バーゼルの和約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーゼルの和約およびカンポ・フォルミオの和約後のヨーロッパ

バーゼルの和約(バーゼルのわやく、Peace of Basel)は、フランス革命戦争の講和条約の1つ。

1795年4月5日プロイセン王国が、7月22日スペイン王国が、8月28日ヘッセン=カッセル方伯フランス共和国との間に講和条約を締結した。フランスとスペインとの講和条約は第二次バーゼルの和約とも呼ばれる。

概要[編集]

フランス革命への干渉を目的として、プロイセンは1792年に、スペインは1793年にフランス革命政府への宣戦布告を行った。戦況は当初第一次対仏大同盟側の有利に進んだが、フランスは国家総動員体制の整備などによって反撃に転じ、逆に両国の領土内へ攻め入る勢いを見せた。

1795年に至ってプロイセンは戦争の継続を断念し、フランス革命政府との講和を決めた。講和はバーゼルで行われ、フランスからはスイス公使のバルテルミー、プロイセンからはゴルツハルデンベルクが交渉にあたった[1]。講和によってプロイセンはフランスのラインラント併合を認め、引き換えにライン川以東のフランス軍占領地域はプロイセンへ返還された。同年、スペインもフランスと和平し、占領地域の回復と引き換えに革命政府の承認とサントドミンゴの割譲を認めた。

関連項目[編集]

注釈、出典[編集]

  1. ^ ソブール 下145

参考文献[編集]