尾崎彰宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾崎 彰宏(おざき あきひろ、1955年9月17日 - )は、日本の美術史学者、東北大学教授。専門はネーデルラント美術を中心とした西洋美術史。

来歴[編集]

福井市生まれ。東北大学文学部美術史学科卒。1983年同大学院文学研究科博士課程後期退学、東北大助手、弘前大学教養部講師、助教授、人文学部教授、2000年東北大学大学院文学研究科教授。

著書[編集]

  • レンブラント工房 絵画市場を翔けた画家』講談社選書メチエ 1995
  • 『レンブラントのコレクション 自己成型への挑戦』三元社 2004
  • 『西洋絵画の巨匠 フェルメール』小学館 2006
  • 『レンブラント、フェルメールの時代の女性たち 女性像から読み解くオランダ風俗画の魅力』小学館 2008
  • ゴッホが挑んだ「魂の描き方」 レンブラントを超えて』小学館101ビジュアル新書 2013
共編
監修
  • 『レンブラント』(新潮美術ROM)新潮社 , ボイジャー, 1997
  • 『フェルメールと風俗画の巨匠たち』小学館 2015
  • 『ネーデルラント美術の魅力:ヤン・ファン・エイクからフェルメールへ』ありな書房 2015 監修・解説・プロローグ・エピローグ・第5章を担当。
  • 『ネーデルラント美術の光輝:ロベール・カンパンから、レンブラント、そしてヘリット・ダウへ』ありな書房 2017年
  • Christoper Craig, Enrico Fongaro and Akihiro Ozaki (eds.), How to Learn?: Nippon/Japan as Object, Nippon/Japan as Method, Mimesis, 2017.

翻訳[編集]

  • ステファン・ファン・ラーイ編『模倣と霊感 : オランダ美術にあたえた日本の影響』D'Arts 1989
  • レイモンド・クリバンスキー、F・ザクスル、パノフスキー『土星とメランコリー』榎本武文ほかと共訳 晶文社 1991 
  • エリック・ラルセン『風景画家レンブラント 新しいヴィジョン』大谷尚文共訳 法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 1992
  • ケネス・クラーク『レンブラントとイタリア・ルネサンス』芳野明共訳 法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 1992、新装版2015
  • マイケル・J.パーソンズ『絵画の見方 美的経験の認知発達』加藤雅之共訳 法政大学出版局 1996、新装版2015
  • ジョセフ・ヒリス・ミラー『イラストレーション』加藤雅之共訳 法政大学出版局 1996
  • ポール・バロルスキー『庭園の牧神 ミケランジェロとイタリア・ルネサンスの詩的起源』法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 2001
  • アーウィン・パノフスキー 『パンドラの匣 変貌する一神話的象徴をめぐって』阿部成樹、菅野晶共訳 法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 2001。ドーラ夫人との共著

参考[編集]