テルミドールのクーデター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テルミドール9日のクーデタで撃たれるロベスピエール。それを支えているのが、サン=ジュストである。史実に忠実であるかは疑問が残る。

テルミドールの9日のクーデタとは、1794年7月27日フランス革命暦II年テルミドール9日)に起きた、フランス革命時におけるジャコバン派独裁に対立する勢力によるクーデターである。これによりマクシミリアン・ロベスピエールとその同志であるルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストジョルジュ・クートンフィリップ=フランソワ=ジョゼフ・ル・バen)らが失脚し、ある者は処刑され、ある者は自殺した。テルミドール9日の反動とも呼ばれる。

テルミドールとは、革命時制定されたフランス革命暦で「熱月」を意味する。この事件により実質的に一連のフランス革命は終焉したとされ、市民革命は終わりを告げた。又、革命暦は後にナポレオン・ボナパルトにより廃止された。

背景[編集]

ジャコバン派1793年から1794年にかけてフランス内外の戦乱を収拾した後、国民は恐怖政治に嫌気が差すようになっていた。94年春にエベール派とダントン派が粛清されると、ジャコバン派の一部は国民公会の中間派と密に協力してロベスピエールを打倒しようとした。また、恐怖政治の先鋒としてパリ以上に行き過ぎた弾圧を行っていた地方派遣議員(ジョゼフ・フーシェポール・バラスジャン=ランベール・タリアンら)は、ロベスピエールの追及を恐れて先制攻撃を画策していた。

一方、恐怖政治の中心だった公安委員会も、ロベスピエール派(ロベスピエール、サン=ジュスト、クートン)・戦乱収拾により勢力を拡大した穏健派(ラザール・カルノーなど)と、恐怖政治のさらなる強化を主張する強硬派(ジャック・ニコラ・ビョー=ヴァレンヌジャン=マリー・コロー・デルボワなど)に分裂していた。それに嫌気が差したのか、ロベスピエールは6月半ばから7月26日まで、公の席にほとんど姿を見せなかった。その間にも反対派の陰謀は進行していた。7月22日には対立関係にあった公安委員会および保安委員会による合同会議が開かれたが、ロベスピエールはもはやサン=ジュストの忠告にも耳を貸さなくなっていた。

テルミドールの演説[編集]

7月26日(テルミドール8日)、国民公会でロベスピエールは、サン=ジュストらに諮らないまま「粛清されなければならない議員がいる」と演説をした。議員達はその名前を言うように要求したが、ロベスピエールは拒否。攻撃の対象が誰なのかわからない以上、全ての議員が震えあがった。反対派たちの結束はこれで決定的なものとなった。

その晩、ロベスピエールはジャコバン・クラブで演説し、「諸君がいま聞いた演説は私の最後の遺言である」と発言した。彼は翌日の悲劇を予感していたのかもしれない。

テルミドール9日の始まり[編集]

7月27日(テルミドール9日)午前11時、ロベスピエールらは国民公会に臨んだ。しかし、議長のコロー・デルボワやタリアンらはロベスピエールらの発言を阻止。議場から「暴君を倒せ」と野次が飛ぶなか、タリアンはロベスピエール派の逮捕を要求し、午後3時、ロベスピエール、クートン、サン=ジュスト、ル・バ、ロベスピエールの弟のオーギュスタンらの逮捕が決議された。

ジャコバン派の最後[編集]

7月28日のロベスピエールの死刑執行をもって恐怖政治は終了した。

その後、パリ市のコミューンが蜂起し、そのすきにロベスピエールらはパリ市庁舎に逃げ込む。市庁舎にはロベスピエールを守るべくパリ市国民軍司令官フランソワ・アンリオ率いる200人の国民衛兵と3500人の群集が集結してきたが、独裁者と呼ばれたくないロベスピエールに彼らの先頭に立つ気はなかった。なお、このときアンリオは泥酔状態だったという。この間に、国民公会は、ロベスピエールらコミューンに従うものを法の外に置くことを決定した。深夜になって国民衛兵は引き上げ、国民公会が派遣したポール・バラス率いる軍隊はやすやすと市庁舎を占領した。ル・バはピストル自殺し、ロベスピエールも自殺を図るが失敗して顎に重傷を負い、逮捕された。のちに准将に昇進したシャルル・アンドレ・メルダは自らが顎を撃ち砕いたと主張している。その後、ロベスピエールらはコンシェルジュリー牢獄に連行されて短い最後の夜を過ごした。

7月28日、かつてロベスピエールの指示に従って反対派を断頭台に送り込んでいた革命裁判所の裁判長アントワーヌ・フーキエ=タンヴィルはロベスピエールらに死刑判決を下した。午後6時、ロベスピエール兄弟、サン・ジュスト、アンリオら22人は革命広場でギロチンにより処刑された。翌日には70人のコミューンのメンバーが処刑され、その翌日には12人が同じ罪状で処刑された。

さらに、ジャン=バティスト・カリエやフーキエ=タンヴィルらジャコバン派の生き残りは、同年から翌年にかけて次々に逮捕され、死刑に処せられた。クーデターに加わっていたビョー=ヴァレンヌやコロー・デルボワも公安委員として恐怖政治を推進した責任を問われ、ギアナへ流罪となった。

7月28日に処刑された人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]