 1736年9月15日1793年11月12日)は、フランス天文学者フランス革命で活躍した政治家でもある。

生涯[編集]

ダヴィッドによる『球戯場の誓い』(カルナヴァレ博物館
中央で手を上げ宣誓している人物がバイイ

パリに生まれた。はじめ画家を目指し、劇作なども行ったが、ラカーユの影響で天文学の道に進んだ。1759年に出現した、ハレー彗星の軌道の計算などを行った。1763年フランス科学アカデミーの会員になり、1783年アカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。木星衛星に関する著著や、天文学の歴史にかんする著書を著した。

フランス革命によって、天文学の研究は中断させられた。1789年三部会に選出され、テニスコートの誓いの議長を務めた。バスティーユ襲撃の後、1789年7月15日パリ・コミューンの最初のパリ市長に選ばれたが、シャン・ド・マルスの虐殺事件でデモを鎮圧するために国民軍に発砲を命じたため人気を失い、1791年11月16日に解任され、ナントに隠遁した。1793年末に逮捕され、反革命分子としてシャン・ド・マルスで処刑された。


前任:
ルイ=エリザベート・ド・ラ・ヴェルニュ・トレッサン
アカデミー・フランセーズ
席次31

第7代:1783年 - 1793年
後任:
エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス