ペーレウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テティスとペーレウス

ペーレウス古希: Πηλεύς, Pēleus)は、ギリシア神話の英雄である。海の女神テティスの夫で、アキレウスの父である。

アイギーナ島の王アイアコスの子で、大アイアースの父テラモーンの兄弟に当たる。アルゴナウタイの一人でもある。日本語では長母音を省略してペレウスとも表記する。

放浪と亡命[編集]

彼は、義兄ポーコスをテラモーンと共に殺そうと意図した。テラモーンの投げた円盤によってボーコスは死に、そのため二人はアイギーナ島より追放された。ペーレウスはプティーアに遁れ、その地でアクトールの子エウリュティオーンによって罪を潔められた。

イオールコスでの事件[編集]

ペーレウスはエウリュティオーンと共にカリュドーンの猪狩りに参加した。しかし猪めがけて投げた槍がエウリュテイオーンにあたり、殺人の罪を犯す。ペーレウスはプティーアより遁れ、テッサリアの王都イオールコスに亡命する。その地で、ペリアース王の王子アカストスによって殺人の罪を潔められる。アカストスの妻アステュダメイアが彼に恋をしたが、ペーレウスはこれを拒絶した。

これを恨みとしたアステュダメイアは、ペーレウスの妻アンティゴネーに夫がアカストスの娘ステロペーと結婚しようとしているとの虚報を送り、アンティゴネーはこれを信じて縊れて自死した。アステュダメイアは更に、アカストスに訴えて、ペーレウスが自分に言い寄ったと虚偽を伝えた。アカストスは自分が潔めた男を殺すことをよしとせず、狩りの名目でペーリオン山にペーレウスを連れ出し、彼を辱めようとした。

一人山中に残されたペーレウスはケンタウロス族に襲われるが、ケイローンが彼を救った。後に彼はアルゴナウタイの一人として、イアーソーンディオスクーロイと共に、イオールコスを破壊し、アステュダメイアの四肢を引き裂いて殺し復讐する[1]

テティス女神との結婚[編集]

ペーレウスは海の女神テティスと婚姻を結ぶこととなる。ケイローンの助言に従って、自在に変身するテティスを捉えることに成功したためである。二人はペーリオン山中で婚姻の儀式を開く。

婚姻の宴会と不和[編集]

二人の結婚を神々もニュンペーたちも祝い、神々は様々な婚姻の祝いをペーレウスに贈った。婚姻の宴会にはすべての神々が招かれたが、ただ一人、不和の女神エリスのみは招かれなかった。争いの女神エリスは怒り、宴席に「最も美しい女神へ」と書かれた黄金の林檎を投げ込んだ。

この林檎をめぐって、ヘーラーアテーナーアプロディーテーの三女神のあいだで争いが起こり、誰が林檎をおのがものとするかの判定役を、神々はイーリオスの王子パリスに任した。パリスの審判によって、アプロディーテーが選ばれるが、ここより「不和」が人間と神々のなかに起こり、美女ヘレネーをめぐって、トロイア戦争の勃発へとつながる[2]

アキレウスの誕生とテティスとの別れ[編集]

テティスとペーレウスのあいだには、男子が生まれる。アキレウスと名付けられたこの子を、不死の身にしようと、テティスは夜になると赤子のアキレウスを火に当て、死すべき人間の部分を焼くことを試みた[3]。これを見たペーレウスがあいだに入ったため、テティスは我が子を不死にすることを諦め海へと帰って行った。

ペーレウスの死[編集]

アキレウストロイア戦争に遠征しているとき、一説では、老年となったペーレウスは、アカストスの息子アルカンドロスとアルキテレースに襲われ、プティーアを遁れた。孫のネオプトレモスと出会った後、亡命先で彼は死んだともされる[4]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーソーポス
 
メトーペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレース
 
ハルピンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ステロペー
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
サラミース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュクレウス
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
 
 
アイギーナ
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカトオス
 
 
 
スケイローン
 
 
 
 
 
 
 
カリクロー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデーイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイアコス
 
プサマテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
テラモーン
 
ヘーシオネー
 
アンティゴネー
 
ペーレウス
 
テティス
 
 
 
 
 
 
 
ポーコス
 
 
 
メノイティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大アイアース
 
テクメーッサ
 
テウクロス
 
ポリュドーラー
 
アキレウス
 
デーイダメイア
 
 
 
パノペウス
 
クリソス
 
パトロクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュサケース
 
 
 
 
 
メネスティオス
 
アンドロマケー
 
ネオプトレモス
 
ヘルミオネー
 
エペイオス
 
ストロピオス
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』pp.254-255。
  2. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』p.195。
  3. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』p.165。デーメーテール女神が地上を放浪していたとき、ケレオスとその妻メタネイラの息子デーモポーン(別説では、トリプトレモス)に対し、女神は同様に幼子を火にかけて、死すべき部分を燃やして子供を不死にしようとしていた。しかしメタネイラがこれを見つけ遮ったため、女神は幼子を不死にすることを諦めたとの神話がある。テティスとペーレウスのあいだのアキレウスをめぐる話はこれに平行している。
  4. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』pp.254-255。

参考文献[編集]

  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店

関連項目[編集]