ポール・バラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・バラス

バラス子爵ポール・フランソワ・ジャン・ニコラPaul François Jean Nicolas, vicomte de Barras, 1755年6月30日 - 1829年1月29日)は、フランス革命期の政治家軍人。一般にはポール・バラス(Paul Barras)という名で呼ばれている。テルミドールのクーデターの首謀者の1人で総裁政府のリーダー格だった。その腐敗ぶりから「悪徳の士」とよばれた。

生涯[編集]

1755年、プロヴァンス地方のフォクス=アンフー(現在のヴァール県)で没落した名門貴族の家に生まれた。経済的な理由から父親に勧められ、16歳で軍隊に入ってラングドック連隊の士官となり、インドポンディシェリに派遣される。戦闘に従軍して1778年のポンディシェリ陥落の際には捕虜となった。大尉まで昇進していたが、金銭問題で帰国する。

1789年フランス革命が始まると、これを支持してジャコバン派に加入する。1792年国民公会の議員になり、国王ルイ16世処刑に賛成票を投じた。ダントン派のコネで派遣議員に選ばれ、最初アルプス軍に派遣され、次にイタリア方面軍に移った。ここで初めてナポレオン・ボナパルトと出会う。マルセイユトゥーロンの鎮圧を監督し、捕虜となった何百人もの町の住民を処刑した挙句、財産を没収した。公金横領など様々な汚職でロベスピエールからパリに召喚される。このためジョゼフ・フーシェらと協力して、テルミドールのクーデターを引き起こす。国民公会軍の総司令官として市庁舎を襲撃し、ロベスピエールたちを逮捕、翌日全員を処刑した。

ロベスピエール処刑の直後にタンプル塔に幽閉されているルイ16世とマリー・アントワネットの子女ルイ17世マリー・テレーズの様子を視察。病気に侵されたルイ17世の衰弱ぶりと処遇の酷さに驚き、公安委員会に部屋の管理を怠ったと叱責、重体に陥っていたルイ17世の容態の調査を命令した。実際には医師の診察はすぐに行われず、タンプル塔の警備兵は増員され、ルイ17世の後継人に親切なジャン・ジャック・クリフトフ・ローランを任命するのみであった[1]

その後の政権で有力者にのしあがり、テレーズ・カバリュス(タリアン夫人)を愛人にするなど、有力な銀行家や御用商人と結託して暴利を貪った。一方、パリの政情は安定せず民衆の蜂起が起こり(ヴァンデミエールの反乱)、国民公会はバラスを国内総司令官に任命した。彼はナポレオンを副官に命じ てこれを鎮圧させることに成功した。総裁政府が発足すると総裁の1人となる。バラスは総裁職を保持し続けた唯一の人物で、その後の5年間政府に君臨し、リュクサンブール宮殿に居を構えて豪勢に暮らした。愛人であったジョゼフィーヌ1796年、ナポレオンと結婚した。やがてナポレオンはイタリア遠征で成功し、英雄として、人気の無かった総裁政府を揺るがすようになる。

追いつめられたバラスはブルボン家のプロヴァンス伯(後のルイ18世)との交渉を開始し、王制の復活を画策する。しかしナポレオンはブリュメールのクーデタを起こし、バラスは辞職に追いやられた。その後、それまでに貯めた巨額の富を手にモンペリエで隠遁生活を送ったが、ナポレオン夫妻に対する誹謗中傷を繰り返したという理由で国外追放を命じられ、ブリュッセルローマを転々とした後、パリへの立入禁止を条件に1810年に帰国した。

ワーテルローの敗戦によってナポレオンが最終的に失墜し、第2次王政復古によってブルボン家の支配が確立すると、当時生存していた元国民公会議員の多くと同様に、バラスもルイ16世の処刑に賛成した罪とナポレオンの百日天下を支持した嫌疑で国外追放が検討されたが、後者については証拠が不十分であったため処分は見送られた。晩年は警察の監視を受けながら私人として贅沢な余生を送り、1829年シャイヨ(現在のパリ)で没、ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

出典[編集]

  1. ^ 「ルイ17世の謎と母マリー・アントワネット」 デボラ・キャドベリー著 櫻井郁恵訳 2004年 近代文芸社 p229-231

関連項目[編集]

外部リンク[編集]