ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー
Jean Victor Marie Moreau
1763年2月14日 - 1813年9月2日
Jean-Victor Moreau.jpg
生誕 モルレー
軍歴 1791年 - 1800年(仏)
1812年 - 1813年(露)
最終階級 陸軍中将(仏)
陸軍元帥(露)
テンプレートを表示

ジャン・ヴィクトル・マリー・モローフランス語: Jean Victor Marie Moreau, 1763年2月14日 - 1813年9月2日)は、フランス革命戦争ナポレオン戦争期の軍人ナポレオンのライバルのような存在だった。

フランス革命によって将軍となり、ナポレオン戦争においても活躍した。1800年ホーエンリンデンの戦いオーストリア軍のヨハン大公を破ったことで国民的英雄となっていたが、1802年以降ナポレオンと不和となり、王党派に鞍替えした。イギリス首相ピットからの援助によるクーデター計画に加わったため、流刑になった。

後にロシア皇帝アレクサンドル1世に招かれ、ロシア軍元帥となったが、ドレスデンの戦いで砲撃によって負傷し、プラハで没した。

外部リンク[編集]