フリートラントの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリートラントの戦い
Napoleon friedland.jpg
フリートラントの戦いのナポレオン
戦争ドイツ・ポーランド戦役ナポレオン戦争
年月日1807年6月14日
場所東プロイセン東部のフリートラント周辺地域
結果:フランス軍の勝利
交戦勢力
フランスの旗 フランス ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指揮官
ナポレオン1世 ベンニクセンロシア語版
戦力
80,000 60,000
損害
死傷 8,000 死傷 20,000
野砲 80門
フリートラントの戦い前後の両軍の機動

フリートラントの戦い(フリートラントのたたかい, 英:Battle of Friedland, 仏:Bataille de Friedland, 1807年6月14日)は、ナポレオン戦争の戦闘の1つ。東プロイセン東部のフリートラント(現ロシア連邦カリーニングラード州プラヴディンスク)周辺地域で、皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍が、ベンニクセンロシア語版率いるロシア軍を破った。

この戦いはマレンゴの戦いとよく似た経過をたどった。奇しくも6月14日は、7年前のマレンゴの戦いの戦勝記念日でもあった。

背景[編集]

1806年、イエナ・アウエルシュタットの戦いプロイセン軍は壊滅的打撃を受け、国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は東プロイセンへ逃れた。ロシア軍がプロイセンの救援に向かい、1807年2月7日-8日、フランス軍との間でアイラウの戦いとなった。この戦いは両軍とも大きな損害を出し、決着は着かなかった。

フランス軍は一旦後退し、ルフェーブルを指揮官として3月18日からダンツィヒの攻囲戦を開始。5月27日にプロイセン軍守備隊が降伏した。その間にロシア軍も、プロイセンの臨時首都となっていたケーニヒスベルクを拠点に再編成を終えた。

6月にロシア軍は活動を再開し、6月10日のハイルスベルクの戦い英語版でフランス軍に対して戦術的勝利を収め、東プロイセンを南北に流れるアレ川ポーランド語版ポーランド語: Łynaフランス語: Alle)の東に後退した。ナポレオンは、ロシア軍を追うのではなく、その出撃拠点を叩くことを企図し、ケーニヒスベルクへ軍を向けた。これに対してロシア軍は、フランス軍の中で最も東側を進撃していたランヌ軍団を捕捉撃滅すべく、ケーニヒスベルクの南東約50キロの町フリートラントにおいて、再びアレ川を渡った。

経過[編集]

  • Napoleon Series Map Archives - ハイルスベルクの戦い後の両軍の移動経路図、及びフリートラントの戦いの配置図が見られる。

6月13日深夜、ロシア軍はアレ川西岸のフリートラントの市街地を占領し、そこに進出していたランヌ軍団の先遣部隊を駆逐した。ランヌ軍団主力はいまだフリートラントへの途上にいた。急ぎグルーシーの騎兵部隊が、フリートラントの北西約3キロにあるハインリッヒスドルフの村落を確保し、6月14日明け方、フリートラント・ハインリッヒスドルフ間で戦いが始まった。14日午前9時の時点で、ロシア軍が45,000をアレ川西岸に投入したのに対して、戦場のフランス軍はランヌ指揮下の9,000とグルーシー指揮下の8,000に過ぎなかった。ランヌはコサック騎兵の浸透を受けつつも、巧みな指揮によって後退しつつ時間を稼いだ。

このときまでにロシア軍は二つの失策を犯していた。第一は、ハイルスベルクからフリートラントまでの50キロ以上を短時間で踏破してきたために14日午前中は十分な戦闘態勢が整っていなかったこと、第二のより致命的な失策は、アレ川で主力部隊と予備兵力とが分断され、さらには西岸の主力部隊も、フリートラント市内を流れる用水路によって南北に分断されていたことである。

正午までにモルティエの増援部隊がコサック騎兵を撃退し、ナポレオンも戦場に到着した。午後4時までにはネイ軍団とヴィクトール軍団も戦場に到着し、フランス軍は80,000近くを集結させることができた。このとき、翌日にはミュラ軍団とダヴー軍団も戦場に到着すると予想されたため、ナポレオンの幕僚は14日中の反撃開始に反対した。だがナポレオンは、ロシア軍の致命的失策と、それによって生じた瞬間のチャンスを見逃さなかった。ナポレオンはネイに向けて、フリートラントの街を指差しこう言った。「あれがゴールだ。わき目もふらず前進せよ。」

午後5時、用水路南側のロシア軍左翼を攻撃目標として、猛烈な砲撃とともにネイ軍団が前進を開始した。ロシア軍は予備の騎兵を投入し、一時ネイ軍団が押し返される局面もあったが、デュポン師団と近衛砲兵隊が増援に駆けつけこれを撃退した。午後8時までにロシア軍左翼は崩壊し、ネイは用水路南側を制圧した。アレ川にかかる橋梁が焼け落ちたことで、用水路北側に残っていたロシア軍右翼は退路を失い壊滅した。

影響[編集]

6月16日にはスルトがケーニヒスベルクを占領し、プロイセンは完全に敗北した。7月7日、ナポレオンとロシア皇帝アレクサンドル1世ティルジットの和約に合意した。和約によって、フランスとロシアとの間には協調関係が成立した。ポーランドワルシャワ公国として独立を回復し、プロイセンはエルベ川以西の領土を失ったうえ巨額の賠償金を課せられた。

参考文献[編集]