レオンティイ・レオンティイエビッチ・ベニグセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ドー作のポートレート

レオンティイ・レオンティイエビッチ・ベニグセンロシア語: Лео́нтий Лео́нтьевич Бе́ннигсен , 1745年2月10日-1826年12月3日)は、ロシア帝国の将軍。ブラウンシュヴァイク出身。

経歴[編集]

1745年2月10日、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領ブラウンシュバイクで生まれた[1]。彼の家系は、バンテルンドイツ語版に領地を所有していた。選帝侯領の軍人となった彼は、七年戦争では1762年にウェストファリア、ライン川方面の戦役に参加した[1]。1764年に父親が亡くなり、結婚し、選帝侯領の軍人を辞した。1773年にロシア軍の将校となった。 1774年から1778年[2]、1787年から1792年までトルコと戦った[1]。1794年にはコシチュシュコの蜂起の鎮圧に参加、1796年のロシア・ペルシャ戦争ではデルベントガージャール朝と戦った。この間、1794年9月26日に聖ギオルギー勲章を受章した。1798年、ロシア皇帝パーヴェル1世より罷免された。

1801年、アレクサンドル1世よりリトアニア総督に任命された[1]

1805年12月2日のアウステルリッツの戦いには参加できなかった[3]。ロシア=オーストリア連合軍が敗北した後、彼は撤退し1806年冬まで戦闘を行うことはなかった[1]。1806年12月26日、プウトゥスクの戦いでジャン・ランヌの軍団と戦った[1]。その後彼は退却戦を実行、1807年2月8日のアイラウの戦いでナポレオンと戦った。同年6月14日のフリートランドの戦いでナポレオンに敗れ、ロシアはティルジットの和約を結んだ[4]。 

その後、退役したが1812年ロシア戦役では、ミハイル・クトゥーゾフの幕僚となった[1]。9月7日のボロジノの戦いにも参加、同年10月18日のタルティノの戦いでジョアシャン・ミュラの部隊を破った[1]

1813年10月のライプツィヒの戦いに参加した後、ハンブルクの包囲戦でルイ=ニコラ・ダヴーと戦った[1]

ナポレオン戦争後は、ロシア第2軍を率いて1818年までベッサラビアに駐屯した[1]

退役後は、ヒルデスハイム近郊のバンテルンで過ごした。

1826年12月3日、81歳で亡くなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Timothy C. Dowling (2014). Russia at War: From the Mongol Conquest to Afghanistan, Chechnya, and Beyond .... Abc-Clio Inc. p. 110. ISBN 978-1598849479. 
  2. ^ Leonty Leontyevich, count von Bennigsen”. ブリタニカ. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ Timothy C. Dowling (2014). Russia at War: From the Mongol Conquest to Afghanistan, Chechnya, and Beyond .... Abc-Clio Inc. p. 53. ISBN 978-1598849479. 
  4. ^ J.P.ベルト『ナポレオン年代記』瓜生洋一、新倉修、長谷川光一、松蔦明男、横山謙一訳、日本評論社、85-88頁。ISBN 4-535-58273-4

関連図書[編集]