ケネス・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ケネス・マッケンジー・クラーク: Kenneth McKenzie Clark, Baron Clark OM CH KCB FBA1903年7月13日-1983年5月21日)は、英国の美術史家。一代貴族のクラーク男爵メリット勲章勲爵士(OM)、コンパニオンズ・オブ・オナー勲章勲爵士(CH)、バス勲章ナイト・コマンダー勲爵士(KCB)、イギリス学士院フェロー(FBA)。

経歴[編集]

ロンドン生まれ。オックスフォード大学トリニティ・カレッジで美術史を学び、1931-33年アシュモリアン博物館の美術部門の部長、1933年、30歳でナショナル・ギャラリーの館長となり、1946年オックスフォード大学の教授となる。1950年退任、54年に独立テレビジョン公社の会長に就任。レオナルド・ダ・ヴィンチの研究が専門だが、美術に関するテレビを通しての啓蒙活動でも知られ、多くの著書がある。日本でも多数訳されている。1969年、一代貴族の「カウンティ・オヴ・ケントにおけるソルトウッドのクラーク男爵(Baron Clark of Saltwood in the County of Kent)」に叙され、貴族院議員となる。

主著である『ザ・ヌード』では、西洋美術史における裸体表現を「naked(はだか)」と「nude(裸体像)」という区別を通して、理想的形態についての見解を示している。

著書(日本語訳)[編集]

  • 『風景画論』 佐々木英也訳 岩崎美術社 1967年(美術名著選書)、新装版1998年。ちくま学芸文庫 2007年
  • 『ザ・ヌード 裸体芸術論 理想的形態の研究』 高階秀爾・佐々木英也共訳 美術出版社 1971年、新装版1988年。ちくま学芸文庫 2004年
  • 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術家としての彼の発展の物語』 加茂儀一法政大学出版局 1974年(叢書ウニベルシタス)
    • 『- 第2版 芸術家としての発展の物語』 丸山修吉・大河内賢治訳 法政大学出版局 1981年、新装版2013年 同上
  • 『芸術と文明』 河野徹訳 法政大学出版局 1975年、新装版2003年 同上
  • 『絵画の見かた』 高階秀爾訳 白水社 1977年。白水Uブックス 2003年
  • 『芸術の森のなかで ケネス・クラーク自伝』 川西進訳 平凡社 1978年
  • 『ボッティチェルリ『神曲』素描 ベルリン美術館ヴァティカン美術館所蔵の原画による』 鈴木杜幾子平川祐弘講談社 1979年
  • 『視覚の瞬間』 北条文緒訳 法政大学出版局 1984年(叢書ウニベルシタス)
  • 『名画とは何か』 富士川義之訳 白水社〈アートコレクション〉1985年。ちくま学芸文庫 2015年
  • 『ヒューマニズムの芸術 初期イタリア・ルネサンスの巨匠たち』 岡田温司訳 白水社 1987年、新装版2009年
  • 『フェミニン・ビューティ 芸術における女性美』 高階秀爾訳 メルヘン社 1987年
  • 『レンブラント』 井田卓訳 木魂社 1988年
  • 『ロマン主義の反逆 ダヴィッドからロダンまで13人の芸術家』 高階秀爾訳 小学館 1988年
  • 『ベスト・オブ・ビアズリー』 河村錠一郎訳 白水社 1992年。画集解説
  • 『レンブラントとイタリア・ルネサンス』 尾崎彰宏・芳野明訳 法政大学出版局 1992年、新装版2015年 同上
  • 『ロンドンナショナルギャラリーの名画から 比べて見る100のディテイル』 高橋裕子訳 ほるぷ総連合・ほるぷ教育開発研究所 1995年。画集解説
  • 『レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集 英国王室ウィンザー城所蔵』 細井雄介ほか訳 朝倉書店 1997年
  • 『ゴシック・リヴァイヴァル』 近藤存志訳 白水社 2005年

参考[編集]

  • 『岩波=ケンブリッジ世界人名辞典』岩波書店

外部リンク[編集]