高橋裕子 (美術史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 裕子(たかはし ひろこ、1949年6月29日[1]- )は、日本の西洋美術研究者、学習院大学教授。専攻は英国美術史。

来歴[編集]

東京都生まれ。1972年上智大学文学部史学科卒業。1981年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。千葉工業大学教授を経て、1998年より学習院大学文学部教授。1999年、『イギリス美術』でサントリー学芸賞受賞。

著書[編集]

  • 『世紀末の赤毛連盟 象徴としての髪』岩波書店 1996
  • 『イギリス美術』岩波新書 1998
  • 『西洋美術のことば案内』小学館 2008
  • 『西洋絵画の歴史 2 バロック・ロココの革新』小学館101ビジュアル新書 2016

共編著[編集]

  • ロココの魅力 感覚のよろこびと美へのたわむれ』大野芳材 同朋舎出版(グレート・アーティスト別冊)1991
  • 『ヴィクトリア朝万華鏡』高橋達史共著 新潮社 1993

翻訳[編集]

  • スーザン・ウッドフォード『ケンブリッジ西洋美術の流れ 8 絵画の見方』岩波書店 1989
  • ウジェーヌ・フロマンタン『オランダ・ベルギー絵画紀行 昔日の巨匠たち』岩波文庫(上下) 1992
  • ケネス・クラーク『ロンドンナショナルギャラリーの名画から 比べて見る100のディテイル』ほるぷ総連合・ほるぷ教育開発研究所 1995
  • エリカ・ラングミュア『ナショナル・ギャラリー・ガイド ロンドン国立美術館への招待』同朋舎出版 1996
  • コリン・セント・ジョン・ウィルソン『新・大英図書館設計から完成まで』山根佳奈共訳 ミュージアム図書 1999
  • クリスティン・ローゼ・ベルキン『リュベンス』岩波世界の美術 2003 
  • エリカ・ラングミュア『静物画』八坂書房 2004
  • エリカ・ラングミュア『ナショナル・ギャラリー・コンパニオン・ガイド』ミュージアム図書 2004
  • エリザベス・ジェイムズ『図説『チャールズ・ディケンズ』』ミュージアム図書(発売) c2006
  • エリカ・ラングミュア『「子供」の図像学』東洋書林 2008 

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』