キオネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キオネー古希: Χιόνη, Chionē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してキオネとも表記される。同名の人物が複数知られており、それらは、

である。以下に順に説明する。

エウモルポスの母[ソースを編集]

この女性はアテーナイエレクテウスの娘オーレイテュイア北風の神ボレアースの娘で、クレオパトラーゼーテースカライスと兄弟[1]海神ポセイドーンとの間に1子エウモルポスを生んだが、キオネーは生まれた子をに投げ捨てた。エウモルポスはポセイドンに拾われて、エチオピアでポセイドーンの娘ベンテシキューメーに育てられた[2]

ダイダリオーンの娘[ソースを編集]

この女性はダイダリオーンの娘で、双生児アウトリュコスピラムモーンの母とされる[3][4]

オウディウスによると、キオネーは大変な美人で、多くの求婚者が彼女のもとを訪れた。そんなある日、たまたまヘルメースアポローンがキオネーを見てその美しさの虜となった。ヘルメースはさっそくやって来てでキオネーを眠らせて彼女を抱いた。その夜今度はアポローンが老婆に化けてやって来て彼女を抱いた。これによってキオネーは両神の子を宿し、ヘルメースの子アウトリュコスとアポローンの子ピラムモーンを生んだ。

ところがキオネーは自分の美しさに驕って、アルテミスの美しさをけなした。そのためキオネーはアルテミスの矢でを射抜かれて死んだ。父のダイダリオーンは嘆き悲しんで、パルナッソス山の頂から飛び降り、アポローンによってハイタカに変えられた[5]

ヒュギーヌスもほぼ同様の話を伝えているが、キオネーは狩でアルテミスに対して傲慢なことを言ったために射殺されたとしている[4]

系図[ソースを編集]

アイオロス
 
 
 
ヘーオスポロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
ケーユクス
 
ダイダリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルメース
 
 
 
 
 
キオネー
 
 
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウトリュコス
 
 
 
 
ピラムモーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュメーデー
 
アンティクレイア
 
 
 
 
タミュリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イアーソーン
 
オデュッセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[ソースを編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻15・2。
  2. ^ アポロドーロス、3巻15・4。
  3. ^ オウディウス『変身物語』11巻。
  4. ^ a b ヒュギーヌス、200話。
  5. ^ オウディウス『変身物語』11巻301行-345。

参考文献[ソースを編集]