ヴァランセ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴァランセ条約(ヴァランセじょうやく、英語: Treaty of Valençay)は1813年12月11日、フランス外相シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール所有のヴァランセ城英語版で、フランス第一帝政代表アントワーヌ=ルネ・マチュランスペイン王国代表ホセ・ミゲル・デ・カルバハル=バルガス英語版の間で署名された条約。平和条約の予備として、1808年以降ヴァランセで囚われていたフェルナンド7世の復位と僭称者ジョセフ・ボナパルトの退位が定められた。

停戦の条項も含まれたが、相互不信から履行されなかった。ナポレオンはフェルナンド7世から「アーサー・ウェルズリーがスペインを対フランス戦の基地として使う場合、スペイン軍はイギリスとポルトガルと戦う」という秘密条項を引き出した[1]が、カディス・コルテス英語版はフェルナンド7世がマドリードに無事到着した直後にヴァランセ条約の無効を宣言した[1]半島戦争第六次対仏大同盟でナポレオンが敗北するまで続いた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Longford, p. 417

参考文献[編集]

  • Gates, David. The Spanish Ulcer: A History of the Peninsular War. Da Capo Press 2001. ISBN 0-306-81083-2
  • Longford, Elizabeth. Wellington: The Years of The Sword. New York: Harper and Row Publishers, 1969.

関連項目[編集]