テルミドールのクーデター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テルミドール9日のクーデタで撃たれるロベスピエール。それを支えているのが、サン=ジュストである。史実に忠実であるかは疑問が残る。

テルミドールの9日のクーデタとは、1794年7月27日フランス革命暦II年テルミドール9日)に起きた、フランス革命時における山岳派独裁の反対派によるクーデターである。これにより、ロベスピエールとその一派(サン=ジュストクートンル・バen)など)が失脚、処刑または自殺した。テルミドール9日のクーデターテルミドールの反動ともいう。

テルミドールとは、革命時制定された革命暦で熱月を意味する。この事件により実質的にフランス革命は終焉したとされ、市民革命は終わりを告げた。又、革命暦は後にナポレオンにより廃止された。

背景[編集]

ジャコバン派1793年から1794年にかけてフランス内外の戦乱を収拾した後、国民は恐怖政治に嫌気が差すようになっていた。94年春にエベール派とダントン派が粛清されると、ジャコバン派の一部は国民公会の中間派と密に協力してロベスピエールを打倒しようとした。また、恐怖政治の先鋒としてパリ以上に行き過ぎた弾圧を行っていた地方派遣議員(ジョゼフ・フーシェポール・バラスジャン=ランベール・タリアンら)は、ロベスピエールの追及を恐れて先制攻撃を画策していた。

一方、恐怖政治の中心だった公安委員会も、ロベスピエール派(ロベスピエール、サン=ジュスト、クートン)および、戦乱収拾により勢力を拡大した穏健派(ラザール・カルノーなど)に分裂していた。それに嫌気が差したのか、ロベスピエールは6月半ばから7月26日まで、公の席にほとんど姿を見せなかった。その間にも反対派の陰謀は進行していた。7月22日には対立関係にあった公安委員会および保安委員会による合同会議が開かれたが、ロベスピエールはもはやサン=ジュストの忠告にも耳を貸さなくなっていた。

テルミドールの演説[編集]

7月26日(テルミドール8日)、国民公会でロベスピエールは、サン=ジュストらに諮らないまま「粛清されなければならない議員がいる」と演説をした。議員達はその名前を言うように要求したが、ロベスピエールは拒否。攻撃の対象が誰なのかわからない以上、全ての議員が震えあがった。反対派たちの結束はこれで決定的なものとなった。

その晩、ロベスピエールはジャコバン・クラブで演説し、「諸君がいま聞いた演説は私の最後の遺言である」と発言した。彼は翌日の悲劇を予感していたのかもしれない。

テルミドール9日の始まり[編集]

7月27日(テルミドール9日)午前11時、ロベスピエールらは国民公会に臨んだ。しかし、議長のジャン=マリー・コロー・デルボワ(公安委員会のメンバー)やタリアンらはロベスピエールらの発言を阻止。場内から「暴君を倒せ」と野次が上がる中、タリアンはロベスピエール派の逮捕を要求し、午後3時、ロベスピエール、クートン、サン=ジュスト、ル・バ、オーギュスタン・ロベスピエール(ロベスピエールの弟)らを逮捕する決議が通過した。

ジャコバン派の最後[編集]

7月28日のロベスピエール死刑執行をもって恐怖政治は終了した。

その後、パリ市のコミューンが蜂起し、その隙にロベスピエールらはパリ市庁舎に逃げ込む。市庁舎にはロベスピエールを守るべくパリ市国民軍司令官フランソワ・アンリオ(泥酔していたと言われる)率いる200人の国民衛兵と3500人の群集が集結してきたが、独裁者と呼ばれたくないロベスピエールに彼らの先頭に立つ気はなかった。この間に、国民公会では、議員達がロベスピエールらコミューンに従うものを法の外に置くことを決定した。深夜になって国民衛兵は引き上げ、ポール・バラス率いる国民公会の派遣軍はあっさり市庁舎を占領。ル・バはピストル自殺し、ロベスピエールも自殺を図るが失敗し、顎に重傷を負い、逮捕された。後のフランス軍准将シャルル・アンドレ・メルダは自らが顎を撃ち砕いたと主張している。その後、ロベスピエールらはコンシェルジュリー牢獄に連行されて短い最後の夜を過ごした。

7月28日、かつてロベスピエールの指示に従って反対派を断頭台に送り込んでいた革命裁判所の裁判長アントワーヌ・フーキエ=タンヴィルはロベスピエールらに死刑判決を下した。午後6時、ロベスピエール兄弟、サン・ジュスト、アンリオら22人は革命広場でギロチンにより処刑された。翌日には70人のコミューンのメンバーが処刑され、その翌日には12人が同じ罪状で処刑された。

なお、ジャン=バティスト・カリエやフーキエ=タンヴィルらジャコバン派の生き残りはその後同年から翌年にかけて逮捕・処刑された。

7月28日に処刑された人物[編集]

  • アドリアン=ニコラ・ゴボー:26歳。元代理検事。在野活動家。パリ・コミューン委員。
  • アントワーヌ・ジャンシ:23歳。桶屋。在野活動家。パリ・コミューン委員。
  • アントワーヌ・シモン(en):58歳。ドーファン看守。パリ自治委員。
  • エティエンヌ=ニコラ・ゲラン:52歳。年金生活者(ランテイエ)。在野活動家(モン=ブラン・セクション 委員)。
  • オーギュスタン・ロベスピエール(小ロベスピエール)
  • クリストフ・コシュフェ:60歳。室内装飾商人。パリ自治委員。
  • クロード=フランソワ・ド・パイヤン(en):28歳。パリ市第一助役。
  • ジャック=ルイ・フレデリク・ウアルメ:29歳。元ワイン商人。パリ自治委員。
  • シャルル=ジャック・ブーゴン:57歳。元切手販売店給士。パリ自治委員。
  • ジャン=エティエンヌ・フォレスティエ:47歳。製錬業者。パリ自治委員。
  • ジャン=クロード・ベルナール:34歳。元司祭。在野活動家。パリ・コミューン委員。
  • ジャン=バティスト・ド・ラヴァレット(en):40歳。元北方軍准将。国民衛兵隊副司令官(大隊長)。
  • ジャン=バティスト・フルーリオ=レスコー(en):33歳。ブリュッセル出身。パリ市長。
  • ジャン=ベルナール・ダザール:36歳。理髪屋。在野活動家。パリ・コミューン委員。
  • ジャン=マリ・ケネ:木材商、パリ自治委員。
  • ジョルジュ・クートン
  • ドニ=エティエンヌ・ローラン:32歳。パリ市庁職員。在野活動家(マラー・セクション 委員)。
  • ニコラ=ジョゼフ・ヴィヴィエ:50歳。弁護士。パリ県刑事裁判所判事判事。ジャコバン・クラブ代表。
  • フランソワ・アンリオ(en):32歳。国民衛兵隊司令官。
  • マクシミリアン・ロベスピエール
  • ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト
  • ルネ=フランソワ・デュマ(fr):40歳。革命裁判所所長。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]