英露戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英露戦争
戦争ナポレオン戦争
年月日1807年9月 - 1812年7月18日
場所バルト海
結果エレブルー条約英語版で和解
交戦勢力
イギリスの旗 イギリス
同盟国
 スウェーデン
 ロシア帝国
同盟国
デンマーク デンマーク=ノルウェー

英露戦争(えいろせんそう、: Anglo-Russian War)は、ナポレオン戦争と並行し、1807年から1812年までイギリスロシアとの間で行われた散発的な戦争である。

概要[編集]

1807年7月、ロシアは、皇帝ナポレオン1世支配下のフランスティルジットの和約を締結した。これにより、ロシアとフランスとの間に協調関係が成立し、イギリスとロシアとは敵対関係に立つことになった。

ヨーロッパの戦闘[編集]

1807年9月、イギリスがデンマークを攻撃すると、ロシア皇帝アレクサンドル1世はイギリスへ宣戦布告した。10月にはドミトリー・セニャーヴィン指揮下のロシア艦隊が、地中海からの回航中にリスボンで拿捕され、戦争終結までの間ポーツマスで拘禁された。第二次ロシア・スウェーデン戦争(フィンランド戦争)に際しては、イギリス艦隊はスウェーデンを支援し、1808年7月と1809年8月にフィンランド湾における戦いでロシア艦隊を破った。しかし陸戦においてはロシアが勝利し、スウェーデンは1809年にロシアと、1810年にフランスと講和条約(パリ条約)を結んで大陸封鎖令に参加した。

ペルシアの戦闘[編集]

1804年から1813年までのロシア・ペルシャ戦争では、イギリスは1809年にジョン・マルコム英語版率いる使節団をペルシアに派遣、ペルシア軍の改革を支援した。使節団の一人であったウィリアム・モンティス英語版はペルシア軍のグルジア遠征に随行した。

両国の和解[編集]

イギリスは当時ロシアと戦端を開いていた国々を援助し、海戦で度々勝利したが、ロシアは第二次ロシア・スウェーデン戦争ロシア・ペルシャ戦争露土戦争で勝利を収めた。

1810年以降、フランスとロシアの関係は再び悪化し、イギリスとロシアとの敵対関係は終息に向かった。1812年4月にはイギリス、ロシア、スウェーデンの3国は対ナポレオンの秘密協定を結んだ。同年、ナポレオンのロシア遠征が開始されると、英露両国は7月18日に正式な講和条約であるエレブルー条約英語版を締結した。

参考文献[編集]

  • Chapman, Tim (2001), Imperial Russia, 1801–1905 (illustrated, reprint ed.), Routledge, p. 29, ISBN 978-0-415-23110-7 
  • Chichester, Henry Manners (1894). “Monteith, William”. In Sidney Lee. Dictionary of National Biography, Volume 38. London: Smith, Elder & Co. pp. 280–281. https://en.wikisource.org/wiki/Monteith,_William_(DNB00). 
  • Clarke, James Stanier; Jones, Stephen (1808), The Naval chronicle 1808 (January–June), Containing a general and biographical history of the royal navy of the United kingdom with a variety of original papers on nautical subjects ([1799–1818]), 19, London: J. Gold, p. 129 
  • Nolan, Cathal J. (2002), The Greenwood Encyclopedia of International Relations: S-Z, The Greenwood Encyclopedia of International Relations, Cathal, 4 (illustrated ed.), Greenwood Publishing Group, p. 1666, ISBN 978-0-313-32383-6 
  • Norie, John William (1827), The naval gazetteer, biographer, and chronologist; containing a history of the late wars, from their commencement in 1793 to their final conclusion in 1815; and continued, as to the biographical part, to the present time, j. w. Noire & Co, p. 560 
  • Tredrea, John; Sozaev, Eduard (2010), Russian Warships in the Age of Sail, 1696–1860, Seaforth, ISBN 978-1-84832-058-1 

関連項目[編集]