第三身分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第一身分(聖職者)、第二身分(貴族)を担う第三身分

第三身分(だいさんみぶん)とは、封建社会の西欧アンシャン・レジーム)において、第一身分の聖職者、第二身分の貴族に次いだ身分としての平民を意味する[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]